のあ587(のあーる7) アルル サン・トロフィーム教会

ラタトゥイユです。これが前菜、あとは白身魚のソテー、ラズベリーのムース。
b0061261_21101684.jpg
フランスのごはんはどこも美味しかったです。

b0061261_21131611.jpg
せっかくですからワインも。
物価高いのですが(オランジーナ500mlが2.5ユーロ、350円とかする。
近所のスーパーだと83円なのに!?)ワインはそれほどではない。
田舎だとさらに安いです。この小さいカラフが欲しい♡

レストランはLa boheme ラ・ボエーム 『夢』という名です。
b0061261_21194517.jpg
カーブした天井がすてき♪




さて 世界遺産サン・トロフィーム聖堂です。
b0061261_2127160.jpg
アルルはスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラへの巡礼路の要所にあり、このロマネスク教会も巡礼者たちが多く訪れました。
フランスからは4本の街道が聖地をめざして続いており、ピレネーを越えたところで合流します。
アルルから始まる街道はトゥールーズを通りピレネーのソンボール峠を越え、スペインのブエンテ・ラ・レイナに至ります。


b0061261_21372829.jpg
入り口上部のこのかまぼこ型、タンパンといいますが、このみごとな彫刻で有名。


b0061261_21422432.jpg

左右の彫刻もなかなかの見ごたえです。
b0061261_21403175.jpg




そうそう、ここアルルでジプシーにねらわれたんですよ。


andoさんの話によると、エクスの街の近くにジプシーの大きな居留地があるそうです。
近頃のジプシーはこぎれいな格好をしているので、目立たない、気をつけるようにと言われていました。
この日アルルは衣料品のマルシェが開催されていました。

b0061261_21512244.jpg
ここがレピュブリック広場。サン・トロフィーム聖堂や市庁舎があります。


自由時間にこのオベリスクのまわりの日陰に座っていた時、3人連れの女性がそばに来たので 私は日陰に彼女たちが座れるように場所を詰めました。
お礼を言って座った彼女たちがマルシェで買ったらしい 幼児の服をひっくり返してあれこれ言っているのに私もまあ、かわいいとまざっていたのですが…あの時すでにねらわれていたんです。
その時は私がバッグをななめがけしてしっかり抱えていたので手が出せなかったのですね。
そのあと教会の前の人ごみで、背中のあいた青い服の女がKKのバッグに手をかけたのです。
私が注意したので何気ない風で逃げちゃいましたけど。あぶないあぶない。
バッグのジッパーが半開きになっていました。
このあと私たちはアヴィニョンにもどりますが、そこの法王庁でも彼女たちに遭遇します。
あちこち観光地を稼ぎまわっているのね。 \(◎o◎)/!
andoさんにも、同行のみなさんにも注意をしておいたので実害はありませんでしたけど。


さて、いよいよアヴィニョンの橋ですよ~♪

by pleiad-subaru | 2014-07-18 21:51 | 2014 フランス旅行♪