のあ661  早めの忘年旅行・上山♪

まじめな顔で「コアラのマーチ」を作成中の のんです (^^)

b0061261_21424154.jpg

がんばって美味しいのができたかな♪


先週、Hiroriさんとシロリンままの3人で恒例の早めの忘年旅行に行ってきました。
行き先は上山(かみのやま)温泉です。


まあ、寒い日でしっかり着こんで新幹線に乗った私達ですが…
新白河を過ぎた頃から車窓に白いものが…雪だ~ \(◎o◎)/!
雨になったり、みぞれになったり、吹雪いてたり、アラカルトのお天気の中、上山駅に着きました。
まずはコインロッカーに荷物を預けて身軽になり、小雨の中をお散歩。
お城へ行ってみよう♪

b0061261_215037100.jpg

上山城です。
大きな声では言えないけどたいしたことないので中はパス。

街なかには何か所も足湯が。

b0061261_221681.jpg

何しろ寒くて足湯に入る気もしませんでしたが(^_^;)

武家屋敷のあたりをぶらつきます。
4軒残っているうちの1軒を、市が「寺小屋」として使っているんですって。
放課後ルームのようなものかな。
歴史的な建物で過ごせる子供たちはしあわせですね。
駅に戻って今夜の宿葉山館に迎えに来てもらいました。


部屋に落ち着き、温泉につかったあとはHiroriさんにタロット占いをお願いします。
なにせこのために旅行の日程を満月に合わせているんですから。

b0061261_2271548.jpg
私の来年の運勢のカードです。
え?上の真ん中はデビルのカード?動けないの?
4,5,6,7月くらいが 忙しくて動けないそうです。
1月は余裕、10月は楽しい誕生日をむかえられるそうな。
努力は必要ですが、まずまずの運勢かな。


晩御飯には山形名物「芋煮」を含むお料理の数々をいただきました。
グラスワインもサービスでニコニコ(^^)


翌日は米沢で途中下車。
上杉神社と…
b0061261_22184749.jpg



造り酒屋さんを観光。
b0061261_22205729.jpg



米沢駅前で遅めのお昼ご飯。米沢牛の「べこや御膳」です。
b0061261_22233838.jpg
堪能いたしました(^^)

7時前には帰宅しました。ひさしぶりの温泉、よかったな~♪

by pleiad-subaru | 2015-11-30 22:26 | おでかけおでかけ♪ | Comments(2)

のあ660 大人の食育、天然酵母のパン♩

そぼ降る小雨の中、しばらくぶりに大人の食育に行って来ました。
前回6月に行く予定だったのがkkの入院、手術で行けなかったのです。
本日のタイトルは「パンについて知ろう、焼きたてのパンを味わおう」
天然酵母について パンやさんの「Fumiki」さんにいろいろ教わります。

本日の参加者数20名、毎回定員割れだった食育ですが 今回は大人気、抽選が行われたそうです。
男性はkkを含めて3名、ひとり参加の猛者も。

天然酵母の菌はどこにでもいるそうで、空中にも冷蔵庫の中にも。
レーズンとリンゴや、庭のミントを瓶に半分くらい入れて水を足し、しばらくおくと発酵して それを粉と練ってパンを焼きます。

今回は先生が前もって一次発酵まですませてきてくれたパン種を使い、レーズンパン、豆乳クリームのロールパン、ピザを作ります。
ピザは二次発酵なしですぐ焼けるので、まずあとの二つを成型。休ませているうちにピザの台に具を載せて石窯に。
会場になっている"しんのみくうかん"には、ステキな石窯があるのです(^ ^)

b0061261_18341918.jpeg
焼きあがったピザ。
具はネギ、玉ねぎ、舞茸、ミニトマト、ゴボウ。
ゴボウが殊の外美味。

ピザも混ぜて本日のランチ。
b0061261_18364365.jpeg
カブのポタージュ、キノコのアヒージョ、サラダ、紫大根とキュウリのピクルス。
先生が焼いてきてくださった胚芽パンと、レーズン、ブルーベリーなどが入ったパン、コーヒー。
ここのお料理は毎回とても美味しいです。
新鮮な野菜を沢山使っているせいもあります。


午後は二次発酵のすんだパンを焼きました。

b0061261_18414884.jpeg
レーズンパンはハサミを入れてツノを立て、豆乳クリームロールはを塗ってアーモンドを砕いたものを散らしてあります。

この後は終わりの会をしながらおやつ♩
b0061261_19001956.jpeg
コーヒーとサツマイモのプリン。
プリンには紅玉のカラメルソースがかかっています。
美味しかったですよ〜(^ ^)

次回の食育は来年1月、お味噌の仕込みと飾り炭焼きです。
楽しみです。



by pleiad-subaru | 2015-11-20 18:12 | Comments(0)

のあ659 瀬戸内美術館めぐり♪

じゃ~ん!! 赤い水玉かぼちゃ\(◎o◎)/! (と、それに歩み寄るKakkoちゃん)
b0061261_2341624.jpg
ここがどこかというと、瀬戸内海に浮かぶ直島です。
これは草間弥生の作品。この島にはもうひとつ黄色いカボチャもあるんですよ。



先週5日から妹と二泊三日の旅に行ってきました。
そのタイトルも「約6時間滞在 直島、約3時間滞在 大塚国際美術館 芸術のせとうち 6つの美術館めぐり3日間」…長い、長すぎる (^_^;)


5日羽田から飛び立ったJAL233便は12:20に岡山空港に到着。
一行は29人、添乗員はT田君というまだ若いお兄さん、大丈夫??と最初は思っていたのですが実は彼、細やかに気がまわるなかなかの実力添乗員だったのです。(それがわかるのはしばらくたってから…)
バスに乗り換えて倉敷へ。
チェックインには時間があるということでホテルに荷物を預け、そのまま徒歩で大原美術館へ。

b0061261_2319532.jpg

門のツタが枯れちゃってて残念。倉敷美観地区にあるここが大原美術館です。
奇しくもこの11月5日は80年前にこの美術館が創立した日でした。
ここはエル・グレコの「受胎告知」が有名。
モネの「睡蓮」ピカソの「鳥籠」ゴーギャンの「かぐわしき大地」モディリアニの「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」等々。
そう、残念ながら美術館内部は撮影禁止です。

b0061261_23274720.jpg

美術館の中の日本庭園「新渓園」 モミジがきれい。
解散したあとはKakkoちゃんと二人で本館、別館、工芸館・東洋館、児島虎次郎記念館と見て回り、
まだ時間があったので倉敷美観地区をぶらぶら。
マスキングテープだけのお店があったり、きび団子の本家、猫モノのお店などひやかして回りました。

2日目フェリーで海を渡り、冒頭の写真の直島へ。
b0061261_0205226.jpg
フェリーもカボチャっぽいです (^_^;)


まずは安藤忠雄設計の地に埋もれた不思議な建物「地中美術館」(ここも撮影は禁止です)
モネ(言わずと知れた「睡蓮」を5点)、ウォルター・デ・マリア(金箔の柱と黒く大きな球体を置いた空間)
ジェームズ・タレル(光そのものがアート!?)3名の作品のみを恒久設置という贅沢なつくりです。
…現代美術はようわからん (^_^;)


そのあとは「家プロジェクト」のエリアへ移動。
これは島の本村地区にある空き家を改造して「空間そのものを作品化」したものだそうです。
6軒あるのでスタンプラリーよろしく歩いて見学します。


これはそのひとつ「はいしゃ」
b0061261_23534316.jpg
大竹伸朗の作品。
かつて歯科医院だった建物に廃船部品や鉄塔などいろいろなものをとりつけてあります。
2階の床を抜いて自由の女神を置いたり????
う~ん、現代美術はさっぱりわからん (^_^;)

「南寺(みなみでら)」というのが印象的でした。
これもタレルの作品なのですが、ちょっとぎょっとした。
ネタバレになるので詳しくは言えませんが目を開いていても何も見えない、開いてるのか閉じているのかわからないほどの真の闇というものに触れた初めての経験でした。


この後、ベネッセハウス ミュージアムへ。
ここへ泊まるツアーもありましたが…超お高いの!?
流木で作られた大きな円(リチャード・ロング 瀬戸内海の流木の円)とか、1/4の円形にずらりと並べられたバンザイ ウルトラマンが2枚の鏡によって円に見えるの(柳幸紀・バンザイコーナー)とか、「ちゃるちゃるちゃる…」としゃべり続ける人造人間3体(ジョナサン・ボロフスキー 3人のおしゃべりする人)とか…
あああああ、現代美術はまったくわからん (-"-)


最終日は瀬戸大橋を渡って坂出にある東山魁夷せとう地美術館へ。
ああ、やっと私にも理解できるアートだわ。
展示物が模様替えをした初日ということでした。
「唐招提寺障壁画/日本の山と海を想う」「鑑真和上に捧げる風景/中国の山水」唐招提寺御影堂の障壁画のも元画となるリトグラフの数々を鑑賞しました。


美術館の窓から見える瀬戸大橋。
b0061261_023181.jpg



この後は香川県から徳島県の鳴戸へまわって大塚国際美術館へ。
ここは順路だけでも4キロあるという大きな美術館。
世界のあの名画が陶板に焼きつけてぞろっと勢ぞろいしているのです。
モナリザも睡蓮も、夜警も裸のマハも、グランドオダリスクもひまわりも。
陶板なので写真撮影もOKです。でもねえ、撮っていいよと言われると撮る気が失せるのはなぜでしょうね。
まあ、言ってみれば所詮はフェイクですしね。
でも確かになかなか見応えはありましたよ。
システィーナ・ホールなんてミケランジェロのあの天地創造がドワ~ですからね。

b0061261_00262980.jpeg
これで6つの美術館をすべて見終えた私たちは岡山空港発19:55の全日空66便で家路についたのでした。
ちゃんとこの日のうちに家に着きましたよ。飛行機に乗ってる時間より、空港から電車に乗ってる時間の方が長かった (^_^;)

by pleiad-subaru | 2015-11-14 00:21 | おでかけおでかけ♪ | Comments(2)

のあ658 アヴェイロ・コインブラ・10月のまとめ♪

前回の記事は 初めてiPhoneからUpしてみました。

さて、久し振りにポルトガル旅行、ポルトでポートワインの試飲をしたあとランチ。
その後バスが向かったのはアヴェイロ
美しいアズレージョのある駅舎が有名です。
b0061261_21315339.jpg


これはアヴェイロのお菓子、『オヴォス・モーレス』
最中です、最中。中身はあずき餡じゃなくて卵の黄身のあんこですが。
b0061261_2136381.jpg
2週間日持ちするというのでおみやげに買い込みます。
ここは塩田もあり塩も有名。いろいろな味を付けた小袋をまとめたものを買いました。
(これは帰ってからKazuに好評)

モリセイロと呼ばれる船。
本来は大小のラグーンの間を行き来して海草を採るためのものでしたが(海草は肥料に用いる)、今は観光用。
反り返った舳先に絵が描かれています。
b0061261_2141351.jpg




さらにバスで60分、大学の街コインブラです。
コインブラはかつてポルトガル王国最初の首都でした。
ディニス王が116年後にリスボンに遷都するまでのことです。
そのディニス王が1290年に創設したのがこのコインブラ大学。
学生は黒いマントを着用(あのポートワインのサンデマン社のマークが着てました)、彼女にマントの裾を噛み破って貰う風習がいまだに残っているそうです。
裾ぼろぼろマントはモテ男の印!?

b0061261_21561034.jpg
おじさん邪魔ですが…グランドホール。
そうそう、ポルトガルにはファドという歌謡があるのですが、ここコインブラも『コインブラファド』と呼ばれる学生のファドで有名です。
旅行前に予習で見たTVではこのグランドホールの階段でファドを歌っていました。


b0061261_224472.jpg
コインブラ大学図書館。
この建物にはコウモリが住んでおり、本を傷める虫をたべてくれるというので歓迎(?)されています。
閉館時間には落ちてくるコウモリの糞をふせぐために、机は布で覆われるんです。






b0061261_22101035.jpg
サンタ・クララ橋から見上げるコインブラの旧市街。


b0061261_22121044.jpg
モンデーゴ川のほとりのポルタジェン広場。
この近くの店で金平糖を買いました。
日本のものよりトゲトゲが少ないです。日本人って器用だから本家よりずっと発達させちゃったのね。


この日はコインブラに泊まります。



b0061261_221341.jpg
大学は丘の上、眼下に街が広がります。

10月のまとめ

by pleiad-subaru | 2015-11-03 23:20 | 2015 ポルトガル旅行 | Comments(0)