のあ607(のあーる15) シャルトルの青♪


世界遺産シャルトル大聖堂です。
モン・サン・ミッシェルを朝発って、たどり着きました。
b0061261_22353437.jpg

フランス・ゴシックを代表するこのシャルトルのノートルダム大聖堂は、中世の時代から多くの巡礼者を集めてきました。
2本の塔の形が違うでしょ?
左はゴシック様式の新鐘楼、右はロマネスク様式旧鐘楼です。


3つある入り口の「諸王の入り口」の上部のタンパン(かまぼこ型のこの部分に刻まれた彫刻。
b0061261_22474367.jpg


b0061261_22494918.jpg
柱には無理やりひっぱられて縦に伸びちゃったような人物像が有名らしいです。



北のバラ窓。実はこの聖堂はステンドグラスで知られています。
b0061261_22533659.jpg


「エッサイの家系樹」
b0061261_2258513.jpg


「美しき絵ガラスの聖母」。美しいブルーは“シャルトルの青”と呼ばれます。
b0061261_2324015.jpg


見事です。
b0061261_2352295.jpg



これは外壁に作られた日時計。
b0061261_2375694.jpg



このあと、私が左腕を骨折した(!?)ジベルニーのモネの庭にまわります。

by pleiad-subaru | 2014-11-27 23:09 | 2014 フランス旅行♪ | Comments(4)

のあ606 ウフィツィ美術館展とクリスマス ライトアップ☆

近所の公園の遊歩道の紅葉もだいぶ色づいてきました。
b0061261_231014100.jpg



昨日ちょっと用があっておでかけ。おでかけついでにクリスマスツリーをいくつか撮ってきました。


どこへ行ったかというと…→ここ
上野の東京都美術館で行われてるウフィツイ美術館展
ラッキーにもチケットを雑誌「ノジュール」のアンケートでGETしましたので、シロリンままと行ってきました。


この絵はこの展覧会イチオシの、サンドロ・ボッティチェリ作「パラスとケンタウロス」です。
b0061261_23322839.jpg
「黄金のルネッサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで」とうたっており、出展数もかなり多く見ごたえがありました。

そうそう、出口近くにこのパラスとケンタウロスの顔の部分を切りぬいた、あの観光地にある顔はめこみ写真撮影用パネルが設置してあり…すごいこと考えるなぁと半分あきれつつ感心しました。
だあれも利用してなかったけどね。

≪業務連絡≫
シロリンまま、ヒエロニムスは4世紀の聖書学者で聖人でした。
だからキリスト降架図に聖母マリアやマグダラのマリアと並んで登場してるのはおかしいんですけどね。
赤い帽子とライオンは彼のトレードマークで、ライオンは棘をぬいてやったという伝説に、赤い帽子は枢機卿の印にとそれぞれ由来しています。





では クリスマス・ライトアップを御紹介。

b0061261_2312833.jpg
丸ビルのツリー。

のん、アナ雪のツリーよ~。(*^_^*)



これも丸の内のMY PLAZAのクリスマス飾り。
b0061261_23185237.jpg




ラストは銀座MIKIMOTO本店のクリスマスツリー。
b0061261_23195349.jpg
まだ明るいのであまりぱっとしませんが、暗くなったらさぞきれいなことでしょう。
でも人が多くて写真撮れなかったりして(^_^;)
ここのツリーはたくさんの人が毎年楽しみにしていたのですが、店舗の建て替えで今年限りとなっているそうです。
クリスマスシーズンが終わるとこの根つきのツリー、公募で申し込んだ団体(保育園や小学校、幼稚園に限られてるらしいです)に抽選で 運送費植え付けの費用こみでプレゼントされるそうです。
MIKIMOTO太っ腹っ!!

by pleiad-subaru | 2014-11-23 00:00 | おでかけおでかけ♪ | Comments(5)

のあ605 大人の食育・酵母パン作り♪


センダンの実です。
b0061261_21493263.jpg
すっごく成長が早いんですってね。
庭に生えているこの木は5年、隣の木は3年だそうですが見上げるほどの高さです。
しかもこれ、鳥の落とし物から生えたっていうじゃありませんか。楽しい☆



生協主催の「大人の食育」も5回をむかえました。
b0061261_21355296.jpg
ここが会場の多古町の「しんのみくうかん」です。
左にセンダンの木。
実はこのセンターはかつて牛舎だった建物です。
遠くの車の前ににゃんがいますね。



それがこのはなちゃん♪
b0061261_2144973.jpg
しんのみくうかんにはどっちゃりねこがいますが、このコは女王様、人なつこくてすぐににゃあんと寄ってきます。
着いた時は3匹だったねこ、帰りはなんと12、3匹がわらわらと(^^) ああ楽しい♪



本日のテーマは「天然酵母について知ろう」パンも作ります。
本日の講師は「フルーツ酵母パン・ベーグルのチーサ(chiesa)」の米澤千里さん。
鎌ヶ谷?あらお近くじゃないの!?


リンゴや梅などからつくりだしたフルーツ酵母を使って、パンやベーグルなどを週に2回お店で売っているそうです。
出席者15名、あらかじめ用意していただいた一時発酵済みのパン生地を渡され、てんでに成型して行きます。
クルミ入り生地にはあんを、ゴマ入り生地にはサツマイモの角切りを、白生地のひとつにはレーズンを、もうひとつにはチーズの角切りをそれぞれ巻いたり包んだりしてまとめました。
網の上にオーブンシートを敷いたパンを並べ、お湯入りの湯呑をのせてビニール袋で包みます。
この日はとてもいい天気だったので、日光の恩恵を受けるべく 窓辺に持って行って並べ、発酵を待ちます。
発酵後は石がまで焼いてできあがりですが、その前にランチ♪


ここの「農家レストラン」で作って下さるお食事は野菜たっぷりでいつもとても美味しい(^^)
これが楽しみで奥さんの運転手をつとめる御主人もいます。あれ、ウチもそうかも??
b0061261_2215814.jpg
キノコのアヒージョ(オリーブオイル煮)、ニンジンと干しイチジクの和えもの、昨日漬けたという胡瓜のピクルスはちょうどアヒージョの小鉢の陰に隠れちゃってます。
サラダにはゆでたカブ、レンコン、レタス、グリーンリーフ、ニンジン、パブリカ、ミニトマト、そして四つ割ブドウ(シャインマスカット)まで。
ポテトサラダに見えるのは実はサトイモのサラダ、カリフラワーのみじん切りを炒めたものが入っています。
トッピングにはゴボウの細切りを揚げたもの。
根菜たっぷりのミネストローネに、chiesaの塩バターロール、お紅茶。
他にも食パンやベーグルなど小さく切ったものを4種類もいただきました。
パンもおかずも美味しかったです。


これが私の作ったパンです。美味しそうでしょ?
本日のおみやげ。
b0061261_22274957.jpg
手前にあるのはおやつのサツマイモプリン、リンゴのカラメルがかかっています。
パンの上の粉って何だと思います?これって上新粉なんですって。
あるとないではプロっぽさが大違いですよね。


今年の食育はこの日でおしまい。
あとは来年1月に味噌の仕込みがありますが、その日はスタレビのライブとカチあってしまったので残念ながら来られない…
KKも参加をけっこう楽しみにしていました。
来年も参加しようかな…と考え中です。

by pleiad-subaru | 2014-11-20 22:33 | おでかけおでかけ♪ | Comments(2)

のあ604 のんびり小町・天童♪

妹のKakkoちゃんとのんびり小町で山形県天童に行ってまいりました。
b0061261_21341465.jpg
しっかり紅葉♪


東京駅10:00ちょうどのつばさ133号に乗り込みます。
お弁当買ってきましたよ♪
b0061261_21364153.jpg
東京駅はこの12月で100周年です。お弁当もビールも100周年記念バージョン(^^)


中はこんな。
b0061261_21382743.jpg
手前の「東京駅」は白いんげんの羊羹です。甘い~!!



お宿は「桜桃の花 湯房いちらく」


いいお部屋でした。
b0061261_21472393.jpg

お部屋の露天風呂も源泉かけ流し☆
b0061261_21485094.jpg

窓の外のデッキにモミジが散り敷いていました。
b0061261_2150062.jpg



大浴場で温泉を楽しんだ後、生まれて初めておエステなんぞを…
フェイスとデコルテのリンパマッサージを受けてきました。
リンパが滞っているところは押すと痛いのですって。
痛いけど…痛いけど気持ちいいっ!!
温泉効果もあるのでしょうけど、翌日のお化粧のノリのいいことったら。
こころもち小顔になったような(あくまで気分ではありますが…)


6時から晩御飯。お食事どころ行くのかと思ったらお部屋でした。
部屋の中にダイニングテーブルがあり、そこへ用意してくれるのです。

前菜:菊の酢の物、山クラゲ、イチジクと海老の寄せ豆腐、カボチャの寄せ物、アケビとキノコ、鯉の煮物等々…
このホテルにはブルワリーが付属していてビールを製造しています。
さくらんぼビールがついてきました♪
奥にあるのはミートローフ。
b0061261_21564058.jpg


お造りと「つったい鶏そば」。“つったい”は山形弁で“冷たい”だそうです。
b0061261_222730.jpg


まあるいピンクの入れものは茶碗蒸し、後ろはしゃぶしゃぶのお肉です。
豚と牛肉に大根水菜などをくるっと巻いてあります。このまましゃぶしゃぶ。
3つ並んでるグラスは冷酒3種、AB合わせて6種あるというのでKakkoちゃんと1セットずつ。
b0061261_226566.jpg



一人分ずつ釜飯のお釜で炊いた五穀ご飯に山形名物芋煮。
美味しいのですがココまで来てるとお腹いっぱい。なくなく芋煮を半分残します。
b0061261_2291920.jpg



デザートまでしっかりと(^_^;)
b0061261_22103224.jpg



のんびり小町についてるサービスということで、本来なら50分2000円かかる貸し切り露天風呂に入れるそうなので 
檜風呂をお願いしました。極楽極楽。
寝る前にもお部屋の露天風呂へどぼん。
翌日帰るまでに結局5回も温泉に入りました。


温泉自体が目的だったのであらたまっての天童見物はしなかったのですが、
ちょっと余った時間で街並みをぷらぷら。
ご存知のとおりここは将棋の駒で有名ですが、現在は後継者不足と将棋そのものの人気の陰りとで、
町はさびれつつあるそうです。
それでも人間が駒になる将棋を公園で行ったり、駅前の通りを使って「百人指し」をしたりするそうです。
100人をプロの棋士が一人で相手するんですって。
わ~、大変ですね、と私が言うと、「いやいや、あっという間に終わっちゃうんですよ」と駅まで送ってくれた宿の運転手さん。
「3手くらい先を見てるからね」う~ん、すごいなぁ。

歩道にはタイルで詰め将棋の棋譜があちこちに設置されていました。
b0061261_22262039.jpg




もうひとつ歩道で見つけたもの。
b0061261_2227534.jpg

マンホールのふた、いかにもですね(^^)
13:53のつばさ144号で帰ってきました。
楽しかったね、また行こうね、Kakkoちゃん♪

by pleiad-subaru | 2014-11-18 21:39 | おでかけおでかけ♪ | Comments(2)

のあ603 (のあーる14) モン・サン・ミッシェル♪

さて あらためてモン・サン・ミッシェルです。英語だとセイント・マイケルね。大天使ミカエルのことです。
「笑うミカエル」なんちって♪

b0061261_20292572.jpg

8世紀の初め、アヴランシュの司教だった聖オベールは夢の中で大天使ミカエルのお告げを聞きました。
「この地に修道院を建てよ」と。
なんだ夢かとほっておいた彼は、3度目にごちーんと頭をミカエル様にやられたらしいです。
あわてて建設にとりかかったんだとか。
海に浮かぶ岩山に難工事の末建てられた修道院は聖地となり、多くの巡礼者がここを訪れたそうです。
百年戦争中はイギリス海峡に浮かぶ要塞となりました。
フランス革命の時破壊と略奪にあい、修道会は解散。
その後長く牢獄として使われ、19世紀に入り中世芸術を再評価する動きとともに修復が始まりました。
1986年には修道士たちも戻ってきました。



これは修道院の塔のてっぺんに掲げられている 黄金の聖ミカエルの像。
1987年、彫刻家エマニュエル・フレミエによって作られました。

b0061261_2045328.jpg



モン・サン・ミッシェルはノルマンディー、サン・マロ湾に浮かぶ周囲900m、高さ80mの小島…というより、岩山です。
陸地からバスの通る1本の途が伸びていますが、この道が人工堤防になって潮の満ち引きの邪魔をしたので湾内砂が堆積し、昔とはだいぶ景色が変わってしまいました。
そこで2006年から再生プロジェクトが始まり、ちょうど今年、私たちが帰ったあと、新しい新堤防道路が完成しました。
この通路の下は海水が自由に循環できるので、やがて水に囲まれてそびえる本来の姿を取り戻すことと思います。



島に入ると一本道、グランド・クリュをたどります。
狭い道の両側はホテル、レストラン、おみやげやさんがぎっしりと立ち並んでいます。

b0061261_21461066.jpg


一本道はやがて修道院にたどり着きます。
これはその入り口の大階段。

b0061261_21475639.jpg




なにしろ島全体が岩山なので、ところどころにこうやって岩の一部が飛び出しているのです。

b0061261_21511593.jpg




上から見下ろした堤防道路。
Sの字にカーブしているのがこの時使われていた道路、途中まで直線で来ているのが新しい道路(っていうか、橋)です。
7月の22日に開通しました。

b0061261_21564822.jpg




修道院は3重構造になっています。
水平移動は得意だけど病気以来垂直移動が苦手になった私、石の階段が恐怖だったのですが、
エズやマルセイユに比べたらどうってことありませんでしたよ(^^)
ここは西のテラス、眼下に海が開けています。

b0061261_2205382.jpg





修道院付属教会です。
標高80mの岩山の頂上に建っています。
11世紀の成立、内陣は15世紀にフランボワイヤン・ゴシック様式(なんのこっちゃ??)で再建されています。

b0061261_224885.jpg





北面の三階建て二層からなる部分は、その美しさから「ラ・メルヴェイユ(驚異)」と呼ばれています。
その最上階の回廊。修道士たちの祈りと瞑想の場です。

b0061261_228585.jpg





「騎士の間」修道士たちの執務室として使われていました。
数多くの柱が上階を支えています。

b0061261_22112554.jpg




納骨堂にある「大車輪」
修道院が牢獄だった時に、食物をこれで上階にあげていました。

b0061261_2213589.jpg





見渡す限りの砂原です。これが全部海になる。
ここを歩くツアーがあります。
ガイド付きで最短3時間、ここモン・サン・ミッシェルの潮の満ち引きは“馬の足並み”といわれるほど速く、
気が付いた時は水に巻かれて、命を落とした巡礼は数知れなかったそうです。
その為に鉄道ダイヤみたいに、日付による干満の時間表があったとか。今もあるのかしら??
その表のページをすり替えて、溺れ死にさせようとするトリックのミステリを 昔読んだ覚えがあります。

b0061261_22203914.jpg




このあと解散、自由時間になったので城壁をぐるっとまわって降りました。



この日の晩御飯、モン・サン・ミッシェル名物「オムレツ」

b0061261_22241520.jpg

プラールおばさんが考案したというこのオムレツ、泡立て卵を焼いた皮みたいなもの、中はふわふわというか泡ばかりというか…まあね、名物にうまいものなしといいますからね(^_^;)



この日はモン・サン・ミッシェル近くのホテルでした。
夜の10時から夜景を撮りにでたのですが、なかなか暗くならなくて帰りが12時過ぎたのは前々回にUpした通りです。



朝散歩にでたら、物凄い勢いで川の方まで潮が満ちてくるところでした。
ごうごうと音を立てて。

b0061261_22313688.jpg

この勢いで潮に追ってこられたら恐怖だわ。



青空に雲が浮かんでいました(^^)
b0061261_22341632.jpg

by pleiad-subaru | 2014-11-13 20:27 | 2014 フランス旅行♪ | Comments(2)

のあ602 10年ひと昔♪

…なんかなんか、かわいい。涙がでちゃいそうなくらい…って、もろババばかですねえ(^_^;)

b0061261_20595619.jpg

のんの頭が不思議なのは、自転車に乗っていたためヘルメットをかぶっているのです。
フルーツ模様のかわいいヘルメット♡


b0061261_21184198.jpg

こんなこんな。まあ、かんまんてばいっちょまえなかっこしちゃって(^^)





****************************************************




何が十年ひと昔かと言いますとね。
手術をしてちょうど6日で2年、と前回書きましたが 実はもうひとつ。
今日11月8日でこのブログをはじめて、ちょうど10年なんです。長っ!?


もともとはパート勤務していた会社を辞める時、会えなくなってもお友達とつながっていたいと思って始めたのでした。
もともとの知り合いだけでなく、ブログを通してたくさんのお友達ができました。
全国に散った(とは言え関東以北、それと四国は別ですが)ブロ友さんは私にとっては今でも大事な宝物です。


10年の間にいろいろなことがありました。
娘 のあままの結婚、そしてのんが生まれて かんまんが生まれて(^^)
私の兄が亡くなって、息子のKazuが交通事故にあって膝を粉砕骨折したり、角膜移植したり。
私が座骨神経痛で動けなくなったり、子宮体がんになったり。
そのたびにみなさまにずいぶん励ましていただきました。
私にとってはとてもありがたいことでした。いくらお礼を言っても足りません。
ちょっとよくなると、あちこちすっ飛んで歩いてる私ですが…


月に23編もUpしてた頃もありましたっけ。
今は週に一度がせいぜいになってしまいましたが。
夜にSireneさんやJunさんとお食事して帰った後、その晩のうちにお互い記事をUpし合ったこと、
京都で黒猫オフ会したこと、懐かしいです。


正直負担に思ったりすることもないではないのですが…ま、続けられる所までぼちぼちやっていくつもりです。
次の10年?? はたしてどうなりますことか(^_^;)
変わらずお付き合いいただければ幸いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



そうそう、蛇足ではありますが、→ → → ↓ ↓ ↓右の欄外ずうっと下に送っていきますと「カテゴリ」があります。
そこで「にゃごの話」「子宮体がん」「2014年 フランス旅行♪」「2013年 南米旅行♪」等の項目をクリックしますと、
ソレ関連の記事だけ どざっとまとめて出てまいります。
自分でもたまに闘病記事など読み返し、ああ、あの頃はつらかったな~、今は幸せ♪…などと思いふけったりしております。
ご参考まで。

by pleiad-subaru | 2014-11-08 21:03 | いろいろ☆ | Comments(6)

のあ601 10月のまとめ♪

ベランダから見た景色です。モミジバフウが赤く染まっていますが…
この木は気が早いらしく他の仲間よりいつも早く色づくのです。
ほんとはもっときれいなんだけどな。写真になるといまいち、いまに、いまさんです(^_^;)
b0061261_2010179.jpg




これは昨日の文化の日に入間の航空祭にでかけた男性軍のおみやげ。
クリスピークリームドーナツのクリスマスバージョン♪
b0061261_2093674.jpg
私は雪だるまさんとその横のクリスマスリース(?)をいただきました。
リースは抹茶味、雪だるまはチョコレート内蔵☆



****************************************************



では例によっておそまきながら10月のまとめを。
どっちゃり撮ってきたモンサンミッシェルの写真をはさみながら。

≪10月のまとめ≫

   ≪10月ののんかず≫
       かんまんは先月から入院中、退院できたのは結局う10日でした。
       のんは4日運動会でした。


夕暮れのモンサンミッシェル。
b0061261_20255359.jpg



   ≪10月の病院≫
     25日  セコメディック病院循環器科 いつもの診察、投薬



すこ~し暗くなってきました。(ちなみにこの時、夜10時過ぎ。おそるべしヨーロッパの夏時間!)
b0061261_202689.jpg



   ≪10月のおでかけ≫
     10日までは助っ人で何度ものあまま宅へ。泊まりこみも3回。
     18日    甥っ子のK君結婚式 いろいろと疲れました。
     26日    一昨年南米旅行でご一緒したお姉さま方とKakkoちゃんと姉妹2組でお食事会。
            1年振りでしたが話がはずみました。来年は8月30日予定。鬼、大笑い。



う~ん、だいぶ暮れてきました。この日は結局12時過ぎまで外にいました。
b0061261_20273032.jpg



   ≪10月のコンサート≫
     21日   ゴスペラーズ坂ツアー2014 “ゴスペラーズの『ハモれメロス』”  日本青年館大ホール  Kazuと
            お芝居仕立てでしたが、楽しかったです(^^)


   ≪10月の展覧会≫
     23日   北斎展  上野の森美術館  Hiroriさん、シロリンままと。
           「神奈川沖波裏」「赤富士」など見てきました。


朝もやのモンサンミッシェルです。
b0061261_20282248.jpg




   ≪10月に行った映画≫
     27日  『小野寺の弟 小野寺の姉』  イオンシネマ千葉NT  K玉さん、I島さんと
     31日  『ジャージーボーイズ』  丸の内ピカデリー  Kazuと



満ち潮で水かさが増してきています。
b0061261_20595174.jpg




   ≪10月に読んだ本≫
     探偵工女  富岡製糸場の秘密        翔田 寛
     ピスタチオ                     梨木 香歩
     超高速参勤交代                 土橋 章宏
     翼                          白石 一文
     ようこそ受賞式の夕べに            大崎 梢
     盤上の夜                      宮内 悠介 
     妖都                         津原 泰水
     ウエストウイング                 津村 記久子
     小暮写真館                    宮部 みゆき
     (慢)絶対可憐チルドレン39          椎名 高志
     (慢)絶対可憐チルドレン中学卒業記念 SUPPLEMENT SPECIAL 椎名 高志他
     ガン50人の勇気                 柳田 邦男
     男おひとりさま術                 中澤 まゆみ
     ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし    平松 謙三
     アンドロギュヌスの皮膚             図子 慧
     定年オヤジのしつけ方             小川 有里
     東雲の途                     あさの あつこ
     性を再考する                  橋本 秀雄
     平成大家族                   中島 京子
     ファンタジーのDNA              荻原 規子
     残念な日々                   ディミトリ・フェルフルスト
 

あ、少ない。21冊でした。       


とうとう11月、カレンダーも残り2枚を残すのみ\(◎o◎)/!
本当に月日がたつのが早いです。
なんと、なんと、明後日6日は私の手術2周年ではありませんか!?
元気で遊んで歩ける現在が、まことにまことにありがたいです。

by pleiad-subaru | 2014-11-04 20:14 | いろいろ☆ | Comments(2)