のあ596 リラックマ飛行機に乗る・下総基地航空祭

リラックマがちゃっかり乗っているのはP3CJr。

b0061261_22202128.jpg

対潜哨戒機P3Cオライオンに似せて ちっこいバイクにはりぼてでこしらえてあります。




b0061261_22334927.jpgb0061261_22345831.jpg

←のコリラックマが乗っているのは、どうやら戦艦みたいです。



これでホントに走るんですよ~、かっわいい(^^) リラックマは運転(操縦?)まではしませんけどね。















ここは海上自衛隊下総基地。55周年記念基地祭がおこなわれて我が家のオタク2人がいそいそとでかけたわけです。
私はお留守番。これはKazuの撮ってきた写真です。
他にもU36-Aとか、US-2とか、小牧のハーキュリーとかあったらしいですが、私には何が何やらです(^_^;)

by pleiad-subaru | 2014-09-28 22:36 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(0)

のあ595(のあーる11) トゥールーズ、コルド・シュル・シエル

b0061261_2237572.jpg
コルド・シュル・シエルに咲いていたバラ。


旅行6日目、この日はいろいろと事件のあった日でした。
早々起床して7時前には出発したものの、しばらくしてなにやらバスの床下で鈍い音が!?
トランクがころげたのかと思いましたがそんなものではなく、車を止めて運転手のジェロームさんが点検したところ…あらまあ、タイヤの一部が欠けてしまっていたのです。、
会社へ電話するとそのまま走行してはいけないというので、タイヤ交換をすることに。
で、スペアタイヤを出してみましたらそれがこう。


b0061261_22541030.jpg


お尻がちら見えしているおぢさんは“JAF"みたいなところの人で、この人を呼ぶのにかなり時間がかかりました。ぼろぼろタイヤをはずしています。することないのでみんなで見物。
ようやく出発しましたがこの時点で予定は1時間遅れています。
おかげで“バラ色の町”トゥールーズの観光が駈け足になりました(-_-メ)





サン・セルナン・バジリカ聖堂
b0061261_2335625.jpg

3世紀にトゥールーズにキリスト教を広め、偶像崇拝を拒んで殉教した聖セルナンに捧げられた教会です。奥行きが150mもあり、現存するロマネスク教会としてはフランスでもっとも大きいそうです。




b0061261_23947100.jpg

入り口の上のかまぼこ型の部分をタンパンと言います。
ミエジェヴィル門のタンパンを飾るこの彫刻は12世紀初めのものです。人物の動きに南西フランスのロマネスク彫刻の特徴がよく現わされているんですって。





b0061261_2314660.jpg

たしかに街並みはバラ色。





キャピトル
b0061261_23164437.jpg

1760年に完成したトゥールーズの市庁舎。絶対王政下のトゥールーズ市参事会「キャピトゥール」に由来して「キャピトル」と呼ばれています。前の広場がキャピトル広場。
ガイドブックによると2階の大広間は必見とあります。
トゥールーズの歴史を描いた壁画や天井画で埋め尽くされているんですって。
…見てないわ、見てないわ! 1時間遅れて見学がはしょられたに違いありません(-_-メ)





マック フランス仕様です。黄色くも赤くも無い。
b0061261_23242229.jpg

環境に配慮して街並みに溶け込む色合いにしているんですね。
たしか京都のマックも茶色っぽかったですけど (^^)




ななめってますが…車窓から“鷲の巣村”コルド・シュル・シエルが見えてきました。
b0061261_2332181.jpg

実は心配していたんですよね。
鷲の巣村エズに登った時も坂道が大変だったし、マルセイユのノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院も階段がすごかったし…でも大丈夫、ここは観光用のミニトレインで上まで連れて行ってくれました。
あ~、ミニトレインの写真が無いわ。






b0061261_2339124.jpg

村の入り口、小さな石の門をくぐると両側からせまる石造りの家々。その間を縫って石畳の坂が続いています。
クレマチスがからんだ扉、緑と白の市松模様にガラスを入れた窓、そちこちの花壇に咲く花、可愛らしい村でした。





ここでランチ。
b0061261_23414697.jpg

野菜のパテ、ブッフ・ブルギニヨン(ビーフ)、デザートにシャーベット。赤ワインと共に♪


このあと317kmかっとばして ”世界になだたるワインの郷”ボルドーに向かいます。

by pleiad-subaru | 2014-09-22 23:04 | 2014 フランス旅行♪ | Trackback | Comments(2)

のあ594 参観日・大人の食育♪


先日 のんの参観日に行ってきました。
熱心なパパママ、おじいちゃんおばあちゃんでお教室もいっぱい。
一番手前のポニーテールの後ろ姿がのんです。
b0061261_20261660.jpg



おとうに手伝ってもらって完成しました。「びっくりおばけ」
ストローに息を吹きこむと、紙コップに仕込んだビニールのお化けがひょろひょろ~んと立ち上がります。
上手にできたね~、のん♪
b0061261_2026289.jpg

この日はとても暑い日で、大人もこどももウチへ帰ったらぐったりでした(^_^;)



そして昨日はおなじみ≪大人の食育≫
この日は「自然のめぐみ・ゆとりの時間を楽しむ」、お米の勉強と梨狩りでした。
それはそれはものすごい雨で…会場の“しんのみくうかん”に着いたのはいいけれど、あまりのはげしさにしばらく車から降りられないくらいでしたよ。
それでも私とKKを含むこの日参加の9人、2台の車に分乗してライスセンターで精米作業を見学。
すこ~し小やみになったころ梨畑へ。
大きく育った豊水をひとり5個ずつ収穫しました(^^)

センターへ戻ってお待ちかねの昼食。
b0061261_2115544.jpg
きぬかつぎクルミ味噌添え、茹で落花生、飛竜頭。山芋と小松菜、パプリカ、海苔の酢の物、冬瓜の中華風煮もの、ナス、キュウリ、ミョウガの梅酢漬け。生姜ごはんときのこ汁。
産直センターの野菜満載のお料理です。本当に美味しい。

次回の「大人の食育」は11月。パンを焼くことになっています。

by pleiad-subaru | 2014-09-12 20:30 | おでかけおでかけ♪ | Trackback | Comments(0)

のあ594 8月のまとめ♪


カルカッソンヌのホテルの窓から見た夜景です。
b0061261_21134894.jpg
ライトアップした夜景を撮影するために夜10時に集まって15分ほど歩いて行く…はずでしたが、部屋に入ってみたら窓からしっかりお城が見えてるじゃないですか。
そして4階だというのに窓がしっかり全開するじゃありませんか♪
撮影ツアーはパスして、のんびりお部屋から写真を撮りました。
実はとってもラッキーだったんですよ。
Lの字に(コの字なのかな??)曲がったホテルで、廊下の両側に部屋がある。
城壁を見渡せる部屋はいくつもなかったはずです。ふだんの行いがいいんだわっ((^^)
え?じゃあ腕を折ったのはなんでだって?まあ、それはそれって言うことで…



でもって 8月のまとめをカルカッソンヌのディナーの写真とともに…



8月のまとめ

  
≪8月ののんかず≫
      元気元気の夏休みまっさかり。
      台風のためにキャンプが流れ、急遽伊豆に行って初めて海で泳いできました。




この日はけっこうゴージャスでしたよ。前菜:サラダ・鴨・フォアグラのせ
b0061261_2217122.jpg



 
 ≪8月の病院≫
      6日 セコメディック病院整形外科 レントゲンを撮って左腕の骨折、無罪放免となりました。めでたやな☆


  ≪8月のおでかけ≫
      1日  大人の食育 KKと ブルーベリー狩りとお酢の勉強をしてきました。
      26日 のあまま、のんかず、KK、Kazu兄ちゃん、私でサンシャイン水族館に行きました。
      あと、都庁でお仕事の帰りのKakkoちゃんと晩御飯食べたり、その前の時間Hiroriさんとお昼ご一緒して
      暮れの旅行の相談したり、シロリンままとその旅行の予約に行ったり♪




メイン:カスレこれはカルカッソンヌ名物料理です。
b0061261_22205361.jpg
お肉と白いんげん豆の煮込みですが、ベーコン、ソーセージ、お肉もしっかり。美味しいですがけっこう重いです。


 
 ≪8月のコンサート≫
      9日  日比谷野外音楽堂 kazuと スタ☆レビ学園音楽祭

 
 ≪8月に見た映画≫
      4日  思い出のマーニー イオンシネマ千葉NT 一人で
      15日 トランスフォーマー イオンシネマ千葉NT Kazuと


  ≪8月に買ったCD≫
      「SHOUT」 スターダスト☆レビュー “セガホ”(背が欲しい!)がけっこうお気に入り♪



デザート:アップルケーキ♡
b0061261_22244761.jpg





  ≪8月に読んだ本≫
      抗がん剤だけはやめなさい             近藤 誠
      わたしはここにいます                篠田 真由美
      加害者家族                      鈴木 伸元
      地獄の季節                      高山 文彦
      たてつく二人                     三谷 幸喜・清水 ミチコ
      東京10000歩ウォーク               籠谷 典子
      瓜子姫の艶文                     坂東 眞砂子
      もつれた蜘蛛の巣                  モンゴメリ
      乱丸㊤                         宮本 昌孝
      乱丸㊦                         宮本 昌孝
      ノー・シューズ                     ササキ マキ
      天野喜孝全版画集                  天野 喜考
      鬼降る森                        高山 文彦
      秘密結社にご注意を                進藤 卓広
      宮崎勤事件 塗りつぶされたシナリオ      一橋 文哉
      (慢)夢の雫黄金の鳥籠⑤             篠原 千絵
      (慢)ナガサレール イエタテール         ニコ・ニコルソン
      「少年A]家族の肖像                 高山 文彦
      遠野物語remix                   京極 夏彦・柳田 邦男
      宮崎勤事件 夢の中                小笠原 和彦
      パンといっぴき                    桑原 奈津子
      (慢)シャアの日常                  南北・本田 雅也
      韓国のホンネ                     安田 浩一・朴 順梨
      命の重さ取材して 神戸児童連続殺傷事件  産経新聞 大阪本社編集局
      すべてのものをひとつの夜が待つ        篠田 真由美
      (慢)月刊少女野崎くん①              椿 いづみ
      (慢)月刊少女野崎くん②              椿 いづみ
      (慢)月刊少女野崎くん③              椿 いづみ
      (慢)月刊小女野崎くん④              椿 いづみ
      妖精のアイルランド                  下楠 昌哉
      母の生き方 父の生き方              荒俣 宏・松 たか子・吉村 作治
      ドリームキャンパス スーパーフリーの帝国   小野 登志郎
      血の味                         沢木 耕太郎
      孤児たちの城                     高山 文彦
      灰色の季節を越えて                 ジェラルディン・ブルックス
      美しきもの見し人は                  篠田 真由美
      紫陽花茶房へようこそ ふたりのための英国式魔法茶    かたやま 和華
      紫陽花茶房へようこそ 夜のお茶会は英国式で        かたやま 和華
      燦⑤ 氷の刃                      あさの あつこ
      黒い羽                          誉田 哲也
      淳                             土師 守
      名画で読み解くロマノフ家12の物語        中野 京子
      統合失調症がやってきた               ハウス 加賀屋・松本 キック
      空飛ぶ広報室                      有川 浩
      これでもイギリスが好きですか?           林 信吾
      書店ガール②                      碧野 圭
      (慢)きのう何食べた?                 よしなが ふみ
      愚韓新論                         三橋 貴明
      マーチ家の父                      ジェラルディン・ブルックス   


48冊でした。今月のみっけものはジェラルディン・ブルックス。見事なストーリーテラーって感じ。
長らく待ってた有川 浩の「空飛ぶ広報室」がやっと読めたのもうれしい(^^)


とうとう9月ですね。9月は病院月間なんだ。日大とセコメと有明が2回、行かねばなりません。
のんの参観日とか、大人の食育の梨狩りも楽しみです。


     
 
 
            








by pleiad-subaru | 2014-09-02 21:31 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(0)