のあ589(のあーる8) 橋はアヴィニョン、踊るはどなたか♪

ラベンダーの向こうに“アヴィニョンの橋”サン・ベネゼ橋です。
b0061261_22183912.jpg
12世紀に羊飼いの少年べネゼが夢の中で天使に橋を架けるようにと言われ、ローヌ川に築きました。
その昔は中州をはさんで対岸まで900mの長さでしたが、度重なる氾濫によっていくども流され、現在は4本の橋げたとサン・ベネゼを祀るサン・ニコラ礼拝堂を残すのみです。


この日は土曜日でした。橋のたもとで花嫁さん発見(^^)
b0061261_22295780.jpg




さて、遠い昔に習った世界史を思い出しましょう。
「法王のバビロン捕囚」現在はカトリックの法王はバチカンにいますけれど、中世の一時期(1309~1377年) ここアヴィニョンにいたことがあるのです。
当時法王庁とフランス国王の間で勢力争いが絶えず、たまたまボルドーの大司教、フランス人のクレメンス5世が法王に選ばれたときにフランス王のごり押しで、法王庁ごとアヴィニョンに移住させられました。
以来70年、7人の法王がアヴィニョンで即位。
ローヌ川のほとりの都はカトリックの中心地として繁栄を極めました。



これがその法王庁宮殿です。
b0061261_22394646.jpg


でかいです。
b0061261_22402254.jpg
なんせ、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿、壁の高さは50m、その厚さは4m。

聖像などはフランス革命の時にほとんど壊されて、中はがらんとしています。
古いタイルがきれい。
b0061261_22434963.jpg




中庭に面した窓。ここから法王が現れ、民衆は下の広場からその姿を仰ぎ見ました。
b0061261_22481470.jpg





この日の晩御飯はローヌ河中州のレストラン。

前菜、サラダ。
b0061261_2255171.jpg



メイン、チキンのロースト。
b0061261_22545597.jpg



デザート、ヨーグルトケーキ ラズベリーソース添え。
b0061261_2255281.jpg
美味しゅございました(^^)



川をへだてて見るサン・ベネゼ橋。
b0061261_2258099.jpg



大きすぎてファインダーに入りきらなかった法王庁宮殿も見渡すことができました。
b0061261_2259050.jpg



この日もアヴィニョン泊まり。明日はポン・デュガールローマ時代の水道橋を見てから あこがれのカルカソンヌへ向かいます。

by pleiad-subaru | 2014-07-28 22:29 | 2014 フランス旅行♪

のあ588 「ふ」しか合ってない!?

ベランダのシュシュです。暑いのに頑張って枝先にひとつずつ花をつけてくれています(^^)
b0061261_2205220.jpg






さて、フランス旅行の途中なんですが「ふ」しか合ってない福島旅行のお話をちょっとだけ。




『おとぎの宿 米屋』私のごひいきのホテルです。
20日21日、のんびり小町で温泉に行きたい…という妹KAKKOちゃんのリクエストででかけることになりました。
ブログの中で検索してみましたら、2006年11月にK玉さんと行ったのが最初、その後2007年3月にのあままとKAKKOちゃんと、同じ2007年の10月にK玉、I島さんとでかけています。
そしてアップはしませんでしたが、去年の7月まだ髪が生え揃わない頃 KAKKOちゃんと来ていました。



この桃太郎さんの絵がなくなってたのがちょっと残念。
b0061261_22164649.jpg




温泉かけ流しの露天風呂がついています。お部屋の名は『小さなしずく』
b0061261_22185132.jpg





毎回おとぎ話をテーマにした創作料理でたのしませてくれる米屋ですが、この夏のテーマは『星の王子さま』
星の王子様が大好きで、これを自分で訳したいがために大学でフランス語をとったというKAKKOちゃんのたっての希望で、今回米屋にしたのです。


ではそのお料理の数々を…
b0061261_2224229.jpg

1話  前菜
『砂漠と少年』
塩漬豚 一夜干し鮎 才巻 北海たこ 胡瓜 ミニトマト 茗荷 ベビーリーフ スナップエンドウ 大根 
マンゴーソ-ス ハーブソルト あられ(42kcal) 




b0061261_22283120.jpg

2話 吸い物
大きな木
トマト和風スープ おかひじきととろろ昆布の天ぷら
あいなめ 小メロン ニンジン ロメインレタス(9kcal)




b0061261_2231241.jpg

3話 造り
一輪のバラ
本日のお造り バルサミコソース(63kcal)




b0061261_2234378.jpg

4話 焼物
3つの火山
サザエの炭火焼バーニャカウダ風 焼き野菜を添えて(73kcal)




b0061261_22364912.jpg

5話 揚物
6つの星の大人
アボカドまんじゅう 冬瓜ソース(66kcal)




b0061261_2238245.jpg

6話 主菜
7番目の星
トマトすき焼き
福島牛 桃太郎トマト 赤水菜 夏野菜(363kcal)





b0061261_22411697.jpg

7話 酢物
友達
トマトゼリー アロエそうめん(17kcal)




b0061261_22432137.jpg

8話 食事
大切なものは…
夏野菜のだしかけ麦飯 椀 香物
(オクラ 長芋 茗荷 モロヘイヤ 貝割 小ねぎ)(383kcal)





b0061261_22455257.jpg

9話 デザート
星になった王子
モナカアイス ミードゼリー 季節のフルーツ(97kcal)


目にも美しく、舌もお腹も満足。幸せな総カロリー/1112kcalでした。




大浴場・露天風呂とお部屋のお風呂に2回ずつ入り、売店をひやかし、この『音戯の森』カフェでコーヒーやハーブティーをいただき…
b0061261_2311647.jpg
命の洗濯をしてまいりました。温泉はきっと折れた腕にも、お腹の傷にもしっかり効いたことでしょう♪



次回はアヴィニョンに戻りま~す(^^)

by pleiad-subaru | 2014-07-23 22:48 | おでかけおでかけ♪

のあ587(のあーる7) アルル サン・トロフィーム教会

ラタトゥイユです。これが前菜、あとは白身魚のソテー、ラズベリーのムース。
b0061261_21101684.jpg
フランスのごはんはどこも美味しかったです。

b0061261_21131611.jpg
せっかくですからワインも。
物価高いのですが(オランジーナ500mlが2.5ユーロ、350円とかする。
近所のスーパーだと83円なのに!?)ワインはそれほどではない。
田舎だとさらに安いです。この小さいカラフが欲しい♡

レストランはLa boheme ラ・ボエーム 『夢』という名です。
b0061261_21194517.jpg
カーブした天井がすてき♪




さて 世界遺産サン・トロフィーム聖堂です。
b0061261_2127160.jpg
アルルはスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラへの巡礼路の要所にあり、このロマネスク教会も巡礼者たちが多く訪れました。
フランスからは4本の街道が聖地をめざして続いており、ピレネーを越えたところで合流します。
アルルから始まる街道はトゥールーズを通りピレネーのソンボール峠を越え、スペインのブエンテ・ラ・レイナに至ります。


b0061261_21372829.jpg
入り口上部のこのかまぼこ型、タンパンといいますが、このみごとな彫刻で有名。


b0061261_21422432.jpg

左右の彫刻もなかなかの見ごたえです。
b0061261_21403175.jpg




そうそう、ここアルルでジプシーにねらわれたんですよ。


andoさんの話によると、エクスの街の近くにジプシーの大きな居留地があるそうです。
近頃のジプシーはこぎれいな格好をしているので、目立たない、気をつけるようにと言われていました。
この日アルルは衣料品のマルシェが開催されていました。

b0061261_21512244.jpg
ここがレピュブリック広場。サン・トロフィーム聖堂や市庁舎があります。


自由時間にこのオベリスクのまわりの日陰に座っていた時、3人連れの女性がそばに来たので 私は日陰に彼女たちが座れるように場所を詰めました。
お礼を言って座った彼女たちがマルシェで買ったらしい 幼児の服をひっくり返してあれこれ言っているのに私もまあ、かわいいとまざっていたのですが…あの時すでにねらわれていたんです。
その時は私がバッグをななめがけしてしっかり抱えていたので手が出せなかったのですね。
そのあと教会の前の人ごみで、背中のあいた青い服の女がKKのバッグに手をかけたのです。
私が注意したので何気ない風で逃げちゃいましたけど。あぶないあぶない。
バッグのジッパーが半開きになっていました。
このあと私たちはアヴィニョンにもどりますが、そこの法王庁でも彼女たちに遭遇します。
あちこち観光地を稼ぎまわっているのね。 \(◎o◎)/!
andoさんにも、同行のみなさんにも注意をしておいたので実害はありませんでしたけど。


さて、いよいよアヴィニョンの橋ですよ~♪

by pleiad-subaru | 2014-07-18 21:51 | 2014 フランス旅行♪

のあ586(のあーる6) アルル ゴッホゆかりの風景。

アヴィニヨンのホテル、キリアッド・クールティヌ・ガレの庭に咲いていた花。
b0061261_2315494.jpg



本日はモーニングコールが7:00。連泊なので荷物出しは無し、ホテル出発はゆっくりめの9:00です。
モーニングコール5:00、出発6:30なんて時もあるのですよ(^_^;)
バスは一路アルルへ。約35kmの道のりです。


アルルは紀元前1世紀、カエサルの時代ローマの植民地でした。
4世紀にはコンスタンティヌス帝がしばしば滞在し、『ガリアの小ローマ』と呼ばれるほど重要な街になりました。



で…どこかで見たこの橋ですが…
b0061261_22352950.jpg



はい、この絵の橋。描いたのはゴッホです。
b0061261_22371376.jpg
アルル郊外の運河にかかっています。復元されたものではありますが。


b0061261_2239334.jpg
こんな風に実物の横に絵を並べてあるのでわかりやすいです。


ゴッホはオランダ人、後期印象派の画家です。パリにしばらく滞在した後、アルルにやってきました。
アルルが気に入った彼はポール・ゴーギャンを呼び寄せ一緒に暮らし始めます。
芸術家同士の関係はやがて行き詰まり、ゴッホの『耳切り事件』で破局を迎えます。
精神病院に入院したゴッホはそこでもたくさんの作品を描きますが、1890年7月銃により自ら命を断ちました。


ここはエスパス・ヴァン・ゴッホ。ゴッホが入院していた病院跡にオープンした総合文化センターの中庭です。
b0061261_22532026.jpg


100年前にゴッホが描いた様子がそのまま再現されているのです。

b0061261_22582532.jpg




ゴッホの絵の舞台をもう一か所。
b0061261_22552661.jpg
『夜のカフェテラス』



ローマ時代の遺跡 円形競技場世界遺産です。ローマのコロッセオを彷彿とさせます。
b0061261_234478.jpg




これは円形競技場の近くで歌っていたおばさん。すばらしい声量で上手でした。
b0061261_2352778.jpg
相棒のワンちゃんは昼寝中です。1ユーロ寄付して写真を撮らせてもらいました。


この日のお昼はラタトゥイユ♪ そのあと世界遺産サン・トロフィーム教会を見学します。

by pleiad-subaru | 2014-07-14 23:10 | 2014 フランス旅行♪

のあ585(のあーる5) エクス・アン・プロヴァンス、セザンヌのアトリエ。

これはフランスの百合ではありませぬ。日本原産の山百合、近所のお庭です。
b0061261_223748.jpg
山百合大好きな私、そろそろ咲く頃と時々見に行ってましたがやっと咲いてくれました。
病院帰りに携帯でパチリ♪ そうそう、めでたく左腕のギプス取れました。リハビリの日々です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、エクス・アン・プロヴァンス、地元の人はエクスと略して呼びます。


b0061261_22112027.jpg  何年か前にピーター・メールの書いた『プロヴァンスの12ヵ月』が世界的ヒットになって
  すっかり有名になりました。
  私も今彼の『プロヴァンスの贈り物』という本を読んでいます。
  叔父の遺産でプロヴァンスのブドウ園つきの屋敷を相続したイギリス人の青年の話です。
  まだ半分くらいなのでこれからどう展開するのかはわかりませんが…
  まずいワインのことを“ピピ・ドゥ・シャ” ねこのおしっこ というのだけ覚えました。
  Tango, Chat Noir の Chat ね。



さてそのプロヴァンス、実は画家のセザンヌはここで生まれ、そしてここで死にました。

b0061261_22333267.jpg
セザンヌの作品『サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』(石橋財団 ブリヂストン美術館蔵)



その山がこちら。
b0061261_22241490.jpg
彼はこの山を80回以上も描きました。



ここはセザンヌのアトリエです。
b0061261_22391725.jpg




b0061261_2242571.jpg
残念ながら中はカメラ禁止です。
大きな窓から外の緑が見える2階のアトリエ、セザンヌの生前のままに保存され、彼の絵に出てくる頭蓋骨や水差し、果物(まあ、これはさすがに入れ替えしてると思いますが…)そこここに置かれています。
使用していた画材なども。




こちらは旧市街の北の端にあるサン・ソヴール大聖堂
b0061261_22541878.jpg




その入り口。尼さんが2人門を見上げていました。
b0061261_2254415.jpg
5世紀から17世紀までのさまざまな建築様式が入り乱れてるとのことです。



聖堂の中のステンドグラス。色が鮮やかです。
b0061261_2344074.jpg




街の中心部に戻ってきました。プラタナスの並木がつづくミラボー通りにある泉です。
b0061261_2381414.jpg
エクスは湧き水の豊かな街で、あちらこちらに泉が設けてあります。


これもそのひとつ。
b0061261_23103052.jpg




こちらは老舗のカフェ『レ・ドゥー・ギャルソン』
b0061261_2311548.jpg
1792年って緑の日よけに書いてありました。


エクスの名物のお菓子 それはカリソン
アーモンドとメロンのシロップを混ぜてペースト状にしたものを固め、小さいひし形で抜いてあります。
ひし形でなくて目の形という説もあるとか。日持ちするというので買ってきました。
のあままに届けたら、以前に彼女が買ってきたものより美味しかったそうです。
添乗員のAndoさんイチオシのお店で買ったからね(^^)



この日の予定は終了、バスは今夜泊まるアヴィニヨンへとひた走ります♪

by pleiad-subaru | 2014-07-11 22:24 | 2014 フランス旅行♪

のあ584(のあーる4) マルセイユのブイヤベース!?

あ、今日は七夕だ、七重ちゃんの誕生日だわ♡


さて、フランス。ニースをあとにして206km。港町マルセイユに着きました。マルセイユは紀元前600年にフォカイア人(小アジアのギリシャ人)がここに港を開き、マッサリアと呼んだことにはじまります。フランス一の港湾都市です。
b0061261_21253066.jpg
バスの車窓から見えた凱旋門(Arc de Triomphe)


こちらはヨーロッパ地中海文明博物館(MuCEM)
2013年にマルセイユが欧州文化首都に選ばれたのを機に作られた巨大ミュージアムだそうです。
b0061261_21312527.jpg




マルセイユの港。遠くの丘の上に建っているのはノートルダム・ド・ラ・バジリカ聖堂です。
b0061261_2135028.jpg

丘の上まで行ってみましょう。



バスは途中の坂道に停まりました。後は歩きで登ります。
ふえぇ、昨日はエズの坂道と階段、今日はここの階段…かなりこたえます。
b0061261_21425670.jpg
ノートルダムというのは「聖母マリア」のことです。パリのノートルダム寺院が有名ですがあちらの街にもこちらにも、ノートルダム教会、聖母マリアに捧げられた教会があります。


b0061261_2153568.jpg
塔の上の金色のマリアは丘の上から、海に出ていく船を 船乗りを守ってきました。


丘の上からの眺め。
b0061261_21554814.jpg

地中海に浮かんでいる島はイフ島です。

b0061261_21592832.jpg
この建物がイフ城、シャトー・デ・イフ。
アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』で、主人公のエドモン・ダンテスが無実の罪で閉じ込められた牢獄のモデルです。
実際多くの政治犯が収監されていたらしく、フランス革命の立役者ミラボー伯も若いころここに入れられていたそうです。


さて これがマルセイユ名物ブイヤベースなのですが…
b0061261_2273749.jpg
 むちゃくちゃしょっぱいです!! (-_-メ) 
スープが先に出てきて、あとから実(魚介類)が来ました。
…ムール貝だけにしておきました。


午後はエクサン・プロヴァンスに向かいます♪

by pleiad-subaru | 2014-07-07 21:48 | 2014 フランス旅行♪

のあ583(のあーる3) カンヌ♪

カンヌの旧港です。
b0061261_21422576.jpg



ニースの海辺は砂利ですが、カンヌは砂浜。
b0061261_21445776.jpg



カンヌと言ったらやっぱりこれですよね。カンヌ映画祭の赤じゅうたん。
b0061261_21465641.jpg
映画祭が終わって間もないので、まだ階段に敷いたままでした。著名な映画スターが華麗に登る例の階段です。
ここは映画祭の会場、パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。
この建物のまわり二は映画スターの手形が並んでいます。


観光案内所の前で2つだけ知ってる名前をみつけました。
b0061261_21523237.jpg
読めます? シルベスタ・スタローン。ロッキーだ~♪ けっこう大きい。


b0061261_21535276.jpg
こちらはメリル・ストリープ。 マンマ・ミーアだ~♪
他にもたくさんたくさんあるのですが、古くてすり減っていたり 字が汚くて読めなかったり、読めても知らない名前だったりで 自由時間内に見つけられたのはこれだけ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 おフランスのトイレ事情など…
    
     尾籠な話で恐縮ですが…フランスはあまりトイレ事情に関してはあまりよくない。
     空港やホテル、ドライブインなどは問題ないのですが、街なかにトイレが少ない。
     田舎町など たとえばセザンヌのアトリエなどは観光客もけっこう多いのですが男女共用のトイレが1つしかない。
     そしてそして、“便座が無い”のです(-_-メ)
     イタリアあたりも多いのですけどねえ、しょうがない、空気椅子ですよ。
     場所によっては有料。1ユーロの半分50セントが相場です。
     旅行中 朝ホテルを出る時にトイレットペーパーを1回分ポケットに入れておくのが私の習慣です。
     そう、ペーパーが無いトイレにあたってしまうこともよくあるのです。
     ただ水が豊かで下水がしっかりしているのがうれしい。
     南米などは下水があやしいので紙は基本流せず、備え付けのゴミ箱に入れるんですもの。
     ドアの外に待っている人がいるのに水が心細くてなかなか流れない…といったこともここではありません。
     でも 恋しくなるのはウオシュレット!! あれは偉大な発明ですよ。どんどん輸出してほしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この日もニースの泊まり。翌日は8時半の出発、マルセイユ、エクサンプロヴァンスとまわってアヴィニョンに2連泊します。

by pleiad-subaru | 2014-07-02 21:45 | 2014 フランス旅行♪