のあ451(ねぐろ9) マチュピチュの高み

b0061261_22455433.jpg

夢に見た天空都市マチュピチュです。「見張り台」と呼ばれる場所からのショット。向こう側にそびえているのはワイナ・ピチュ“若い峰”という名前を持つ山です。ちなみにマチュ・ピチュは“老いた峰”のこと。




b0061261_22461925.jpg

儀式の岩と呼ばれる大きな岩です。
この上で生贄をささげたと言われています。




b0061261_22465737.jpg

あっ、おもいきしおぢさんが入ってしまった。切るつもりだったのを忘れていました。お許しを。
ここは石切り場の近くですが、このお茶目なおじさんが入っている穴から一体の男性の人骨が発見されました。ただその人骨は女性の服をまとっていたのです。当時は男性が女性の格好をすることは大いなる罪だとされていたので、そのために殺されたのかもしれないと、ガイドの鈴木さんが教えてくれました。



b0061261_22472789.jpg

3つの窓の神殿太陽の昇ってくる方角に立つ壁に3つの窓が開いています。真ん中の窓からはインカの皇帝が、両脇からは神々が飛び出したと言われています。
ちなみにマチュピチュを築いたのは第9代の皇帝で、その前は全部神話的、実在したかどうかはっきりしないそうです。



b0061261_2247498.jpg

真ん中あたりに石がごろごろしているのが石切り場。マチュピチュの建物はすべてここから切り出された石を積んで作られています。
奥の高いところにある屋根のある建物が見張り場と呼ばれる場所。ゲートをくぐって(ちなみにここのゲートではパスポートを提示します)しばらく登るとここにつきます。そこからマチュピチュ観光が始まるのです。
階段状になっているのはアンデネスと呼ばれる段々畑です。急斜面を切り開いて耕作面積を増やし、たくさんの収穫をあげることができました。
人が集まっているのが聖なる広場です。
遺跡観光ではガイドの他にサポート要員が2人付きます。中にトイレが無く、また高山病などで気分を悪くした人について出口へ誘導するためです。



b0061261_224866.jpg

インティワタナ“太陽をつなぎとめる石”という名を持つ日時計です。
大きな岩を削って作ってあり、柱の角はそれぞれ東西南北を指し示しています。
この角柱の対角線上を冬至の太陽が通過するんだとか。



b0061261_2248245.jpg

天体観測の石と言って、上野でやっていたインカ展のCGではこの石に張られた水の表面に太陽が星が写るようになっていましたが…ガイドの鈴木さん曰く「石臼」だそうです。太陽の動きとは場所が合わないんですって。
マチュピチュを発見したハイラム・ビンガムも儀式用の石臼だと思っていたようです。



b0061261_22484297.jpg

コンドルの神殿ごついおっさんとか写っちゃっていますが…手前の紐を張った中の石がコンドルの頭とくちばし部分、後ろの岩を広げた翼に見立てています。
え?下部は拷問部屋だったの?!
「盗むな」「怠けるな」「嘘をつくな」の三つの掟を守らなかったら 入れられちゃうのかな\(◎o◎)/!



b0061261_2249155.jpg

太陽の神殿大きな岩を土台に、マチュピチュで唯一曲面を持つ石積みで作られた神殿です。
壁には東と南に窓があり、夏至の時には南の小窓に 冬至の時には南向きの小窓にまっすぐ日が差し込む作りになっています。
冬至の日には種まきの儀式が行われ、それは人々にとって新しい年の始まりを意味していました。
右の眼鏡のおじさんがいる穴は洞窟になっており、お墓だとかミイラがあったとか言われていますがはっきりしたことはわかっていないらしいです。


b0061261_22491668.jpg

正面の山はヤナンティン山




b0061261_23515692.jpg

そのヤナンティン山を模した聖なる岩です。
高さ3m幅7mの一枚岩で、山を神と崇めたインカの人が祈りをささげたとか言われています。
この岩にはパワーがあるらしい。



b0061261_22493113.jpg

リャマさんはあっちこっちにいてなごませてくれますが、あまり近づくと臭い唾を吐きかけて威嚇するとかで要注意です(^_^;)



b0061261_22494561.jpg

遺跡見学フルコース終了しました。脱落者は1名だけ。一度ゲートを出てマチュピチュサンクチュアリホテルでランチの後は解散です。それぞれ町に降りるバスのチケットをもらいました。
余力のあるKakkoちゃんはインカ道をたどって太陽の門に行ってくると言います。
いまいち体調の良くなかった私は再入場してすぐのところにある貯蔵庫のいい風の通るかやぶき屋根のテラスのベンチで景色を楽しんでいました。



b0061261_22501474.jpg

これもそこからの景色。



b0061261_22502881.jpg

リャマさん、傍若無人。ちょっとズームしてみました。



b0061261_22504253.jpg

何の花か、高い木の上で薄紫の花が太陽に照らされて咲いていました。



b0061261_22511447.jpg

往復2時間かけてインカ道を行ったKakkoちゃんの撮った写真です。
手前にジグザグのハイラムビンガム・ロード。ここをバスが往復しています。
はるか向こうにマチュピチュが。
リマから3泊4日かけてインカトレイルを歩いてきた人たちは、ここインティプンク“太陽の門”まで来てはじめて、マチュピチュの姿を目にすることができるのです。感激でしょうね。
ワイナピチュがあんなに小さく見える。



b0061261_22463714.jpg

最後に定番写真をもう一枚。
実はワイナピチュに続く山々の姿が横になった皇帝の顔に見えるという話があります。
ワイナピチュが高い鼻で左に続く峰々が唇からあご。
先ほどのテラスで休みながら、左側に座った男性が私をはさんだ右側のカップルに向かって(英語で)
「マチュピチュの写真を持ってるか?」(ここでカップルの女性、ガイドブックを渡す)
「ほら、横にするとここに男の横顔が見えるだろ」
と話してるのを間にはさまってちゃっかり聞いてました(^_^;)
あとで見たら「るるぶ ペルー」にも出てた♪




さて、大急ぎでマチュピチュを駆け抜けてきました。まだクスコとリマとサンフランシスコの観光が残っていますが、まずはマチュピチュだけでもまとめておきたかったので。



ちょっとややこしい病気が判明しました。
検査入院していた病院は24日に退院しましたがこれから別の病院で入院、手術しなければなりません。
10月の1日に診察の予約を入れました。すべてはそれからのことです。
なのでその間、ブログをお休みしなくちゃならなくなりそうです。まだちょっと間がありますけど。
必ずや復帰してみなさまに御挨拶できる日がくることを信じています。
大丈夫、このブログのモットーは

  とりあえず 前向き  ですもんね~(^^)

どうかあまり御心配なさらないでくださいね。

by pleiad-subaru | 2012-09-27 00:28 | 2012 南米旅行♪

のあ450 その後

b0061261_88025.jpg

検査結果があまりよくありませんでした。
月曜日ひとまず退院。あらためて別の病院で診察、入院になります。
家に帰ったらあらためてご報告しますね。

by pleiad-subaru | 2012-09-23 08:08 | お知らせ

のあ449 訳あって…

b0061261_7205835.jpg

入院する羽目になってしまいました(-_-;)
昨日から点滴をぶらさげたキャスターつきの棒を、犬でも連れるようにどこへでも連れ歩いています。
この黄色いのは止血剤、反対側の腕には「ソルデム3A 500ml 6時間かけて 点滴静脈注射」ってのがかかっています。

まずは検査入院です。1週間くらいとのこと。その後は結果次第ですが ま、大丈夫だと思います。

んなわけで、しばらくブログ更新できなかったり、コメのお返事も遅れるかと…ご容赦くだされませm(__)m

by pleiad-subaru | 2012-09-19 07:20 | お知らせ

のあ448(ねぐろ8) ペルーレイル♪ マチュピチュへ

さて、南米の旅も7日目に入りました。リマに2泊した私たち一行はこの朝国内線でクスコへ。
b0061261_21572250.jpg

クスコは海抜3360m、荒俣宏さんがスキップしてひどい目にあったと本で読みましたが、そう、空気が薄いんです。無理しないようになるべくゆっくり行動するように心がけます。高山病にはなりたくない~。



バスでペルーレイルの駅、オリャンタイタンボに向かいます。
b0061261_21561883.jpg
車窓に見える山は雪をいただいています。


b0061261_21584445.jpg
途中でランチしたレストランにはビクーニャやラマが庭につないでありました。




b0061261_2253627.jpg
後ろの建物がレストラン。川沿いに動物がいるのですが、ここからレストランに戻る時階段を昇っていたら…うわ~、息が切れる切れる。空気が薄い~っ!!



オリャンタイタンボの駅からペルーレイルに乗り込みます。行先はアグアスカリエンテスマチュピチュの町です。
b0061261_22102672.jpg



中はこんな。天井の一部も窓になっていう展望列車です。右上に見えている山はヴェロニカ山(5750m)5千級の山がぞろぞろあるのです。
b0061261_2265763.jpg



こんなかわいいかご入りの軽食サービスがきました。ドリンクは選べます。コカ茶を頼んでみました。元気がでるらしいですよ。味はハーブティ、なかなか美味しいです。実はコカ茶買えないんです。コカ飴もダメ。米国に持ち込み禁止なんです。お土産にしたいのにね~。
b0061261_2271640.jpg



線路はウルバンバ川に沿って続いています。車窓にインカ道を歩く旅人の姿が見えました。3泊4日でマチュピチュを目指して歩くのです。大変そう(^_^;)
b0061261_2272981.jpg



あっ、この車両は1日1往復のハイラム・ビンガム号オリエント急行みたいな超高級列車です。
b0061261_2274376.jpg



アグアスカリエンテスの町です。川に沿って坂状に続いています。この階段を上がってずっと行くと温泉があります。アグアスカリエンテスは“熱い水”という意味だそうです。温泉には明日入りに行きます♪
b0061261_22105362.jpg
いよいよ明日はあこがれの空中都市マチュピチュを見学します。

by pleiad-subaru | 2012-09-14 22:02 | 2012 南米旅行♪

のあ447 ハイイロチョッキリ♪ と、ESTA詐欺(?)

南米旅行ちょっとお休みして…

ハイイロチョッキリさんをご紹介します。
b0061261_20381531.jpg
赤城自然園で教わった「小枝切り落とし事件」の真犯人さん。(ケビンのカントリー・ランブリンから ケビン・ショートさん画)


ほら、ウチの近くの公園でも。
b0061261_20451967.jpg
ドングリの帽子の前部分にちょこんと黒いところ 見えますか??この穴から卵がうみつけられています。幼虫が孵化するとドングリの中身を食べて成長します。


ウチに「月刊千葉ニュータウン新聞」というのが来るのですが、それに「ケビンのカントリー・ランブリン」という読み物が載っています。カントリー・ランブリンは田舎のそぞろ歩きといいったところかな、文章も絵も素敵なので私毎回切り抜いているのですが、今回たまたまハイイロチョッキリのことが取り上げられていたのです。
なんとまあタイムリーな(^^)


ケビン・ショートさんは東京情報大学の教授で、ナチュラリストを名乗っています。
実はこの辺では有名人。私も講演を聞きに行ったことがあります。
国道464を仰向けに寝そべったかたちで漕ぐ、不思議な自転車で走行してるのに行きあったことも♪
里山の自然について絵と写真つきでくわしく説明してくれ、HOKUSO STORYBOOKという簡単な英文のコラムもついてるのでお勉強にもなります(^^)




≪ESTA詐欺(?)の話≫

ウチのKKがひっかかりかけましたので、今後の為にご報告しておこうと思います。

ESTAというのは、電子渡航認証システム=Electronic System for Travel Authourizationといい、
  *米国に到着する渡航者は渡航前にネットでESTA認証を取得することが義務付けられています。
  *一度認証されると2年間有効。
  *取得実費料金は14$

私も南米に行く時、サンフランシスコで乗り換えるので入国審査のためにESTAを取得しました。
http://esta.cbp.dhs.gov ですぐできます。支払いはクレジットカードになります。
自分でやれば14$ですみますが、これを旅行会社に頼むと取得手続き代行料金として5250円かかります。
(このほかにも出入国カードなんかも自分で書くとタダだけど、頼むと4200円かかるんです)
今回はブラジルの査証以外は自分で書きました。

それがね、「ESTA」と入れて検索かけますと「日本語申請」とか「オンライン申請」とかってトップにでてくるんですが、そこで言われるままに名前、生年月日、国籍、パスポート番号等入力して行くと最後に料金の欄がでてくるんですが、55$と…14$よ!?
要するに代行業者なんです。手数料を41$取っている。でもね、入力はこっちがやっているのだから代行と言ってもあっちはなんにもしないのよね。だまって待ってるだけで儲けてるわけです。
よく見ると「代行」と言ってるから詐欺ではない。でも知らない人はひっかかります。
現にKKもひっかかりかけました。2年前に申請した経験者なのにね。「55$」とか言ってるから、パソコンのぞきに行って見つけました。あぶないとこだった。
「ESTA詐欺」で検索すると山ほど出てきます。

みなさまももしESTA申請なさる時は米国大使館のHPをごらんになってくださいね。



ESTAの正式サイトもリンクしておこう。→こちら

by pleiad-subaru | 2012-09-10 20:39 | いろいろ☆

のあ446(ねぐろ7) ナスカの地上絵♪

さて、ナスカです。ペルーの国土は大きく3つに分けられます。
太平洋岸のコスタ(海岸砂漠地域)、高地のシエラ(アンデス山岳地域)、アマゾン支流域のセルバ(熱帯雨林地域)
ナスカがあるのはコスタ地域、砂漠の中です。
ナスカはリマからは車で7時間かかります。私たちはリマから250㎞、2時間半のピスコからセスナ機に乗ってナスカまで飛びます。
行き30分、観光30分、帰りも30分という道のり。


b0061261_221279.jpg
ここが飛行場なんですが…この時期、ナスカは霧が出ます。この霧が晴れないと飛行機が飛ばないのです。
何時間も待たされて結局飛行機が飛ばないこともよくあるそうです。え~、そうなの?


先にお昼を食べて来いということなので海辺のレストランへ。これはすぐ近くの船の上にいたペリカンさん。
b0061261_2295535.jpg
普通にたくさん飛んでました。


レストランで出てきた濃い紫色のトウモロコシ、チチャモーラ。器に入ってるのはそれを油で揚げて塩味をつけたスナックです。
b0061261_22192174.jpg


これでブルーベリージュースみたいなジュースも作ります。サービスで出てきました。意外に(?)美味しい。
b0061261_22185018.jpg


これもね、カムカムという名の紅い実で作ったジュース。
b0061261_2223428.jpg
ビタミンCが豊富に含まれてるんだそうで、美容に最適なんですって。アセロラ系の味かな。あ、後ろにインカコーラが写ってる。黄色いやつね。味はちょっと甘いコーラです(^^)



さて、なんとか飛べるようになったようです。
飛行機は12人乗り。体重を計られて(>_<)席を指定されました。そりゃそうよね、重さを塩梅しないと危ないものね。
これに乗ります。
b0061261_22292247.jpg
小さい飛行機でがんがん旋回して気持ち悪くなったと聞くので、一応酔い止め薬を持って行きました。
ガイドの具志堅さん(沖縄出身のすてきなおばあちゃま)の話では、写真を撮ろうと思うな、まずは目で見て運が良ければ撮れるということで適当に撮っておけと。振り回される中でピント合わせに夢中になって、飛行機を降りたとたんにダウンした人もいるそうです。酔い止め薬が効きすぎて、ナスカ上空についたとたんに熟睡しちゃった人もいるそうです。
私たちが目にするナスカの写真は、プロの写真家が何度も飛んでものすごい枚数撮影した中から選んでるのだから写真が撮れなければ絵ハガキでも買えばいいって。ま、正論ではあります。


飛行機はえんえん砂漠の上を飛びます。目の下には一筋の道、パンアメリカンハイウェイ。
ナスカ上空に到着、旋回しつつパイロットが教えてくれます。「ミギ、クジラ」
どこよどこよ、とKakkoちゃんが探します。そこ!翼の下!
すかさずシャッターを切りますが…なかなか撮れないなあ。
撮れたのはこのくらい。

b0061261_22412574.jpg
「宇宙飛行士」といわれる絵。岩山に描いてあります。どっちかってとガチャピンに近い?



b0061261_22432288.jpg
これ、よく撮れたでしょ?「ハチドリ」


b0061261_22442410.jpg
ちょっと見にくいですけど、左が「手」右が「木」。横切っているのはパンアメリカンハイウェイ。手と木の間ちょっと下あたりに茶色いものが見えていますが、これはマリア・ライヘ女史が観測用に建てた展望搭“ミラドール”です。バスがすっごくちっちゃく見えてるでしょ?


b0061261_2248448.jpg
「クモ」絵と絵が重なっていたり、消えかかっていたり、いろいろです。


クジラ、犬、サル、コンドルと見たのですが、うまく撮れていませんでした。ま、しかたがありません。探すだけでもけっこう大変だったのですから。見るだけで精一杯だったってこともあります。(言い訳)
あ、でも自分の目で見られたことは感激でした(^^)


いよいよ明日はマチュピチュへ向かいます。

by pleiad-subaru | 2012-09-07 22:57 | 2012 南米旅行♪

のあ445 8月のまとめ♪

南米旅行はこれからナスカですが、その前に8月のまとめ♪
b0061261_2321998.jpg
いたずら娘、にゃ~兄ちゃんが困ってるじゃないの。あらら おぱんちゅ丸見えよ~(^_^;) のん、足長いね。



≪8月のまとめ≫


   ≪8月ののん≫
       のん、見事な日本語をあやつるようになりました。

       「まままま いま なにしてるかな~」というので
       「blog書いてるかな? それとも、ままままごほんが大好きだから、ごほん読んでるかな」
       とのあままが話した数日後…

       まままま なにしてるかな~。だいすきだからごほんよんでるかな?」って言ったんですって(^^)
       ちゃんと覚えてて言うのがかわいい。
       「(ぱぱぱぱは)めがね してるとおもうわ」
       とも言ったみたい。「わ」とか「なの」とか語尾がいっちょまえなんです。のあままが丁寧に話しかけてるんでしょうね。
       2歳児の頭の中、たいしたもんですねえ。


    ≪8月行った旅行≫
        「南米世界遺産紀行12日間」      妹のKakkoちゃんと
        「山野草の花が群れ咲く 夏の赤城自然園の森」 日帰り    Hiroriさんとシロリンままと

    ≪8月に買ったCD,DVD≫
        イグアスの遊歩道を歩いている所を撮られたDVD (滝の画像CD付き)
        ペルーのフォルクローレ ショーで演奏していたグループのCD    別々に2種
        (キッチンに立ってる時に流しています♪)


b0061261_23312662.jpg
ちなみにこの兄ちゃんたち。吹いているのがケーナ、竹がつながってるようなのはサンポーニャ♪


    ≪8月に読んだ本≫ バーチャル本棚→こちら♪

        (電子書籍)クジラの彼            有川 浩
       「八つ墓村」は実在する            蜂巣 敦
       居心地の悪い部屋               岸本 佐知子編
       大脱走 裏切りの姫              鈴木 英治
       オー!ファザー                 伊坂 幸太郎
       吹雪の山荘                   笠井 潔他
       暗闇の薔薇                   クリスチアナ・ブランド
       ジェゼベルの死                 クリスチアナ・ブランド
       続あしながおじさん               J・ウェブスター
       忘れ川をこえた子どもたち          マリア・グリーぺ
       本棚探偵の冒険                喜国 雅彦
       (慢)信長協奏曲⑦               石井 あゆみ
       おいしいくふう たのしいくふう        山本 ふみこ
       片づけたがり                  山本 ふみこ
       魔性の子                     小野 不由美
       (慢)シュトヘル                 伊藤 悠
       霧隠れ雲隠れ                  三田 誠広
       (慢)絶対可憐チルドレン31         椎名 高志
       しっぽちゃん                   群 ようこ
       人間臨終図鑑①                山田 風太郎
       くろねこルーシー㊤               倉木 佐斗志
       墨攻                        酒見 賢一
       太閤暗殺                     岡田 秀文
       地に火を放つ者                 三田 誠広
       子どもに本を買ってあげる前に読む本   赤木 かん子
       いっしょにいるだけで              森下 典子
       ふしぎなふしぎな子どもの物語        ひこ・田中
       評伝ナンシー関 心に1人のナンシーを  横田 増生
       河原ノ者・非人・秀吉              服部 秀雄
       ハティのはてしない空             カービー・ラーソン
       いとま申して                   北村 薫 



あ、31冊だ。1冊/1日って感じですね。あたまの10日間いなかったのでどれだけ読めるかと思いましたけど…
“電子書籍”実はモニターでsonyのReaderが当たりまして、旅行に持って行きました。何冊かダウンロードしたのですが読んだのはこれだけ。そうとう入るみたいなので旅行の時とかは便利ですね。
「続あしながおじさん」読もうと思って図書館で検索したら無いんですよ。たしか持ってたはず…と探したらありました。昔の文庫本は字が小さいのが難なんですが。


さてと、次はナスカです♪ (変換する時「ナス科」って出るのよ…ナス科…ナス・トマト・ピーマン・シシトウ???)

by pleiad-subaru | 2012-09-04 23:16 | いろいろ☆

のあ444(ねぐろ6) 悪魔の喉笛♪

「まままま~、いぐあす、いぐあす♡」…というわけでもないでしょうが、“滝行”ののん。
b0061261_21563650.jpg
このあとお帽子が型崩れして、のあままはがっかり(^_^;)


ままままも滝行してたのよ、のん。このボートに乗ってね。滝の下何度も何度もくぐってびしょびしょになったの
b0061261_21555689.jpg
それはもう、笑うしか無い経験でした。さすがの防水カメラも写真らしい写真になりませんでした。いや~楽しかった(^^)




さて、翌日。旅行5日目8月の3日金曜日です。
昨日はブラジル側から見た滝を、この日はアルゼンチン側から観光します。ホテルはブラジルにあるのでバスで国境を越えます。ガイドさんと添乗員さんが全員のパスポートを持ってバスを降り、通関手続きをします。
国境の川には二国橋がかかっていて、その欄干はちょうど真ん中からアルゼンチンの国旗の水色と白、ブラジルの国旗の緑と黄と赤に塗り分けられています。面白~い♪


アルゼンチン側ではトロッコ列車に乗ります。これよ☆
b0061261_22143263.jpg





終点で降りるとこんな看板が…「悪魔の喉笛」って書いてあるんです。
b0061261_2216221.jpg




わお!通路の下になんとワニ!?メガネカイマンの赤ちゃんです。
b0061261_22183436.jpg




水の上に延々と通路が続いています。今見てると向こうの緑がもろ熱帯雨林、ジャングルですねえ(^^)
b0061261_22235997.jpg




着きました!悪魔の喉笛です。
b0061261_22283174.jpg
音もすごいけど、水煙もすごいわよ\(◎o◎)/!



これは別の位置。虹が出ています。
b0061261_22302054.jpg




戻ってきてトロッコの駅近くに来ると、おびただしい蝶の群れ。実はここはトイレのそばです。南洋の蝶が馬のおしっこにたかるってTVでやっていたのをみたことがあるけど、そういうことなのかも??
b0061261_22324852.jpg




ルリサンジャクの写真を撮ったのもここでした。とぼけた顔をもう1枚♪
b0061261_22355890.jpg




トロッコを降り、バスに乗ってしばらく走ります。ここは三国国境地点。手前がアルゼンチン、イグアス川を挟んで向いがブラジル、左側がパラグアイになります。ほぇ~\(◎o◎)/!
b0061261_22381032.jpg




こんなモニュメントも♪ 上には三国の国旗が掲げられています。
b0061261_22384156.jpg




イグアスもこの日まで。夜の8:00に飛行機に乗りペルーのリマへ向かいます。飛行時間は4時間半、明日はセスナに乗ってナスカの地上絵観光です♪

by pleiad-subaru | 2012-09-02 22:00 | 2012 南米旅行♪