のあ361 スメタナの生家・リトミシル♪

東ボヘミアの町リトミシルは、作曲家スメタナの故郷、美しい装飾のリトミシル城は世界遺産に登録されています。

ベドルジハ・スメタナは1824年リトミシル城のビール醸造所の技師の家に生まれました。
なので生家は城の中にあります。幼いころから神童ぶりを発揮して城や町の社交界でピアノ演奏を行っていました。プラハに出たスメタナはチェコを代表する作曲家になりましたが、52歳の時に聴覚を失います。それでも作曲を続け、代表作モルダウ、我が祖国を完成しました。

b0061261_2345035.jpg
これがそのリトミシル城。石を積んであるように見えるのは模様です。

b0061261_2355557.jpg
外壁に描かれた模様はチェスキークルムロフの項でちょっと触れましたが、“スグラフィット”という技法です。
最初に土台になる色を塗り、その上を石灰で作った白で塗りつぶし、下絵を留めて針でつついて模様を転写、最後に余分な石灰をはがして仕上げるそうです。
チョコレートみたいに見える四角の中は果物や草花の模様ですが、ひとつひとつが違うのです。芸が細かい\(◎o◎)/!

b0061261_23114111.jpg
スグラフィットはイタリアで流行っていた技法ですが、16世紀半ばにプラハにもたらされると瞬く間にボヘミア全土に広がって行ったとか。
あちこちで見ましたが、ここのはとてもきれい 圧巻です。
この美しいお城は16世紀後半、当時の主ぺルシュテイン家のヴラスチラフがスペインから迎えた妻のラーラ姫のために建設したそうです。愛されてたのね、お姫さま♡


さて、スメタナ広場
b0061261_23221459.jpg
長い長い石畳の広場、長さは約500mもあります。アーケードがついたさまざまな色の家々がびっしりと立ち並んでいます。

広場の一番奥にあるスメタナの銅像。
b0061261_23284750.jpg

スメタナの銅像のあたりから振り返った広場の眺め。真ん中あたりの高い建物は市庁舎です。天文時計がついていました。
b0061261_23293075.jpg


広場を囲む家々にはそれぞれ番号が付いています。これは≪110番騎士の家≫ちょうど日が当っているファサードに騎士のレリーフがあります。
b0061261_23371339.jpg


こちらは≪127番の家≫ヨゼフ・ヴァーハルという小説家の作品をモチーフに描かれたスグラフィットで壁がうめられています。
b0061261_233914100.jpg


広場の反対側、南端にあるマリア像。1716年にペストの終焉を感謝して建てられました。
b0061261_23412115.jpg


マリア像近くにあるのが本日のホテル、ズラター・フヴェズダ(黄金の星)です。
b0061261_23434823.jpg
この建物は社会主義時代に銀行として使われていました。スイートルームはそのかみの金庫室にあり、金庫があった鉄格子の向こうはバスルームになっているそうです。ホテル備え付けの説明書に写真がありました。
見たかった~(^^)

明日は不思議な星型の聖堂ゼレナ・ホラ、かつての銀山クトナ・ホラを観光してプラハに戻ります。

by pleiad-subaru | 2011-11-29 23:06 | 2011 チェコ旅行♪

のあ360 オロモウツ♪

オロモウツはチェコで5番目に大きな町。
ここにも世界遺産があるのですが…
b0061261_2337968.jpg
それがこれ。ホルニー広場に立つ「三位一体柱」
(柱の後ろに見える交差した白い線は“飛行機雲”です。チェコではやたら飛行機雲を見ました)
三位一体というのはキリスト教の奥義で「父なる神」「神の子イエス」「聖霊」が一体(=唯一の神)であるという教えです。三位一体柱はヨーロッパのあちこちの都市にありますが、ここオロモウツのものが最も大きく小さな建物のようです。
実際本体の中は小さな礼拝堂になっています。
b0061261_23474183.jpg
柱頭部分。
この三位一体柱を作ったのはオロモウツ出身で宮廷お抱えの石の彫刻家、ヴァーツラフ・レンダーです。高さは35m、この柱の除幕式にはマリア・テレジアと夫のフランツ・シュテファン・ロートリンゲン公がウィーンから出向いたとか。

広場の真ん中にたっているのが市庁舎です。手前はカエサルの噴水
b0061261_025348.jpg


市庁舎には仕掛け時計があります。
b0061261_05541.jpg
社会主義時代の名残でいろいろな労働者の人形が動きます。
b0061261_072550.jpg
鍛冶屋さんトンテンカンテン、ミルク缶を持った女性、楽団らしきおじさんたち、赤ちゃんを抱っこした女性、皮エプロンにやっとこ持った男性。
b0061261_074931.jpg
最後に真ん中のフェニックス(?)だかオンドリだかが一声!! …情けない声で拍子抜けでしたわ(^_^;)

泉の多い町で、ヘラクレスの噴水、ジュピターの噴水、アリオーノヴの噴水とあって、これはトリトンの噴水
b0061261_0161655.jpg
カメさんもいます。よ~く見るとちっこい子ガメが甲羅にいくつもへばりついてます。かわいい(^^)
b0061261_0163645.jpg



大きくて入りきりません(^_^;) 聖ヴァーツラフ大聖堂です。
b0061261_024033.jpg
えっ、このすぐ横でプシェミスル家最後の国王、ヴァーツラフ三世が暗殺されたの?今知りました。

めずらしく写真OKです。
b0061261_0263758.jpg
ステンドグラスがきれい☆
b0061261_0282529.jpg
プラハにはミュシャのステンドグラスがあるんですよ。しっかり撮ってきましたからね。お楽しみに(^^)

さて、このあとスメタナの生家のあるリトミシルへ向かいます。今夜の泊まりはリトミシルのホテル、ZLATA HVEZDA(ズレーテ・ハズデ)なんと元銀行だったという建物です♪

by pleiad-subaru | 2011-11-24 23:38 | 2011 チェコ旅行♪

のあ359 ヴァルチツェ城♪

のあです。ままままはのんたんのぽんちょといっしょに おそろいの みにまふらーを おかあちゃんにつくってきました。
b0061261_23441272.jpg
のあ~、まだ布ちょっと残ってるんだ~(^^) のんとおそろいのポンチョつくったげよっか??
きっぱり おことわりします。ってか、つくったらおこるよ!!
ん~、絶対似合うとと思うんだけどな~。残念(^_^;)



~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~



さて、リヒテンシュタインさんのもうひとつのお城、ヴァルチツェ城です。まったくどんだけお金持ちなんだか…
なにせ世界で6番目に小さい国、リヒテンシュタイン公国の元首の家系ですからね。
リヒテンシュタイン公国って名前しか知らない、どこにあるのかと思ったらこんなところでした。
地図の右手がオーストリア、左手がスイス、上側がドイツで、下はイタリアになります。
大きさは淡路島くらいだって。王様がお金持ちだから法人税は有るけど直接税(消費税、所得税、贈与税)は徴収されないのよ。太っ腹ですねえ。


こちらがそのヴァルチツェ城。
b0061261_075668.jpg

入り口にはリヒテンシュタイン家の紋章が掲げられています。
b0061261_013822.jpg


目を横にやるとマリア昇天教会が見えます。
b0061261_0162180.jpg


あれ?
b0061261_020206.jpg
ヘンなかっこの男性が3人歩いてる??

ええ?
b0061261_021979.jpg
アーチになった通路の向こうでたくさんの人がなにやらやってる???

わわっ、なんかかっこいい\(◎o◎)/!
b0061261_0245232.jpg

ロケの最中でした。
b0061261_026021.jpg


去年シリアのお城、クラック・デ・シュバリエに行った時 →こちら も、ロケに遭遇したんですが、やっぱりお城は物語の舞台には最適なのね。あの時はエジプト兵みたいな人たちが狭い城壁の上でチャンチャンバラバラやってましたが…

b0061261_0331635.jpg
おお、かっちょいい(^^)

b0061261_037036.jpg
衣装も凝ってます~。革を格子状に編んだオーバーズボン♪

なんでも「SNOW DRAGON」というドラマで来年TVで放映するそうです。どんなんだろ、見てみたいですねえ。

b0061261_0475941.jpgお城の地下にはワインセラーがあり、販売もしています。近くの丘の南斜面で質の良いブドウが採れ、安くて美味しいモラヴィア白ワインになるそうです。
高級なアイスワインも作られてるとか。あれ高いのよねぇ。甘くて美味しいけど。
ここはオーストリア国境に近いので、オーストリア人が安くて品質がいいモラヴィアワインを買いに来ます。
車に何ケースも積んで帰るらしいですよ。

← 民族衣装を着たワイン☆



帰りにトイレに行ったら女優さん達が何人もお化粧直しの最中でした。衣装がステキで見とれちゃった。ラッキーでしたね(^^)






この日はまたブルノに帰り、翌日は世界遺産の“三位一体柱”のある都市、オロモウツに向かいます。

by pleiad-subaru | 2011-11-21 23:48 | 2011 チェコ旅行♪

のあ358 レドニツェ城♪

まままま特製ポンチョ、バッチリでした~(^^)
b0061261_22455198.jpg
のん、ゆきんこみたいだわ。



~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~~~★~~~~~☆~~~~



さて、レドニツェ城です。
b0061261_22585131.jpg
前々回のクロムニェジーシュもそうでしたがここもリヒテンシュタイン家のお城。レドニツェともうひとつヴァルチツェの城を含めた283.09平方キロメートルが世界遺産に登録されています。



b0061261_23252684.jpg
レドニツェの名前は13世紀から古文書に記されています。



b0061261_2382117.jpg
右側に見えているのは温室です。



19世紀に建て替えられた城はネオゴシック様式の瀟洒な館です。
お城の中はカメラ禁止なので外側の写真ばっかりになっちゃいましたが…
名門リヒテンシュタイン家はハプスブルク家ともつながりがあったのでウィーンの文化も入っています。美しい部屋部屋の中には中国趣味や日本趣味を取り入れた部屋もあり、大きな薩摩焼の壺が飾ってありました。
図書室には見事ならせん階段があります。1本の大きな樫の木を彫りこんで作ってある素晴らしいものです。



お庭がまた広い広い。奥には広大なイギリス庭園が広がっています。
b0061261_23193264.jpg
池の向こうにミナレット(イスラムのモスクについている高い尖塔)が立っています。高さは62m、展望台として使われていたそうです。たまたま馬車が通りかかりました。

ここからヴァルチツェ城までは18世紀初頭に作られた8kmの馬車用の道を走ります。
ヴァルチツェ城ではなんとロケをしていました!!
その様子は次回ね。

by pleiad-subaru | 2011-11-18 22:46 | 2011 チェコ旅行♪

のあ357 のん家庭的??

クリスピークリームドーナツのクリスマスバージョンです。かっわいい~(^^)
b0061261_19521397.jpg
先日池袋に行った我が家の男性陣がおみやげに買ってきてくれました。


うふふのふ♪ こんなん作ってみました。
b0061261_19523246.jpg
のんのポンチョ。
カット布で売っていたフリース490円がコレに化けました。水曜日に持って行って着せるのが楽しみです。


近頃のんはすっかりおねえちゃんになりました。お掃除…
b0061261_2002028.jpg


おとうちゃんとお買い物…
b0061261_2023626.jpg
子供用の“おてつだいカート”いいなあ。

お料理(?)…
b0061261_205220.jpg
あたちが どんぐりすうぷを ごちそうちます♡


先週のあままが歯医者さんに行く間の留守番に行ったのですが、のんだいぶおしゃべりが上手になっていました。柿が「きー」ブドウが「どぅ!」(!つき。)、リンゴは「ご」。チェコみやげの数の本を開けると1を「いー」絵は飛行機です。「ひこーき」おお、はっきり言うわね。さすが飛行機フェチKKの孫娘。2は言えないのですが3は得意。「ちゃー♪」そしていろとりどり3本並んだペットボトルの絵を「じゅーちゅ」えらいぞ。4の絵はねこが4匹です。「や~や」(にゃーにゃー)。

このあいだテーブルの下に隠れていた数字のカードをのんがみつけました。うれしそうに「ちゃ~!」
b0061261_20143925.jpg
のあままが引っ張り出して「おし~い、これは…?」と聞いたら「ご~!!」
5でした。おおお、かちこいぞ、のん\(◎o◎)/!
図形の半分で想像してるんですよねえ。

クロネコヤマトの車に出会っても「や~や」というそうです。にゃ~兄ちゃんがいるからだわね~♪

by pleiad-subaru | 2011-11-13 19:34 | のんたん♪かずまん♪

のあ356 クロムニェジーシュ♪

朝8:00にホテルを出発、トウモロコシやヒマワリの畑が地平線まで続いている道をバスは走ります。ちなみにバスはおベンツです。しばらく走ると丘の上に 大砲と兵隊さんが???
b0061261_22425284.jpg
実はここは歴史に名高いアウステルリッツの戦いの戦場となった場所。1805年ナポレオン率いるフランス軍とオーストリア・ロシア連合軍が戦いました。結果はフランス軍の圧勝。それを記念してついでに宣伝もかねて、この土地を所有している会社が立てた兵隊さんのはりぼてでした。かなり大きいです。



さてクロムニェジーシュ。ここのお城は王侯貴族のものではありませんでした。大司教のお城です。
b0061261_22494311.jpg
b0061261_2250986.jpg
城の入り口の天使像。なかなかいいお顔をしています。反対側の天使は修理中。

12世紀に建てられた大司教の城は1664年にリヒテンシュタイン家の公爵カール二世に引き継がれ、大改築が行われました。リヒテンシュタイン家はここを夏の離宮として使用し、さまざまな趣向で部屋を飾りました。

b0061261_2301426.jpg
おびただしい鹿の頭部が飾られた“狩りの間”

b0061261_2332282.jpg
赤で統一された“薔薇のサロン”

b0061261_235359.jpg
1855年にオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフとロシアのアレクサンダー三世が会談した“皇帝の間”に掲げられたフランツ・ヨーゼフと皇后エリザベート=シシィの肖像。

b0061261_23104535.jpg
プラハの美術館に次ぐコレクションを誇る絵画館。クラナハ、ティツィアーノ、ブリューゲル、ヴァン・ダイク等々15世紀から19世紀にいたるドイツ、イタリア、オランダの巨匠の描いたものです。

b0061261_23145863.jpg
ピントが甘くてすみません。帝国会議が開かれた“会議の間”大司教の肖像画がかけられ、天井からは見事なクリスタルのシャンデリアがいくつもさがっています。椅子が並んでいますがここでコンサートが開かれるらしい。そういえばアマデウスをこのお城で撮影したのだそうですが、さしずめこの部屋なんかはピッタリですね。そのうちDVD借りてこよう。

b0061261_23194715.jpg
美しい天井画のある“図書館”クラシックな地球儀や天球儀がいくつもあります。
b0061261_23281724.jpg
蔵書は3300冊を数えるそうな…

お庭も見事。
b0061261_23314593.jpg
ミニ動物園があり、クジャクやうさぎは放し飼いになってそのへんをうろうろしています。b0061261_23352387.jpgb0061261_23354616.jpg












さて、次の見学場所はフラワーガーデンです。
b0061261_2341978.jpg
城の東に位置する19世紀のバロック庭園。
b0061261_23431776.jpg
唐草模様の中側の植物の色が鮮やかです。
b0061261_23453150.jpg
庭園の北側に回廊があり、この上から景色を楽しめるようになっているのです。

庭園の中央にある八角形の“ロトゥンダ”の内部。最初の写真に写っているブルーの屋根の建物です。中には入れないので外からのぞきます。
b0061261_23514644.jpg
わあぁ 美しい天井画(*^_^*)

b0061261_23505580.jpg
中にあるのは天井からつり下がった黄金の玉。これ、“フーコーの振り子”なんですって。フーコーの振り子ってなんぞや??っていうと…『フランスの実験物理学者J・B・L・フーコーが1851年に考案した振り子で、地球の自転が単振り子の振動面に与える影響力を調べる装置である』そうです。
要は振り子の描く軌跡によって地球の自転を証明するものなんですって。

クロムニェジーシュは城とその庭園、そしてこのフラワーガーデンが1998年世界遺産に登録されました。


これからお昼です。トマトとキュウリ、パプリカのサラダ(こちらでは生のピーマンやパプリカがよく出ます)にビーフとクリームソースのクネドリーキ、デザートはクレープとバナナ(^^)

午後はレドニツェ城、バルチツェ城。これぜ~んぶリヒテンシュタインさんの持ちものでした。どれだけ豊かだったんでしょうね???

by pleiad-subaru | 2011-11-11 22:46 | 2011 チェコ旅行♪

のあ355 20112年AVONお花のカレンダー♪

熟れた柿の実でお食事中のメジロさん♪
b0061261_2133233.jpg
今日プールから帰ってきて洗った水着やタオルをベランダで干してたら、キュルキュル♪って声がしたので手すり越しに見降ろすと、1階のK野さんの専用庭にメジロが来てました。さっそくカメラを持ってきてパチリ。甘いのが好きなのよね(^^)


さてと…もうこんな季節になりましたよ。
b0061261_21826.jpg
AVON2012年お花のカレンダー。予定を書き込むことができてポケットもついてる、冷蔵庫やトイレにぴったり。あ、もちろんお部屋にも玄関にもね。

今回のお花はフラワーコーディネーター 金子美保子さんのアレンジ&撮影です。これは3月…
b0061261_2181713.jpg


7月
b0061261_2182942.jpg


11月
b0061261_2184246.jpg


ご希望の方はお知らせくださいね。あ、例によって≪一見さんお断り≫とさせていただきますので悪しからず。


チェコ旅行も続けなくてはね。これは映画「アマデウス」を撮影しが行われたクロムニェジーシュ城です。次回に詳しく(^^)
b0061261_2119383.jpg

by pleiad-subaru | 2011-11-08 21:06 | お知らせ

のあ354 ブルノ その2♪

メンデルの法則が生まれたここブルノには不思議なモノがあるんです。これは古い市庁舎の建物。
b0061261_031529.jpg
中へ一歩入るとそこには…

b0061261_05199.jpg
車輪???

b0061261_05537.jpg
わ、ワニ!!!

実はこの車輪、「1636年の5月14日に40キロ離れた街からブルノまで ひとりで転がってきたとされている伝説の輪」なんです\(◎o◎)/! ほんとかね…

でもってこのワニは「ブルノのドラゴン」その昔、ドラゴンがブルノに現れて家畜を食い荒らし、人間にも危害を加えていたそうな。市の参事会はドラゴンを退治した者には褒美を出すとお触れを出し、ひとりの若者が知恵をしぼって見事に怪獣を退治したそうな。…って、やっぱりワニじゃん(^_^;) ま、とりあえずこれが伝説のドラゴンです。ちなみにレプリカです。

b0061261_064358.jpg
こ~んな感じに下がっています。この建物郷土博物館と観光案内所がはいっているんですが通り抜けできるので、ワニの下を普通に人が通って行きます。…やっぱり変。


どこを切り取っても絵になるブルノの街。
b0061261_017546.jpg


b0061261_0211322.jpg


b0061261_023687.jpg


b0061261_0235920.jpg


b0061261_0221841.jpg
これは聖ヤクプ教会

b0061261_025412.jpg
こちらはホテルの右手に遠く見えたコメンスキー教会

b0061261_0284821.jpg
緑の広場にあるパルナスの噴水です。この日は市が休みで広場はがらんとしています。

b0061261_0335538.jpg
やはり緑の広場にあるペスト柱。荒れ狂ったペストの終焉を祝って建てられるペスト柱、ヨーロッパのあちこちの街で見かけます。お伽の街のようだったチェスキー・クルムロフの広場にもありました。

連泊で出発時間まで余裕があったため、朝ごはんのあとにゆっくり散策できました。写真をとりながら歩いていたらいつのまにかぐるりとまわって、ホテルのある道路まで出てきました。
いいなぁブルノ。KKも私もこの街がすっかり気に入りました。

あ、こんなものも…
b0061261_041529.jpg
「スタロ・ブルノ」ブルノの地ビールです。
モラヴィア地方ではビールといえばこれ。チェコ、ほんとにビールが美味しいです(^^)

お城まで行きつきませんでした。クロムニェジーシュ、レドニツェ、ヴァルチツェのお城は次回に…

by pleiad-subaru | 2011-11-05 00:01 | 2011 チェコ旅行♪

のあ353 10月のまとめ♪

これは例の水戸で撮ってきた写真を携帯の待ち受け用にもらったうちの1枚。現在の私の携帯の待ち受けです(*^_^*)
b0061261_2252354.jpg


さてさて、10月のまとめを…待ち受け用のんをはさみながら。

<10月のまとめ>

<10月ののん>
   言葉がだいぶ出るようになってきたと思ってましたら…出ましたよ、「2語文」!!
   のんは「3」という数字がわかるのですが(本人の家が3階で…)エレベーターを降りたところにある「3」を指さして
   「ちゃ~(3のこと) あった♪」って言ったんですって。うほほ、楽しみ~(^^♪

b0061261_22565438.jpg


<10月に行ったコンサート>
   CRYSTAL GEYSER presents
     STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour スピンオフ
     「おいしいトコロをちょっとずつ」


<10月に買ったCD>
   STARDUST REVUE 『Goodtimes & Badtimes』

b0061261_2323071.jpg


<10月に買ったDVD>
   STARDUST REVUE 『つま恋100(&1)曲ライブ ~日本全国味めぐり~』
   バースディプレゼントということでKAZUに買ってもらいました(^^)

b0061261_233379.jpg


<10月に読んだ本>
     悪童 エリカ&パトリック事件簿          カミラ・レックバリ
     蠢く吉原                     辻井 南青紀
     不可能                      松浦 寿輝
     ヒトリシズカ                   誉田 哲也
     ハング                      誉田 哲也
     鬼降る森                     高山 文彦
     主よ永遠の休息を                 誉田 哲也
     書店繁盛記                    田口 久美子
     緋色の習作 シャーロック・ホームズ全集①     A・C・ドイル
     (慢)くるねこ⑧                 くるねこ大和
     図書館戦争                    有川 浩
     図書館内乱                    有川 浩
     終電車ならとっくに行ってしまった         フジモト マサル
     図書館危機                    有川 浩
     図書館革命                    有川 浩
     別冊 図書館戦争Ⅰ                有川 浩
     別冊 図書館戦争Ⅱ                有川 浩
     ニ度寝で番茶                   木皿 泉
     ちくちくトントン マキちゃんの家         大谷 マキ・鈴木 るみこ
     はるかな国の兄弟                 アストリッド・リンドグレーン
     俳風三麗花                    三田 完
     草の花 俳風三麗花                三田 完
     庭の小道から 英国ガーデニングのエッセンス    スーザン・ヒル
     (慢)絶対可憐チルドレン27           椎名 高志
     (慢)ほっこり時間 リラックマ生活⑨       コンドウ アキ
     (慢)あたしンち⑰                けら えいこ
     家庭で作れるトルコ料理              荻野 恭子
     (慢)聖☆おにいさん               中村 光
     かんさい絵ことば辞典               ニシワキ タダシ
     夢をかなえるゾウ                 水野 敬也
     小太郎の左腕                   和田 竜
     黒いマナー                    酒井 順子
     三匹のおっさん                  有川 浩
     そのころ白旗アパートでは             伊藤 たかみ
     ペーパーシンドローム               大谷 有紀
     塩の街                      有川 浩
     駆け込みセーフ                  酒井 順子
     犬婿入り                     多和田 葉子
     鬼哭啾啾                     辛 叔玉
     地球のはぐれ方 東京するめクラブ         村上 春樹・吉田 由美・都築 響一
     一命                       滝口 康彦
     綺譚集                      津原 泰水
   
b0061261_23262314.jpg
 


42冊ですね。365冊越えました。3カ月安静でソファで暮らしていた時たくさん読んだからですね。
図書館戦争シリーズをK玉さんにまとめて貸してもらったので、有川浩が多いです。物語を紡ぐのが上手なひとだとつくづく思いますね。「三匹のおっさん」は表紙とカットがかわいいのですが、「ゆず」がいるので???と思ったらやっぱり須藤真澄でした。
「はるかな国の兄弟」は「長靴下のピッピ」のリンドグレーンです。重いけど心に残る児童文学でした。挿絵もいいのよね。


b0061261_2338481.jpg
でもって ぼくのことも おわすれなくね~☆

by pleiad-subaru | 2011-11-01 22:07 | いろいろ☆