カテゴリ:おでかけおでかけ♪( 275 )

のあ522 足立美術館♪

b0061261_1829484.jpg

KKと山陰旅行に来ています。ここは庭園美世界一を誇る足立美術館。

朝 羽田をたって岡山空港に到着。中国地方を横断して、今玉造温泉にいます。
明日は出雲大社参拝の後、出雲歴史博物館に行きます。楽しみ(^^)

by pleiad-subaru | 2013-07-28 18:29 | おでかけおでかけ♪

のあ517 マンダリン・オリエンタル♪

雨はなんとかあがりましたが、低く垂れこめた空。遠くにスカイツリーが見えます。
b0061261_2021836.jpg
ここはなんとトイレの窓からの眺め。マンダリン・オリエンタルホテル28階です。


本日はひさしぶりに妹のKakkoちゃんとデート。彼女の希望でここのアフタヌーンティーを楽しむためにやってきました。
b0061261_20284675.jpg
日曜とあって予約が3時半からしか取れませんでしたが、窓辺の2人席 目の下が日銀の建物です。皇居、東京タワーの先っぽ、東京駅、武道館の光るタマネギも見えます。最初のサンドイッチ、ナイフとフォークもついてきますが上品に作られた小さめのサンドイッチ♪ ひと口で食べられちゃう。

最初のお茶はオランジュ・ショコラ。Kakkoちゃんは今月のお茶、さくらんぼの紅茶です。
ちなみにお茶のおかわりは何杯でもOK。カップが空になるとすぐにお茶のメニューを持ってきてくれます。
その種類ってばとても飲みきれません。紅茶の他にウーロン茶やプーアル茶、ハーブティーにロイヤルミルクティー、各種コーヒーも。それぞれホット、アイスを指定できます。
マスカットティーのアイスもね。


三種類のスコーンとさくらんぼのジャム、クロテッドクリーム、トロピカルフルーツのクリーム。
ひと口のゼリー、上にエディブルフラワーがのってます。しゃれてるけどお花ってあんまりおいしいもんじゃないわよね。その間もせっせとお茶はおかわりしています(^_^;)

b0061261_20411512.jpg
 最後のケーキ♡
コンセプトは「桃」、桃のマカロン、ピーチパイ、桃のゼリー、ピーチメルバ、チキンのサンドイッチにチョコレートケーキ、ピンクのまるいのはチーズケーキです。
おいしいものをいただきながら姉妹2人でしゃべるしゃべる。私の入院中もいつも一度は顔をだしてくれていたんですけど、実はその時はいつも夫婦で来てくれていたのでなかなか女同士のくだけた話ができなかったのよねえ。
しっかり愚痴きいてもらってすっきりしました(^^)

7月に温泉に行く相談もまとまったし♪
鼻先にしっかりニンジンをぶらさげてリハビリ頑張ります。




***************************************************


腎臓内科での検査結果、聞きに行きました。
私の腎臓が悪くなった原因が抗がん剤シスプラチンであるということが証明できました。
膠原病でも腎臓がんでもないことがはっきりしたのです。
はっきりしても治療法はないんですけどね。
あ、でも1.45だったクレアチニン値が1.38になりましたよ(正常値0.4~0.8。日大では0.9になってましたが)すこ~しだけ下がりました。
「このまま1を切るところまで行くといいんですがね」
ほんと、そうなるといいんですけど!!

食事は塩分を控えてますが…
「たんぱく質がいけないんです」
たんぱく質??って…
「肉、魚、植物性たんぱく、大豆とか」
ええ、豆腐とかいかにも身体によさそうなのに(-"-)
野菜は?
「あんまり摂りすぎるとカリウムが増えてよくありません」

栄養指導を受けられるというので予約してきました。
ついでにいた~い注射も受けて来ました。
腎臓が赤血球を作りにくくなっているので貧血になっているので(エリスロポエチンっていうのが少ないんだそうです)それを助ける注射です。

治療らしい治療はできないので今後は近くの病院で経過観察でもいいとのことでしたが、もう2、3回はプロの目で診断してもらうのがベストかと、来月の受診の予約もしてきました。
坂本先生に報告するために検査結果のコピーをもらいました。
直接お手紙も出してくださるそうです。
まあね、今年は体力回復とリハビリに専念するつもりでいたし、毎年受けてる人間ドックも今年はあちこちで検査してるからやめておくことにもしたので 予算的にもいいかなと。

治るといいな~、頑張れ私の腎臓!!

by pleiad-subaru | 2013-06-19 20:41 | おでかけおでかけ♪

のあ441 レンゲショウマに会いに…赤城自然園♪

南米旅行記、始まったばかりですがちょこっと割り込み。木曜日、赤城自然園を訪ねる日帰りツアーに行ってきました。

b0061261_22505561.jpg
この花この花…名前聞いたのに忘れました。
ねこじゃらしさんが教えてくださいました。シキンカラマツね (^^)

赤城自然園は花ねこ日記のねこじゃらしさんの”縄張り”です。いつも見せていただいてる野生の花々に憧れて、マツムシソウやレンゲショウマに会いたいなあと思っていたら、シロリンままがこんなツアーがあるよと誘ってくれました♪


8時新宿集合、ということは私は5時起き。6時前に家を出ました。
新宿のコクーンタワー前当たりはバスツアーのメッカらしく、観光バスがたくさん停まっています。私たちの乗るバスはちっこい茶色いバスでした。参加人数が11名だったのです。
出発したバスはいつのまにか豊玉陸橋をくぐってる…ここはいつも娘の家に行く時連絡するポイントです。ここを過ぎると間もなく着くのです。
「私、明日もここ通るのよ。のんにおみやげ私に行くんだもん」
ねこじゃらしさんがお花を仕入れに来る道を私たちのバスは逆にたどっているわけですね。


さて赤城自然園、てっきり群馬県のものかと思っていたのですが 実はクレディセゾンの経営でした。
ここってあの西武グループを率いていた堤清二氏が、松林だったところを木を切り(一部は残し)、木も石も草もすべてを新しく持ってきて作った人工の自然なんです。
百貨店の屋上でカブトムシを売っているのを見て、これではいけないと採算を度外視してこしらえたそうな。
どれだけ金持なの…って気もしますがすごいことですよね。


車はすいすいと進み赤城自然園に着きました。
園の方がガイドとして散策に同行してくれます。この日はかなり暑い日でした。

b0061261_2324043.jpg
黄色が鮮やかなキンミズヒキ


b0061261_23262697.jpg
これ、何だと思います?
あのね、ハイイロチョッキリっていう虫がミズナラのドングリに卵をうみつけるの。(その証拠にドングリには小さい穴が開いています)そのあとせっせと枝をかじって地上に落とすんです。幼虫はドングリを餌に育つのね。道にはこうして落とされたドングリつきの葉っぱがたくさんありました。言ってるそばから頭の上に落ちてきました(^_^;)


え~と、これがお昼のお弁当。上州御用鶏飯弁当。ちょっとvボリュームがあり過ぎて半分残しちゃった。風邪が吹き抜けるお休み処でいただきました。
b0061261_23203349.jpg



b0061261_23321685.jpg
シュウカイドウ


b0061261_23334386.jpg
キキョウ


b0061261_23341740.jpg
オミナエシ。赤とんぼもあちこち飛び回っています。


b0061261_2337776.jpg
フシグロセンノウ


b0061261_23375857.jpg
このコントラストの激しい実はヤマシャクヤクです。ガイドのくにかねさんの話では「天使のような花、悪魔のような実」だそうです。ちなみに花はこんな。
b0061261_2340179.jpg



b0061261_23415483.jpg
あっ、これはウチの近所にも咲くわよ。キツネノカミソリ


b0061261_23431211.jpg
マツムシソウが、マツムシソウがっ!
…憧れの花に会えたのにロクな写真が撮れてませんでした。列を作って歩きながらだからなぁ(^_^;)って、言い訳。


b0061261_23461055.jpg
これはキセワタ。着せ綿?


b0061261_23473886.jpg
ツリフネソウ。花がぶらさがったようになっていてそっとつついてやるとゆらゆらゆれます。


b0061261_23492852.jpg
オトモダチのキツリフネ


そしてこれが憧れのレンゲショウマです。別名「森の妖精」
b0061261_23512269.jpg

御岳山に群生してるらしいですけどこのレンゲショウマは園内の別の場所に生えていたのを だんだんに増やしてきたもの。今ここレンゲショウマの小道と呼ばれています。
b0061261_2354736.jpg
下を向いて咲く恥ずかしがりの花なのでなかなかうまく撮れません。


虫も多く、トンボの他にもカミキリやバッタ、鮮やかなイモムシ、屋根のある砂地にはアリジゴク。池ではくるくる回るハイイロゲンゴロウやアメンボを見ました。そしてアサギマダラ。渡りをする美しい蝶です。ふうわりと森の奥へ滑空して消えて行きました。
もう少しするとフジバカマの上を飛び交う姿がみられるそうです。
このアサギマダラの詩が…

   『てふてふが1匹 韃靼海峡を渡って行った』   安西 冬衛「春」

そしてその返歌(?)

   《蝶来タレリ!》韃靼ノ兵ドヨメキヌ   辻 征夫

韃靼海峡は間宮海峡のことです。小さな体で海を渡るってすごいなあ。渡り鳥でもすごいのに渡り蝶ですからね。



b0061261_0262678.jpg
最後にHiroriさん作のエコクラフトを…(シロリンままと私はパス)なんだか正体不明だけど、性格はよさそうだぞ♪


季節を変えてまたぜひ訪れたい赤城自然園でした。ねこじゃらしさんは“年間パスポート”なんだろうなぁと思いつつ、帰りのバスに揺られる私たちでした。

by pleiad-subaru | 2012-08-25 23:18 | おでかけおでかけ♪

のあ432 シリア2010

シリアの古い都、アレッポのシタデル(城塞)です。
b0061261_21355942.jpg
今は戦場になっているのですね。ここに立ったのはたった2年前のことなのに。



b0061261_21394438.jpg
悠久のユーフラテスの流れです。この日のお昼はこの川で捕れたナマズのお料理だったのでした。




b0061261_21425391.jpg
パルミラ遺跡のだっちゅ。旅のお伴でした。南米にも一緒に行こうね。



b0061261_2145254.jpg
夜のパルミラ入り口。この日の月は三日月でした。




b0061261_21465949.jpg
首都ダマスカスにあるウマイヤドモスクウマイヤ 朝第6代カリフのワリード1世によって705年(ヒジュラ暦86年)にダマスカスに建築された 現存する世界最古のモスクです。
私たち女性はここに入場するにあたって、“ネズミ男”のようなフード付きの、グレーでぺらぺらした長袖のコートを借りて着なくてはなりませんでした。足は裸足です。ぺたぺた♪
ここには「洗礼者ヨハネの首塚」があるんですよ。
サロメが踊りの褒美にねだった首です。


b0061261_21563643.jpg
ステンドグラスが美しい礼拝堂の中。中央左の小屋みたいになっていて、人が立ち止まってのぞいているのがヨハネのお墓です。



ダマスカスの街中、門をくぐって続くのは聖書に“まっすぐな道”と書かれた道です。
b0061261_2201162.jpg
使徒行伝に出てくるのですが、イエスの弟子たちを迫害していたサウロがダマスカスに入る手前の道で雷に打たれ、視力を失います。その時に天から声がして「サウロ、サウロ、なぜあなたは私を迫害するのか」という声を聞いたのです。
目が見えなくなった彼がこの「まっすぐな道」にある家にいた時に、アナニヤという人が現れ、彼の目を元通り見えるようにしてくれ、サウロは悔い改めて名をパウロと変え 熱心なキリスト教信者として伝道の旅に出るのです。
はるか昔、学校の礼拝で読んだ物語の舞台に自分の足で立ってるなんて…不思議。



そのアナニヤを記念した、聖アナニヤ教会を出たところで出くわした子どもたち。
b0061261_22141085.jpg
天使のかっこうをしていました。かわいくって思わずパチリ。



この子たちは無事なのでしょうか。首都ダマスカスも大変なことになっていますよね。
今は行けないシリア、旅行した時はのどかなよい国に思えたのですが旅人には見えない澱が水面下にたまっていたのかもしれません。
アサド政権も終焉も間近なようです。同じ国の民どうしが戦わないでもいい日が1日でも早く来ますように。

by pleiad-subaru | 2012-07-22 21:41 | おでかけおでかけ♪

のあ415 5時間程度まったりと♪

「オールキャストで大謝恩会~5時間程度まったりと~おみやげ付き」長い名前のコンサートに行ってきました(^^)
b0061261_2204769.jpg

ここはさいたまスーパーアリーナ、のんの誕生日だというのにごめんねして(1日のばしてもらいまいした)やってきたのはSTARDUST REVUEの30周年記年コンサートの仕上げ。
たまあり、横を新幹線で通ることはよくありますが来たのははじめて。駅名は「さいたま新都心」です。


長い列に並んで入るとお花がたくさん♪
b0061261_2245036.jpg
杉山清貴・渡辺美里・大泉洋・キマグレン…おお、GOS兄さんたちからのもあるじゃない。
b0061261_2253793.jpg



“おみやげ”を受け取ってどんどん中へ。(おみやげはキャンバス地の肩掛けバッグの中に、シンビーノのジャワティー紅白各1本、ステッカーにスタレビ仕様のキスミントガム。バッグだけでも1500円します)
Kazuが母の日のプレゼントだといってアルバムを2枚買ってくれました。サンキュ(^^)  
混んでる中を奥に進むとさいたま物産展が開催中。
行田名物ゼリーフライ購入。ゼリーじゃないのよ、おからコロッケみたいなもの。ちょっとのうちにものすごい行列になりました。早めに買っといてよかった♪


これはDVD「行田市おっぺし!観光大使」の中でスタレビの面々が描いた直筆スケッチです。
b0061261_2273375.jpg







スタレビ神社の鳥居の向こうは衣装やこれまで30年のポスターなどが展示してありおおにぎわい。
写真を撮るコーナーもたくさんあって、そのなかのひとつでパチリ♪ 柿沼さんと並ぶKazu。
b0061261_227154.jpg



ここでブログのおともだち、ふーしゃんと待ち合わせ。
お会いするのは3回目です。この日のためにはるばる三重県から駆けつけました。
ふーしゃん、ひさしぶり。変わってないねっ♪
お家を何時に出てきたの? 7時だそうです。
なにしろ、スタレビ熱はふーしゃんから伝染されました(^^)
私どころか息子のKazuまで、いまやどっぷりですからね。





13:00開演です。お名残り惜しいけどふーしゃんとバイバイ、席を探します。え~と236扉、14列752,753番…すっごい、何人くらい入ってるんだろ。
b0061261_21502451.jpg


オープニングアナウンサー(録画)はなんと松たか子さんです♪

スタレビは太っ腹よ~。トークタイムに限っては写真、録音OKです。
b0061261_21542961.jpg
なにしろ遠いしライトがまぶしくてあまりうまく撮れてませんが、なんとか見られるのはこのくらい。
b0061261_22102846.jpg


ゲストになんとゴスペラーズが!!\(◎o◎)/♪
b0061261_21544431.jpg
うわ~、私のためかしらと思っちゃうくらいうれしかったです。なんとオイシい(^v^)
「永遠に」と「Charming」を一緒に歌ってくれました。


「AMAZING GRACE 」から「Find My Way」まで33曲。
アンコールで 6曲、そして最後の最後にデビュー曲「シュガーはお年頃」
30分の休憩挟んで正味5時間半のコンサートでした。もうもう中身が濃いったら。
セットリストは→こちら

気がついたら朝ご飯6時半、そのあとは開演前にさいたま物産展できなこアイス食べたきり。家に着いたら9時でした。全然空腹感感じなかったです。

7月のSOUL POWERまで(あ、これはGOSです)しばらくコンサート予定ありませんが、Kazuにもらったアルバム聞きたおすことにします(^^)

by pleiad-subaru | 2012-05-25 22:05 | おでかけおでかけ♪

のあ413 第14回 国際バラとガーデニングショウ♪

妹の孫娘と同じ名前のバラです。「ほのか」
b0061261_20341776.jpg
ちょっと古い話になりますが…ちょうど1週間前、シロリンままと行ってまいりました。西武ドームで5月12日から20日まで行われていた「国際バラとガーデニングショウ」
のあままも行きたかったのですが、動きの激しいのんを連れて人ごみへ行くのはあんまりなので今回は涙を呑んであきらめました。去年は抱っこひもでのんをくくりつけて、果敢にでかけたんですよ。その上にのんと同じ名前のバラ「のぞみ」の鉢まで抱えて帰ったというから、我が娘ながらあっぱれですね~(^^)
去年の私はといえば、座骨神経痛でうなっていたころです。


西武ライオンズが追んだされた西武ドームで毎年開かれているガーデニングショウ、会場の全体はこんな感じです。
b0061261_20463431.jpg


b0061261_20472635.jpg
「夜の調べ」

b0061261_2050136.jpg
「クチュール・ローズ・チリア」


キャス・キッドソンのシンボルガーデンです。並んで入ってみました。
b0061261_20531244.jpg

コッツ・ウォルズの彼女の庭の雰囲気をガーデン・デザイナー、マーク・チャップマンが再現しているそうです。
b0061261_20553781.jpg

小物も彼女の小花柄プリント♪ショーツも干してありました(^_^;)
b0061261_20584987.jpg

キャス・キッドソン、若い人には人気ですが、私はあんまりぴんとこなくて…妹とコッツ・ウォルズに行った時も何にも買ってこなかったんですが…


変わったバラもたくさん。
b0061261_2115933.jpg

b0061261_213430.jpg

b0061261_2141363.jpg




今年はこんなものも話題でしたね。
b0061261_21113088.jpg
b0061261_21101999.jpg
「ベルサイユのばら」という名の深紅の花。


吉谷桂子さんの「ねむり姫のの庭」
b0061261_2116890.jpg
去年吉谷桂子さんはのあままの胸にくくりつけられたのんのことを可愛いわねと言ってくださったそうです(^^)




「天使の舞い降りるローズアベニュー」
b0061261_21192889.jpg



b0061261_2121266.jpg

立体的な絵のようです。

b0061261_21221361.jpg


b0061261_21251251.jpg




ガーデン部門の小さな作品を2つほど…
b0061261_21262421.jpgb0061261_21263843.jpg



















ああ、もうあれもこれもご紹介したいっ!!



b0061261_21294225.jpg



幸せなバラまみれの一日でございました(^^)

by pleiad-subaru | 2012-05-21 20:39 | おでかけおでかけ♪

のあ405 高遠のコヒガン桜♪

標高1000mのホテルを8時に出発、バスは一路高遠に向かいます。
昨日の話ではまだ桜はつぼみだということでしたが、気温が高かったため咲きすすみ3分咲き、南ゲートの外側ではかなり咲いているという話です。いいぞいいぞ♪
b0061261_21432256.jpg

コヒガン桜はソメイヨシノに比べて赤みが濃いので、“血染めの桜”なんぞと呼ばれています。


b0061261_21502542.jpg

もとはと言えばこの城は山本勘助が縄張りした城で、1582年(天正10年)に武田信玄の五男 仁科盛信が城主の時に織田軍により落とされました。落城の際命を落とした兵たちの血で染められた桜だ、ということなんですが…


b0061261_2156518.jpg

寄せ手の大将・織田信忠はこの時籠城していた信玄の娘・松姫と元婚約者同士だったんですって。悲劇ですね(T_T)




高遠といえば絵島の囲み屋敷でも知られています。よしながふみさんの「大奥」にも出てきたぞ~。
b0061261_221382.jpg

敷地が狭くて全景写真が撮れませぬ(^_^;) せっまいの。KK曰く「松下村塾」よりはまし」まあね。

b0061261_22254790.jpg

お芝居見に行くことも、帰城が遅れることもきっと何度もあったことだろうに、大奥の勢力争いに利用されて見せしめにされちゃったんですね。
紙も筆もお菓子も禁じられて、檻の中のような一間で27年間も暮らしたんですって。あまりにもかわいそう(T_T)


約70分の散策を終えて駐車場に戻ると…すっごい! 6台しか停まっていなかった大型バスが広い駐車場を埋めていました。20台?30台?もっとかも。
バスに乗り込んで馬見塚公園へ。

b0061261_22342157.jpg

池の周りに桜とツツジがあるのですが、桜はまだちょっと早いかな。
とうとう空が泣きだしました。

次に着いたのは枝垂れ桜で有名な光前寺。今まで桜、とりあえず大当たりでしたがここは大外れ(^_^;) そううまくばかりは行かないわよね。
b0061261_22562743.jpg

なかなか立派なお寺さんです。

b0061261_2325883.jpgb0061261_2325247.jpg











軒下の狛犬さん(?)もいい感じ。

さてこのお寺には伝説がありまして…これがその主人公、山犬の早太郎君。
b0061261_2375070.jpg
どんな伝説化と言いますと…

今よりおよそ700年程も前、光前寺に早太郎というたいへん強い山犬が飼われていました。
その頃、遠州府中(静岡県磐田市)見付天神社では田畑が荒らされないようにと、毎年祭りの日に白羽の矢の立てられた家の娘を、生け贄として神様に捧げる人身御供という悲しい習わしがありました。
ある年、村を通りかかった旅の僧である一実坊弁存(いちじつぼうべんぞん)は、神様がそんな悪いことをするはずがないと、その正体をみとどけることにしました。祭りの夜にようすをうかがっていると、大きな怪物が現れ『今宵、この場に居るまいな。早太郎は居るまいな。信州信濃の早太郎。早太郎には知られるな』などと言いながら、娘をさらっていきました。
弁存はすぐさま信州へ向かい、ようやく光前寺の早太郎をさがし当てると、早太郎をかり受けると急ぎ見付村へと帰りました。
次の祭りの日には、早太郎が娘の代わりとなって怪物と戦い、それまで村人を苦しめていた怪物(老ヒヒ)を退治しました。
早太郎は化け物との戦いで傷を負いましたが、光前寺までなんとか帰り着くと、和尚さんに怪物退治を知らせるかのように一声高く吠えて息をひきとってしまいました。
現在、光前寺の本堂の横に、早太郎のお墓がまつられています。
また、早太郎をかり受けた弁存は、早太郎の供養にと《大般若経》を写経し光前寺へと奉納いたしました。この経本は現在でも、光前寺の宝として大切に残されています。

とな。(宝積山光前寺 公式サイトから)

これが今に残る 霊犬・早太郎のお墓です。
b0061261_23104612.jpg
…しかし、白羽の矢って。老ヒヒって。???ものすごいですね~(^_^;)


あとこのお寺、実はヒカリゴケでも有名なんですって。参道の両脇の石垣の石と石のすきまにヒカリゴケが生えていて、光を反射して微かに光ります。見えるかな~。
b0061261_23154488.jpg
奥のぼーっと緑色に見えてるのがそうなんですが。


このあと、飯田の夫婦桜を見てバスは帰路に。松戸に戻ったのは午後8時を過ぎた頃でした。
桜と紅葉はなかなかいい時に会えないのですが、今回は松本・高遠と大当たり(^^) 桜満喫の旅でした。

by pleiad-subaru | 2012-04-26 21:43 | おでかけおでかけ♪

のあ404 春を見つける夫婦旅(!?)

「快適な車内空間! スーパーリクライニング シートバスで行く 春を見つける夫婦旅 高遠コヒガン桜と夫婦桜 4食付き! 好評の木曽御岳温泉「木曽駒高原ホテル」…2時間ドラマもまっつあおの長い長い名前のツアーです。クラブツーリズムの1泊バスツアー、松本城に行ったことがないKKと 一度高遠の桜を見たかった私とで出かけてきました♪

雪を頂くアルプスの峰々をバックの、国宝松本城です。
b0061261_21373143.jpg


600円払って天守閣に登ります。ご存知の方はご存知だと(なんちゅう日本語だ…)思いますが、実は羽月城の天守閣のモデルは松本城なんですよ~。外側は姫路城と松本城のミックスです、えへへ。
しっかしすごい段差だ、角度も急だし。おずるずるの打ちかけではあがれないな~。女性はふくらはぎ丸見えになっちゃいそう。袴でもあぶないぞ、兄ちゃんか五郎次しかあがれないぞ~。
最高層の6階です。みなさん動いてるんでブレブレ(^_^;)
b0061261_21485720.jpg

天主の高さは29.4m、外から見ると五重、実際は6階建になっています。
階段は急でおまけに幅がない。上るより降りる方が怖いです。


b0061261_21534663.jpg
2階の武者窓からは満開の桜がのぞいています。予想ではまだつぼみということでしたが、私たちの行く直前2日間が暖かい日で一気に咲いてくれたらしいです。

b0061261_21563755.jpg
跳ね上げ戸からはお濠の鯉まで見わたせます。天主の中には火縄銃のコレクションや陣傘、鎧などが陳列してあります。


b0061261_22771.jpg
これは(加藤)清正公駒つなぎの桜と呼ばれる枝垂れ桜。

b0061261_22152094.jpg
…という謂われがあるんですが、清正ずーずーしいじゃん、と思ってしまった凡人のワタクシ…(^_^;)


このあとは奈良井宿へ。
b0061261_22355213.jpg
ここは「カーネーション」の前の朝ドラ「おひさま」のロケが行われたところです。旧中山道の宿場で鳥居峠の上り口にあり川に沿って1kmにわたって街並みが並んでいます。
b0061261_22192799.jpg



マンホールを1枚。
b0061261_22245875.jpg
凛さん、お元気ですか(^^)

b0061261_22255024.jpg

いかにもなお店が並んでいます。クルミ味噌味のおやきを購入、かじりながら散策します♪
b0061261_22261234.jpg


b0061261_22283977.jpg
この「中村邸」は塩尻市指定の文化財。「おひさま」の中では渡辺えりが夫婦で経営している飴屋さんとして使われていました。本当は櫛屋さんだったんですね。そうそう「おろく櫛」は木曽の名物だそうですよ。

b0061261_224145100.jpg
鎮(しずめ)神社です。

b0061261_2245069.jpgb0061261_2245184.jpg











狛犬さん。阿行は金色の玉を持ち、吽行はこどもを連れてます。







本日の観光はこれにて終わり、宿は“標高1000mにたたずむ天空のホテル”う~ん、まあ確かに高いとこにありましたけどね。本来はゴルフ場付属のホテルで季節外に一般の観光客が来る感じかなあ。
私たち一行の貸し切り状態だったのでゆっくりすることができました。10時ごろお風呂に行ったらしばらく独り占めだったもんね♪ 東名できしきしと鳴るようなお湯。やっぱり温泉は最高です(^^)
明日はいよいよ高遠、それから馬見塚公園の桜、光前寺、桜丸の夫婦桜と桜づくしの観光です。

by pleiad-subaru | 2012-04-23 21:37 | おでかけおでかけ♪

のあ403 松本城!

b0061261_21262039.jpg

KKと一泊旅行に来ています。今日は松本城と奈良井の宿に行きました。
まだつぼみと聞いていた松本城の桜は、直前2日間暖かい日が続いたおかげで、ちょうど美しい盛りでした(^^)
今夜の泊まりは木曽駒高原ホテルです。
明日は高遠の桜を見ます。わくわく☆

真っ暗に見える携帯で撮ったら、右下チケットらしいもので切れてました(-_-メ) カメラで撮った写真も載せておきます。ほぼ同じ構図ですね。
b0061261_21192417.jpg

by pleiad-subaru | 2012-04-19 21:26 | おでかけおでかけ♪

のあ399 小江戸・佐原へドライブ♪

車、替えました。

b0061261_20412843.jpg
長い間頑張ってくれたガイアちゃんは“優秀な成績で卒業”いたしまして、後継車として登場したのがこのアイシスちゃん。左は専属の運転手です(^_^;) ちなみにナンバーは運転手の誕生日。10月6日なんですよ。

慣らし運転ではないですがドライブに行きましょう。どこへ行く?
生協で佐原の街を紹介してました。行ってみようか。



b0061261_2046288.jpg
利根川沿いの道をどんどん走ります。天気はいまいちだわねえ、曇り空。空中に輪を描いて飛ぶ猛禽類…トビかなあ。




小江戸と呼ばれる佐原は古い町なので道が狭い(^_^;) 一通も多くてどこで曲がるのかわかりにくいです。
同じところをぐるぐるまわってやっと着いたのが伊能忠敬記念館

b0061261_20523557.jpg
駐車場に佇む忠敬さんです。
伊能忠敬といえば50歳を過ぎてから日本全国を測量して歩き、我が国最初の実測日本地図を作った人。




b0061261_20564417.jpg
地味っぽいですが、ここが伊能忠敬記念館です。残念ながら中は撮影禁止なのでお目にかけられないのですが…
こちらで、伊能図の数々が閲覧できます。
入ってすぐの所に伊能図とランドサットで撮影した日本全図が掲げてあり、かわるがわる入れ替わるのですがほとんどと言えるほど2枚の地図は重なっているのです。すごいわ~。
地図を作製した道具もたくさん展示してあります。ひっぱって距離を測る車とかね。
これらの関係資料2345点は国宝に指定されてるそうです。
あ~、お勉強になった。




b0061261_21131048.jpg
記念館は小野川に面しています。佐原は江戸時代から利根川水運の中継地として商人の町として栄えました。
柳が若緑の葉を揺らしています。この橋は樋橋(とよはし)と呼ばれる橋ですが、通称ジャージャー橋。なぜそんな名がついているかというと…


b0061261_21233380.jpg
ほらっ、30分ごとに橋の横腹からジャージャーと水が流れ落ちます。もとは江戸時代の前期につくられた佐原村用水を、小野川の東岸から対岸の水田に送るための大樋でした。その上に板を渡して人が通れるようにしてあったのです。
300年近く使われ、戦前にコンクリートの橋になってからも橋の下側につけられた大樋を流れる水が、小野川にあふれ落ちて「ジャージャー」と音を立てるので、「じゃあじゃあ橋」の通称で親しまれていたそうです。現在の橋は観光用にかけられたものですって。




お腹すいたぞ~。もうちょっと走って香取神宮へ。参道のお店でお昼にしました。
b0061261_21304698.jpg

香取神宮は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)<又の御名伊波比主命(いはひぬしのみこと)>を祀る由緒ある神社です。



b0061261_2136198.jpg
スミレがたくさん咲いてます(^^)



本殿は残念ながら改修中で布に覆われて見えません。布の間をくぐるようにして参拝。
b0061261_21382848.jpg
後ろ側です。きっと本殿もこんな感じになるんでしょうね。
本殿の横にも樹齢千年と伝えられる御神木、大きな杉がそびえていました。
天皇皇后お手植えの松やら水戸光國によって植えられたという黄門桜などもありました。




昔々に来た時に確か鹿がいたはず…とお守りを売っていた巫女さんに聞いてみると、やはり裏に鹿園があるそうです。
行ってみましょう。
そういえば前に来た時って、犬吠埼の灯台でkazuが霧笛がぼおーって鳴るのが怖くて大泣きした時だっけ?うはは、思いだしちゃった、たぶん4歳くらいでしたね。今横にいる180㎝近い息子を見るととても想像できないわ。


いましたいました、鹿。
b0061261_21473649.jpg
鹿は神様のお使いです。人参食べてます。さっき食べた天丼にも大きな輪切りの人参の天ぷらが入ってたわ。このへん人参の産地なんでしょうか??


このあと帰りに参道でイタチに遭遇。右側の生垣から飛び出して参道を横切って消えて行きました。
わ~、イタチ初めて見た。一瞬だったのでカメラを構えるヒマもなかったのが残念。
ウチの近くの神崎川のところでKKが以前に見たそうですからいないわけでもないとは思うんですが。
胴長の身体にすべっすべだろうと思われる茶色い毛皮でしたよ。

また利根川の横を延々と走って帰ってきました。
KKアイシスちゃんと仲良くなれたかな(^^)

by pleiad-subaru | 2012-04-07 21:23 | おでかけおでかけ♪