カテゴリ:おでかけおでかけ♪( 275 )

のあ235 かみのやま温泉

大ひさしぶりに温泉に行ってまいりました。私とI島さんの「性悪コンビ」です。いつも一緒に行くK玉さんは今、Hawaiiなので別行動。

近頃気に入っているのが、JRの「のんびり小町」。女性に人気のお宿と行き帰りの新幹線グリーン車を含めたお得な個人旅行。
今回選んだのは花明かりの宿 月の池山形県のかみのやま温泉です。
b0061261_2362638.jpg
これは玄関ロビー。和紙で出来た明かりが館内のあちこちにあります。露天風呂にも浮いていました。

これも

by pleiad-subaru | 2005-07-08 23:28 | おでかけおでかけ♪ | Comments(6)

のあ224 なんてこったい!

なんてことでしょう、5月に申し込んでおいた夏の旅行がポシャってしまいました。

b0061261_20241493.jpg
b0061261_20244540.jpg

↑(黒)アチアと               ↑(白)ベニア

もとい、「クロアチア・スロベニア10日間」 を申し込んだのですが、人数が(15人)集まらず旅行が催行中止になっちゃったというわけ。ま、変わった行き先ですから いやな予感はしてたのだけど。急遽探して、シチリアに変更の予定。シチリアも前々から行きたかったから、それはそれでいいのですけど 楽しみにしていたKenちゃんが気の毒。私も“アドリア海の真珠”ドブロブニクは行きたかったなあ。縁があれば、いつか行けるでしょう。楽しみはあとまわし。

b0061261_20393417.jpg

のあままの話では のあときたら、どうもベランダのてすりに飛び乗れるようになっちゃったようです。やめてやめて、恐ろしい。いくら2階だといってもお外は道路だよ。いたずら坊主、目がはなせません(--;

by pleiad-subaru | 2005-06-25 20:43 | おでかけおでかけ♪ | Comments(12)

のあ124 どぶくろ会館

のあは近頃、招待状につける金色のゴムひもがお気に入り。ちょ~だい、ちょ~だい~っ!
b0061261_22195063.jpg


お友達のむっちゃんさまにいただいたメールがおかしかったので、パクッちゃいます。

むっちゃんさまは先週末 妻籠宿、白川郷、飛騨高山をめぐる下呂温泉一泊旅行に行ってらっしゃいました。部屋食、食事4回つき、5つのおみやげもついて14980円という破格のお値段。さて その顛末は…

大手旅行会社のバスツアーにはよくあるのですが、この旅行はガイドがつかないツアーでした。
若い添乗員の兄ちゃんが最初にそれを説明し、バスの中も観光地の説明は一切なし。S.Aのトイレタイムも、観光地も集合時間を告げるだけです。

それが一箇所だけ説明があって、それが白川郷の「どぶろく会館」なにを思ったか兄ちゃん、それを「どぶくろ会館」とぶちあげたそうです。お客大爆笑。でもその後もいっこうに気にせず「どぶくろ」「どぶくろ」と繰り返す兄ちゃんに、やさしいお客たちはま、いいかとそのまま聞いていたそうです。Kenちゃんに教えたら馬鹿笑いしていました。そういえばせっかくの「お部屋食」も天ぷらがつめたかったそうです。

兄ちゃんの不勉強はどうしようもありませんが、ガイドがいないことは東名などよく通るところでもうそれは聞き飽きたよって説明もあるから、好都合なこともありますよね。むっちゃんさまも気兼ねなくおしゃべりできてよかったとおっしゃってますし。

ツアーも会社によって様々な種類があるから、私たちもどこを重視するかよく見極めて かしこく立ち回り、いいとこ取りをめざせばいいんですね。
春が近づくとなんだかそわそわ、旅心をさそわれます。漂白のおもひやまず…でも、今年はのあままのお式が終わるまでは自重、自重。

by pleiad-subaru | 2005-03-17 22:23 | おでかけおでかけ♪ | Comments(2)

のあ74 トレド

b0061261_21113514.jpg

わ~い、トレドだ。って…なぜトレド。話せば長いんですが、今朝朝日新聞のおまけ情報誌「暮らしの風」がきて(私個人としては「甲賀の風」<風之介兄ちゃんのこと>の方が好きですが)そのトップ記事が「旅のいざない」、チェコのチェスキークルムロフが出ていたのです。
kenちゃんと行った東欧旅行で、とっても気に入った街だったので、ぜひここに載せようとデジカメの映像を焼いたCDロムを出してきたのですが…なぜ?てっちゃん(このPC)では再生できない。Kenちゃんの古いダイナの外付け機器で焼いたからでしょうか??ちなみに古いダイナではばっちり見れます。??

なのでちょっと気を変えて、去年のスペイン旅行のCDロムを出してきました。これは自分でこのてっちゃんで焼いたんだから、全然OK。熱風の西班牙、暑かったなあ、「熱かった」って感じかなぁ。寒い毎日、ちょっとだけ夏の気分。
b0061261_21325539.gif

それがなにか?

by pleiad-subaru | 2005-01-26 21:34 | おでかけおでかけ♪ | Comments(4)

のあ33 で、「いしや~きいも~」

b0061261_2242234.jpg
しっつれいな、昨日の写真はなんなの!
ほんとのぼくはこんなにイイオトコ。
はいはいはい、わかってるよ、のあ。
でもChieさんだってあの怖い写真を[件名:さあ]
[本文:みんなで壁紙に]って送ってきたんだからね。

私実際は名前だけで呼んでいるので 「Chieさん」と書くとなんだか多聞君のお母さんになったような気がしてならないんですけどね。楽屋落ちです、わからない方すみません。

で、「いしや~きいも~」なんですが きょう夕方うとうとしてたら焼き芋やさんの車が廻ってきて、横になっていると6棟から12棟の前へ、7棟の前から11棟の前へ、8棟へ…と移動しながら「いし~やき~いも~」と流しているのが感じられるわけなんです。
私がそれで何を思い出したかというと…「アザーン」です。
トルコなどの中近東の国といえばモスクです。おわんを伏せたようなモスクに付属した鉛筆のような尖塔がミナレット。その上から朗詠されるのがアザーン、イスラムの祈りです。
「アッラーは偉大なり」で始まり、「アッラーのほかに神なし」で終わるこの祈り、近頃はミナレットにスピーカーつけて流してるようですが、本来は肉声で朗詠するものです。
それを聞きながら人々はメッカの方を向いて、小さなマイ絨毯の上で身体を投げ出すようなあの祈りをするわけですね。(シルクの個人用絨毯はすっごくきれい。高いけど)
ちなみにモスクの中にはミフラブといって、メッカの方向に祭壇が作られています。
これは建物がどっち向いていてもメッカの方角なので、時に妙な向きになってることがあります。本来キリスト教の教会として建てられたものをモスクに転用した場合など顕著に見られます。
話が長いですね。1997年、トロイに行きたかったKenちゃんとトルコを旅行しました。
到着当日泊まったイスタンブールの宿で、明け方聞こえてきたのがアザーン、その哀愁を帯びた声の抑揚が「石焼芋」に聞こえたんですよ、私の耳には。

まだ発掘途上だったトロイの遺跡で、あと10年たったらどれだけ発掘が進んだか見にこようと Kenちゃんと約束しましたが…どうなりますことか。

by pleiad-subaru | 2004-12-15 23:12 | おでかけおでかけ♪ | Comments(0)