のあ378 バードウォッチング♪

松戸にある21世紀の森と広場で生協主催のバードウォッチングがあり、KKと一緒に参加してきました。
b0061261_23114493.jpg
ここは大きな池を含む広大な自然公園で博物館とホール(谷村新司のコンサートやグランディーバの男性バレエを見に来たことがあります)が併設されています。
前にもココ来たな~と自分のブログ検索かけましたら2008年の3月でした。この時はK玉さんと一緒でした。


b0061261_2328935.jpg
ごらんのとおり雪が残っていて、その上を吹いてくる風が冷たい。冷蔵庫の中にいるようです。ぶるぶる、カイロかついできましたけど。車が混むかと早めに出たので10時開始の30分も前につきました。本日指導してくださるのは千葉県ウエットランドガイドのみなさんです。3班にわかれて出発です。



ヒヨドリの声、シジュウカラのうがいするような声(警戒の声なんですって)、コゲラのぎぃーっと鳴く声も聞こえます。今年はツグミを見ないね…と話しながら湧水の流れの方へ降りて行きますと…
b0061261_23381171.jpg
ご紹介します。コサギさんです。特徴は黒いくちばしと黄色いあんよ♡



b0061261_23401496.jpg
日の当たる杭の上のモズ。てっぺん野郎で高いところが好きですがこんな低い場所にも来るんですね。


b0061261_2344021.jpg
”水辺にセキレイ”と言いますが、近頃は“駐車場の鳥”と化しているような…ハクセキレイです。


千駄堀池のほとりに出ました。
b0061261_2346508.jpg
これはダイサギです。子鷺とは反対に黄色いくちばし、黒いあんよというのが面白い(^^♪


池の中央あたりでカモさんが騒がしい。
b0061261_033112.jpg
コガモの集団です。ただいまディスプレイの真っ最中。
ディスプレイというのは求愛行動のことで、1羽のメスをたくさんのオスが取り囲んでぐるぐる泳ぎ必死に自分を売り込んでいるのです。言わば婚活。コガモは日本でカップルを作って北へ帰り子育てをするのでオスも子孫を残すために頑張ってるんですね。



ゆらり、このコはオオバン
b0061261_083722.jpg
私の好きな児童文学、アーサーランサムの「ツバメ号と伝書バト」シリーズに「オオバンクラブの無法者」っていうのがあるんですよ。どんな鳥だろうと想像しながら読んでましたが…
で、本物のオオバンに初めて会ったのは英国旅行でバイブリーに行った時でした。



すべるように泳いでくるオオハクチョウ
b0061261_0152422.jpg
なかなか優雅(*^_^*)



葦の中から登場したのはアオサギです。
b0061261_0163586.jpg




さてさてこれは初めて見た鳥なんですが…
b0061261_0182290.jpg
ノスリです。なにしろ遠くてこれでせいいっぱい。ほんとはこんなです。タカ科タカ目猛禽類。
ノスリを撮った自然観察舎の中からはカワセミもジョウビタキも見えたのですが写真はいまいち。


最後に今日見た鳥の総ざらえ。
ヒヨドリ・スズメ・シロハラ・キジバト・ハシブトガラス・シジュウカラ・エナガ・ハクセキレイ・ツグミ・キセキレイ・セグロセキレイ・ジョウビタキ・オカヨシガモ・マガモ・コガモ・オオバン・オオハクチョウ・ノスリ・カワセミ・ハイタカ・コサギ・ダイサギ・アオサギ・ツグミ・アオジ・カワラヒワ・カイツブリ・コゲラ
メモしなかったんだけどあと3種類あるはず。3班にわかれて行動していたので私が見ていない鳥もあります。

個人で行くと居ても気づかずにすんでしまいそう。ウエットランドガイドのみなさんは大きな望遠鏡を三脚に載せてかついでらして、鳥がいるとそれっとピントを合わせて見せてくださるのでとてもよくわかるのです。コサギの尾羽もカワセミのきれいなブルーも手が届きそうに見えます。

楽しかったね、と帰ってきました。実は3月9日にもう一度バードウォッチングがあるのです♪
今度は流山市の利根運河です。今度はどんな鳥さんたちに会えるのかな 楽しみです(^^♪

by pleiad-subaru | 2012-01-27 23:48 | ハロー 鳥さん♪

のあ987 押し詰まってきました。

今朝の二重川です。2羽のサギのずっと向こうにが見えます。
b0061261_2244128.jpg


KKも仕事おさめ。昨日今日と朝からお散歩をしています。(昼間はお掃除、ひぇ~!)
すっかり葉が落ちたので小鳥さんに出会える機会が増えました。とは言っても、カワセミ君はじっとしてくれなくてはるか向こうからぶおっと一直線に飛んできて、橋をくぐって反対方向に消えちゃうだけなんですけど(^_^;)

めずらしい鳥さんに会いました。
b0061261_22104062.jpg
シメ。調整池の近くの木の上にいました。
「シメ?」「シメだね」くちばしがぶっといのです。帰って図鑑で調べたらばっちりシメでした。見たのは初めてです(^^♪

b0061261_22132794.jpg
サクラの木にとまったエナガ。しっぽが長くてちっちゃくて、お腹がまるいかわいい小鳥です。こっち向いたショットが撮れませんでした。
b0061261_22133674.jpg
同じくサクラの木にとまるシジュウカラ。まるでコゲラがやるように木の枝をつついていました。中に虫がいるのでしょうか。
この時期、シジュウカラとエナガ、メジロ、コゲラが一緒に行動しています。木から木へと移っていきます。

昨日はね、団体さんにもお会いしたんですよ。
b0061261_2218724.jpg
コジュケイさんファミリー♪ 国道16号に登る道に5羽いました。国道を渡った反対側の崖で出会ったことがある家族じゃないかと思います。ぷっくりしててかわいいです。
「チョットコイ、チョットコイ♪」という鳴き声はよく聞くのですが、なかなか姿は見ることができません。

やっとやっと年賀状をやっつけました。残る所2日になっちゃいましたね。気ばかりあせります。

by pleiad-subaru | 2008-12-29 22:05 | ハロー 鳥さん♪

のあ878 バードウォッチング3回目♪

松戸 二十一世紀の森に咲いていたコブシです。
b0061261_21564475.jpg


それは昨日のこと、生協のバードウォッチング講座もいよいよ最終3回目になりました。双眼鏡を抱えた私とK玉さんが出かけたのは、“松戸 二十一世紀の森と広場” あいにく天気予報は昼から雨、いまにもぽつっと落ちてきそうです。

受付をすませて胸に名札をつけ、5人ずつ5班に分かれます。私は1班、K玉さんは4班。三脚&望遠鏡をかついだウエットランドガイドのおじさま2人と出発!
b0061261_2233677.jpg

ここは松戸市の公園です。隣接の“森のホール”へは谷村新司のコンサートや、グランディーバの公演で何度も来ているのですが、公園のほうに来るのははじめて。すっごく広いです。

鳥をさがしながら歩きます。耳をすませて…キュルキュルリ♪カワラヒワの声が聞こえます。練習中のへたくそなウグイスの声も。
最初に見た鳥はコレよ。
b0061261_22105231.jpg
はい、お見かけどおりのカラスです。ゴミ袋つっついてるのはハシブトガラスですが、これはハシボソガラスね。くちばしが細めでしょ?ハシブトは垂直気味にとまります。ハシボソは濁った声でシッポを振りながら鳴くんですって。両方いたので見比べることができました。

台地に降った雨は地中に沁みこみ、崖下から清水となって湧き出ます。このあたりも低地になっていてあちこちから水が湧き、流れを作っています。青々としたセリがそこに生えています。なんか美味しそうよ。

そこにいたキセキレイ。もしかして自分に見惚れてる?
b0061261_22221994.jpg


流れは池に続きます。千駄堀池。この近くには“子和清水”っていう地名もあって、これは孝行息子が親のために清水を汲んだら酒になり、自分のために汲んだら清水であったという養老の滝もどきの伝説からきてます。「親は酒、子は清水」って。(^_^;)
b0061261_2225271.jpg


水鳥がいっぱい♪私の好きなキンクロハジロ
b0061261_2232275.jpg


b0061261_22333326.jpg
手前の黒いのがバンかな。すれ違おうとしてるのがオカヨシガモ夫妻。オカヨシガモってめずらしいんですって。

b0061261_22361691.jpg
通称“青首”マガモ。食べて美味しいカモはこれだけだとか…きれいな色ですよね。首には白い輪。“真珠のネックレス”だそうです。
b0061261_22383884.jpg
マガモ夫人の華麗な足さばき♪

ダイサギに…
b0061261_22402534.jpg

アオサギ
b0061261_2245091.jpg


観察舎からガラス越しに見たカワセミ
b0061261_22462950.jpg


緑の里と呼ばれるゾーンには菜の花が満開でした。
b0061261_22483562.jpg


道路をはさんだ博物館の敷地にはこんなものまで。
b0061261_22495775.jpg
竪穴住居が3棟建っていました。このあたり、縄文時代の遺跡なのです。

毎回「フィールドノート」という紙に観察した鳥と気付いた点を書きます。今回見た鳥のリスト。
ハシボソガラス・ハクセキレイ・キセキレイ・ヒヨドリ・ドバト・ハシブトガラス・ダイサギ・キンクロハジロ・オオバン・カイツブリ・オカヨシガモ・カルガモ・ジョウビタキ・ホオジロ・マガモ・コガモ・タシギ・モズ・バン・カワセミ・アオサギ・カワラヒワ・ツグミ・シジュウガラ・ウグイス(声のみ)25種類でした♪
鳥を探すのが少しは上手になってきたかな。また行こうと思います(^^♪

by pleiad-subaru | 2008-03-20 21:55 | ハロー 鳥さん♪

のあ873 お散歩 with Kenちゃん♪

沈丁花咲き始めました。
b0061261_21363490.jpg


ちょっと風は冷たいけど陽射しは春めいてきました。朝のお散歩にでかけます。
最初に出会ったのはカワラヒワ。鳴き声キリリリリ♪
b0061261_21494257.jpg
この切り込みの入った尾羽根と…
b0061261_2145574.jpg
黄色い模様が特徴です。

b0061261_21524453.jpg
おなじみキジバトさんに…

b0061261_21534618.jpg
調整池にはサギさん。

b0061261_21544167.jpg
ギャングのヒヨドリも。なぜにみんな右向き?

b0061261_21551634.jpg
おっと、これは鳥じゃない、ひなたぼっこのミケさんです。(^_^;)

先週から姿を見、声も聞いていたのですがカメラを持っていないときばかり。ゲイゲィイーッッ!!
b0061261_21575510.jpg
キジです。うう、朝日の中で上手く撮れない。あう、すっごいカメラ装着三脚かついだおじさんが来てるわ。キジ撮りにきたのね?!
b0061261_21592942.jpg
前向いてうずくまったキジ。

写真がいまいち、、いまに、いまさんですのでこちらを→去年の4月に会ったキジです。多分おんなじコ。

揚げヒバリの声を聞きました。早くミモザが咲かないかな♡

by pleiad-subaru | 2008-03-09 21:40 | ハロー 鳥さん♪

のあ857 ハクチョウに会いに♪

ハクチョウに会いに…といいながらナンですが、カワセミです。
b0061261_1822311.jpg
とりあえず“いる”というだけの写真ですね。だってこんなに遠いの。
b0061261_18261363.jpg
中央左のちょっと暗くなった茂みにいるのですが、肉眼でもちらっと青がみえるだけ。飛んでいたのがとまったからみつけられたので、最初からとまっていたらまず無理です。


さて、ハクチョウ
きっかけはいただいた1枚の寒中見舞い。二つ隣の駅にある調整池に来ている水鳥が写っていました。前からそこにハクチョウが飛来するという話は聞いていたのですが、実際目にすると鳥撮り魂がむくむくと湧きあがってきて…お散歩を兼ねてKazuとでかけたのは1月の末でした。

1時間半も歩いたでしょうか、畑の道がゆるやかに登って、いきなり目の前にひらけたN台調整池です。
b0061261_1836178.jpg
いるいる、ひときわ大型の白い姿が何羽も見えます。うわぁ、ハクチョウだよ。お堀で優雅に泳いでるとこしか見たことないわ。

b0061261_18374372.jpg
たしかどこかで小耳にはさんで、てっきり≪コハクチョウ≫だと思っていましたが、写真と図鑑を見比べるとどう見ても≪オオハクチョウ≫ですね。(違いはクチバシの黄色い所の大きさです。黄色い部分が少ないのがコハクチョウ、多いのがオオハクチョウ)

b0061261_1842511.jpg
まわりにはカモをはじめ、たくさんの水鳥がひしめいています。≪オナガガモ≫≪カルガモ≫≪マガモ≫谷津干潟より数が多いかしら。首が灰色なハクチョウは幼鳥です。
b0061261_18452519.jpg
「みにくいアヒルの子」だったハクチョウのヒナたち☆水の中は≪オナガガモ≫ですね。

b0061261_1847341.jpg
ひとり思索にふける≪ウ≫

b0061261_18571411.jpg
≪オオバン≫デコが白いのがチャームポイント♪

b0061261_1954878.jpg
水の中ばかりじゃなく、池に沿った道路にもこんな鳥が。≪アオジ≫のカップルです。近所でもよく見ますが草の下に隠れていてなかなか写真に撮ることはできないのですが。

b0061261_19103915.jpg
では恒例、ハクチョウのシンクロナイズドスイミング♪はいはいっ☆



駅まで歩いたら15分くらいでした。住宅地や団地のすぐそばにこんなに自然が残っていて、ハクチョウが14羽も飛来するなんて、奇跡的ですね。ココはオオハクチョウの飛来地の南限だそうです。電車で帰りました。今度はkenkenと車で来ようと思います♪

by pleiad-subaru | 2008-02-12 18:22 | ハロー 鳥さん♪