のあ977 赤湯温泉ツアー♪

いつもののんびり小町で、赤湯温泉に行ってまいりました。まずは米沢で途中下車♪
b0061261_23271320.jpg
駅のコンコースで出迎えてくれた『直江兼続公』おなじみ「愛」のかぶと着用。でかいはりぼてです。

駅の観光案内所でmapをゲット。目指す上杉神社まではバスで10分というのでさっそくバスに乗り込みました。直江兼続夫妻のお墓があるという林泉寺からせめましょう。

b0061261_23331454.jpg
途中にステキな洋館が…ここは旧米沢高等工業学校本館。ルネッサンス様式、重文です。
敷地は山形大学の工学部ですね。

橋を渡るとじきに林泉寺です。これが直江兼続と奥方お船(せん)の方のお墓です。
b0061261_23361873.jpg
もうもう、どこへ行ってもこの「天地人」の旗がはためいてます。ひこにゃんならぬ、「かねたん」っていうマスコットもできてます。(^_^;)もちろん愛かぶとをかぶってるのさ。
b0061261_2041116.jpg
お船の方は常盤貴子がやるのですが、夫の兼続より10歳年長だったんですって。妻夫木聡との差もそのくらいですからちょうどいいかもね。

林泉寺をあとにしてついたここが上杉神社です。上杉家2代景勝から14代茂憲(もちのり)までが米沢を治めていました。
b0061261_2347333.jpg
堀に囲まれた米沢城の本丸跡に建っています。

その横に稽照殿という建物があり、そこに例の愛のかぶとが展示されています。コレは見なくっちゃ!
館内撮影禁止です。
すごい、上杉謙信着用の白い長いかぶりもの(竹の骨組みに紙を貼り綿を入れて白絹で覆ってある)があります。本モノよ(@_@) 革製の金色の烏帽子も謙信の使用したもの。
よろいやよろい櫃、大なぎなた、大太刀、馬具、面白いものがたくさんありました。
兼続さんの愛の前立てのかぶとと甲冑もしっかり拝見してきました。
↓でちゃこママさんがおっしゃってられたけど、愛染明王の愛の字らしいです。

すぐ隣の松岬(まつがさき)神社
b0061261_045387.jpg
ここは上杉鷹山(ようざん)をまつる神社です。

b0061261_055553.jpgこの人が上杉家10代治憲、鷹山公です。
「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬ
は人の 生さぬ生けり 」
って言った人ね。
10歳で大赤字を抱える米沢藩養子に来て、娶った前藩主の娘は脳障害。破綻寸前の藩を救い、鯉の養殖、垣根に食用となるウコギを植えることを奨励し、飢饉が起きたときも餓死者を出さなかったという名君です。
童門冬二の原作をTVドラマでやった時、筒井道隆が泣かせたのよねえ。(T_T)

どのお土産屋さんにも鯉の輪切りの甘露煮があるのは彼のせいだったんですね。
私は苦手だけどさ。




すぐそばに立派な伝国の杜(上杉博物館)もありましたが、そちらはパス。
その名も「伝国」という焼肉屋さんでお昼を食べました。昨日の写真ね♪

それから駅まで歩いて帰りました。その途中で見かけたものそれは…
b0061261_0354251.jpg
雪囲いなんですよ。びっくりした。「雪吊り」みたいなお上品なものじゃなく、板でびっちり植木を囲ってあるのです。それだけ雪がすごいのでしょうね。あちこちで見かけました。

長くなっちゃった。明日に続きます。to be continued!


AVONお花のカレンダー2009は→こちら♪

トルコ旅行ブログは→こちら『から26 ガラタ塔♪』

by pleiad-subaru | 2008-11-19 23:38 | おでかけおでかけ♪ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/9901615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2008-11-20 05:10 x
まままましゃ~ん!「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の
生さぬ生けり 」って亡くなった実家の父が大好きな言葉だったのよ~・・
上杉鷹山公のお言葉だったのね~~・・シミジミ・・
次回の大河 楽しみ~!「風林火山」でガクトが上杉謙信役で出てたでしょ。
実は凛はガクトが好きでね~・・爆 NHKのガクトの写真集まで買ったのよ^^;
と言う事で上杉謙信亡き後の上杉家の事がとっても気になるわけでございます。

昨日今日と西高東低の本格的な冬の寒さになったでしょう。
↑の雪囲いに雪が積もったかな?続きを楽しみにしていまふ♪

Commented by ねこおばさん at 2008-11-20 10:14 x
旧米沢高等工業学校本館ってすごく美しいですね。
異国に立っているような気持ちです。

松岬神社の鳥居の向こうにちょこっと顔をのぞかせているのは狛犬さん?
質素で、おちついた雰囲気の神社ですね。
苦労して藩の財政をたてなおした名君のイメージでしょうか。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-11-20 16:17
山形に入ったことがない気がします。
上杉謙信のこともチョッと疎いです。
ゆっくり訪ねてみたいですねー。
今日もスマイル
Commented by cookie-tea38 at 2008-11-20 21:54
ご無沙汰してしまってすみません。
私がブログ休眠中の間もままままさんは、方々に精力的にお出掛けだったのですねえ。すごいなあ。
愛のかぶとって、来年の大河の主人公さんですね。
Commented by pleiad-subaru at 2008-11-21 23:53
★凛しゃん>まあ、お父様の座右の銘だったんですね。
上杉鷹山は藤沢周平と童門冬ニが小説にしていて、私はどっちも読んだことがないんです。読まなくちゃと思いました。天地人は火坂雅志ですね。これもいつかは読まなくちゃ。
ガクトの謙信はいままでのイメージをがらりと変えましたよね。今度の謙信は阿部寛だわ。
今頃はあの雪囲いが役にたっているのでしょうか。ちょっと見てみたい気もします。
Commented by pleiad-subaru at 2008-11-21 23:55
★ねこさん>ね~、ステキな洋館でしょう?
通りかかったらあまりいい雰囲気なのでお庭に入り込んで写真を撮りました。

ふっふっふ、今回3対の狛犬さんをねこさんのためにGETしてきましたからね。次回にでもお見せしますね。
Commented by pleiad-subaru at 2008-11-21 23:58
★kawazukiyoshiさん>山形はフルーツ王国です(^^♪
なのでサクランボ狩りに何度か、温泉に何度か行っているんです。
桜の頃に行ってみたいです。
Commented by pleiad-subaru at 2008-11-22 00:01
★gingerさん>お帰りなさい。
私は相変わらず遊び歩いておりました。温泉に入ると生き返ります~。
愛のかぶと、近頃まで存在を知らなかったんで最初知ったときはぶっ飛びましたが…妻夫木君がかぶったところがぜひみたいですね(^^♪
Commented by はるか at 2008-11-24 23:37 x
「上杉鷹山」は童門冬ニの小説も読み、筒井道隆主演のドラマも観ました。
上杉鷹山の生き方は清潔で好感が持てます。
ドラマの筒井鷹山も凛々しくてよかったです。
小野川の湯の女主人の黒木さんも素敵でした。
来年の大河も上杉家に関係があり、米沢も盛り上がりますね。
Commented by pleiad-subaru at 2008-11-24 23:45
★はるかさん>あのドラマを見たとき小説を読もうと思ったのですが、いまだに読んでいません(^_^;)
今度こそ図書館で借りてこよう。藤沢周平の「漆の実のみのる国」も借りてこよう。
大河の舞台に決まると街おこしみたいになりますね。今回も「天地人」の旗がそこかしこに立てられていました。
米沢はなかなか感じのいい街でした。今度はダンナを連れて行こうと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード