のあ888 かみのやま温泉一泊ツアー そのⅢ

これは近所の紫モクレン
b0061261_18343567.jpg
白モクレンとはまた雰囲気が違います。
わあ、いま気がついたけど通算888だわ。なんかめでたいかも(^^♪


朝起きたらでした!窓から外を見ているとあとからあとからぼたん雪が落ちてきます。寒いよぉ。
さて、朝またもやお風呂に行った私たち、朝ご飯は2階の大広間です。畳に座る生活をしてないので正座はけっこう辛いです。着替えてたからいいけど浴衣だと余計気を遣っちゃいますよね。
b0061261_1841177.jpg
十六品目(だったかな)のサラダとヨーグルトは籠の中に。
b0061261_1841988.jpg
納豆、鮭、玉子焼き、汲み上げ湯葉、身欠きにしんと野菜の煮物、茶碗蒸しなどなど日本旅館の正しい朝ご飯(?)

この宿は“花灯り”がウリ♪これはKakkoちゃんが気に入ったお風呂の前に置いてあるバラの灯りです。
b0061261_190328.jpg
他にもいろいろな和紙の灯りが建物のあちこちに飾ってありました。

さいわい雪はやみました。今日は斉藤茂吉記念館に行く予定。奥羽本線で1駅山形方面に行かなくてはなりませんが、電車は1時間に1本。
チェックアウトしてかみのやま温泉駅まで送ってもらいます。

やっときた電車に乗って降りた“茂吉記念館前”は、なんと無人駅でした。(^_^;)見事にまわりに何にもない~。
b0061261_18594213.jpg



駅のすぐ横が記念館(ってか、記念館のための駅)
b0061261_1932263.jpg
茂吉先生とKakkoちゃんのツーショット(^_^)v

  のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にゐて足乳根の母は死にたまふなり

  最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも

  あかあかと一本の道とおほりたりたまきはる我が命なりけり


学校で習いましたねえ。立派な記念館は平日ということもあり、ほぼ貸切状態でした。
斉藤茂吉、青山脳病院の院長にして歌人。妻輝子、息子は斉藤茂太、北杜夫。
知らなかったんですが自分でも画家になろうかと思ってたくらい絵が上手いんですよ。少年の頃の凧絵や人物スケッチを見て舌を巻きました!
お勉強になりました。Kakkoちゃんは歌集を何冊か購入、私は図書館で探そうと購入はせず。

この日、私たちはお昼をたべそこねました。
茂吉記念館前はこのとおり店もなく、戻ったかみのやま温泉駅にもレストランも蕎麦屋もなく、駅弁も売っておらず(新幹線停車駅だというのに!)…乗ってから車内販売のお弁当にありつけたのは、福島で山形新幹線が東北新幹線とドッキングして、郡山を過ぎた4時半頃でした。おなか空きすぎ(T_T) というわけでこの日は夕食は抜きです。

午後6時前には東京駅に到着、家に帰り着いたのは7時半ごろでした。
楽しかった(^^♪ しばらくはおとなしくしてほとぼりがさめた頃、また始動します。
長々とおつきあいありがとうございました。

by pleiad-subaru | 2008-04-02 18:35 | おでかけおでかけ♪