のあ624 須賀川温泉一泊旅行♪

宿の玄関にあったフォックスフェイスです♪
b0061261_20363535.jpg


「のんびり小町」JR東日本の女性限定ツアーです。往復グリーン車利用というのも嬉しい♪比較的こじんまりとした、そのかわり行き届いたサービスのホテルが多いみたい。何度か行きましたが、どこもなかなか。ハズレがないのもマル!
で、今回は須賀川温泉です。

私とK玉さんは12:36東京発の東北新幹線に乗り込みました。もちろん駅弁は買ったわよ♪

b0061261_20493187.jpgb0061261_2049486.jpg







↑これ、私の。             ↑こっち、K玉さんの鳥弁当。


新幹線は郡山に着きました。ここで東北本線に乗り換え。ちょっと戻ります。1時間に1本しかない。しばし待ちます。
う~ん、手動ボタンドア。仙台出身のK玉さんから仙石線の話は聞いていましたが、見るのははじめて。ちょっと感動(?)

これが須賀川の駅です。三角屋根の下のガラスは牡丹の模様になっています。
b0061261_2225974.jpg
宿の迎えはチェックインに合わせて3時です。なんにもない駅なのでとなりにある出張所兼観光案内所兼待合室へ。こっ、これは!?
b0061261_2261866.jpg
名前は「ボータン」というらしい。ちなみに須賀川は牡丹園が有名です。牡丹…ぼたん…ボータンってかい。なんちゅう安易なネーミングじゃ!?
あとで知ったところによると11月の第2土曜に「松明あかし」というお祭りがあるらしく、(そういえば夕刊で写真を見たような…須賀川のお祭りとは知らなんだ)そのたいまつの格好で、ついでにぼ~っと燃えてるわけだ。

ヒトのよさそ~な、比較的イケメンのおにいちゃんがマイクロをころがしてきました。乗ってしまえば10分です。私たちの他に、女性ばかり2組ほどお客があります。

ここです。「おとぎの宿 米屋」
b0061261_22144777.jpg
2階建てのこじんまりしたホテルです。「おとぎの宿」だけあって、あちこちに趣向が凝らしてあります。
ロビーで“桃とキウイのお茶”とお菓子をいただいてチェックイン。途中で2枚目の色浴衣を選んで、部屋に案内してもらいます。
b0061261_22303619.jpg
廊下の名前も「おとぎの小道」貼り絵やちりめん細工の小物が、そこここに飾られています。
b0061261_22304744.jpg
「願いの小道」まるでおみくじのように結び文が枝に結ばれています。短冊と筆記用具が用意されていて自由に書くことができます。願いをてんこもりに書いて結んできました。「Kazuの回復」と「いつまでもブログを続けられますように」と、あとは内緒♪


部屋の一つ一つに、おとぎ話の名前がついています。私たちの部屋はてっきり「かぐや姫」だと思っていたら…b0061261_22373719.jpg

←これだもんね。
はいはい、わかりました。
私たち、おしゃべりだから舌を切られちゃうのね(-_-;)
完璧、バレてます。
…分福茶釜やこぶとりじいさんよりいいか。




部屋の入り口。履物は下駄です。土踏まずに沿ったカーブになっててすごく履きやすい。裏はラバーが貼ってあるのでうるさくありません。K玉さんはすっかりお気に入り、翌日売店でお買い上げ~♪3980円でした。
b0061261_22445973.jpg



ひゃあ!部屋に露天風呂がついてるよお♪
b0061261_22462474.jpg
源泉かけ流しだす。

お部屋は小さいけど機能的。和室にベッド2つ。玄関の脇にトイレ、洗面は部屋の隅です。
で、冷蔵庫の飲み物フリー!お水と小さいポカリのペットボトル×2、100ccのコーラとオレンジジュースとグレープフルーツジュース各1。

探検して足湯でおしゃべり。 極楽極楽 ♪
コーヒーが用意してあって、自由に飲めるコーナーもあります。
夕飯は6時に頼みました。こ・れ・が…凄かったの。

以下次号!!乞うご期待 (^_^)v

by pleiad-subaru | 2006-11-16 20:36 | おでかけおでかけ♪