のあ513 復活!

みなさま、ご心配おかけいたしました。本日より復活いたします。またよろしくです。

b0061261_104858.jpg
そ~だよ、まままま、がんばっ!!(と、グーで元気付けてくれてるのあ。うれしいよ)







10年来闘病していた兄ですが、家庭でみきれなくなって4月に入院。それから2ヶ月でした。

二浪してた頃は気持ちも不安定になってて家庭内暴力。もろに被害をかぶったのが私と妹。大嫌いでした。ああ、思い出すのも嫌だあの頃は。
大学の頃はあの全共闘世代。ヘルメットかぶって成田にも新宿にもでばってたようです。

前夜式、お葬式と続く中で、私の知らない兄の話を聞く機会がずいぶんありました。
いわく「反骨精神」「なみなみならぬ読書家」「豊富な知識」「教師が天職」「勉強家」
誰の言うことも聞かず、上に逆らい、長い物には巻かれず、生涯を負け組側に身を置いて生きてきたのですね。

それでも家庭を大事にして、自分のやりかたで家族を愛してきました(それは奥さんとふたりの息子には強引かとも思えるようなやりかたで、勝手に旅行の日にちを決めてきて、奥さんは自分の勤め先の学校に平謝りだったりしたみたいです)

子どもは本当にかわいい、と言っていたのは私も聞きました。確かに教師が天職だったのでしょう。40半ばで難病を発病するまでの教師生活でしたが。

大人になってからは、普通の兄弟づきあいをしてきました。昔のことは忘れてやったつもりでした。私の子供達もかわいがってくれ、娘が自分の母校の教育学部に合格すると、とても喜んでくれました。
去年娘の結婚式にも出てくれ、その時はまだ自分の足で歩いていました。

電話をすると必ず、具合はどう、変わりはないかと聞かれました。とおりいっぺんの挨拶だと思ってみんな元気だよ~と答えていましたが、今にして思えば自分が病気であることをうすうす自覚して、私にも病気が出ているのではないかと聞いてきていたのですね。
優性遺伝1/2の発生率。出たのは兄ひとりです。今のところは。

祖母と母が亡くなった同じ病気に、自分とまだ小学生だった長男がかかりました。自分を介してかわいい息子に病気を与えてしまったのはさぞ無念だったろうと思います。
20歳の誕生日を前にして息子を失い、その5年後に自分があとを追うなんて あまりといえばあまりです。57歳でした。

兄をみなおしたこと。病気で苦しんでいても、「なんで俺が」と一言も言ったことが無いのだそうです。自分でなくても私でも妹でもよかったのです。それでも「俺でなくあいつだったらよかったのに」とは言わなかったそうです。私なら言うな、絶対。口癖は「しょうがない」まあ、確かにさわいでもどうにもならない。運命だと受け入れていたのですね。

臨終のベッドで洗礼を受けた兄は、キリスト教式でお葬式を行いました。意識も戻らないままでしたが、奥さんの思うとおりにしてもらうのがベストだと思いました。
12年もミッションスクールに通いながら無宗教の私にはわかりませんが、今頃天国で長男と再会できていればいいなと思います。

b0061261_13523146.jpg


好きでもない兄でしたが、失うと落ち着きません。
残された兄嫁と、甥のこれからの幸せを心から願います。
(…写真とって欲しいと言われましたが、そうそう撮っていられるものじゃないです。花の十字架だけ)

by pleiad-subaru | 2006-06-08 14:00 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(36)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/4952974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by abytail at 2006-06-08 16:37
おかえり! 
Commented by rin_diary at 2006-06-08 16:42
凛です。
私の様な者が簡単にコメント出来ないと思いますが・・・
本当に素晴らしいお兄様だったのですね。
難病に冒されながらも誰を恨むわけでも無く潔く現実を受け入れる事は
中々出来るものではないと思います。私なら泣き喚ぶことでしょう・・
若い頃の一途な思いがままままさんや妹さんに及んだ事もあったでしょうが
それは若さゆえだと思います。
人生の後半で不治の病を発病されてご家族は勿論お兄様はどんなに
悔しい事だったでしょう・・・読みながら泣けて泣けて仕方がありませんでした・・・
心よりお兄様のご冥福をお祈りしたいと思います・・・
今はまだ気持ちが張ってらっしゃると思いますが 悲しみはじわじわと
気持ちに染み込んで来ます・・・
ままままさんも、無理なさらないように・・・どうぞご自愛下さいね。
Commented by irodorukoro at 2006-06-08 17:17
ままままさん、、お疲れでしょう。
本当にここまで書かれたことは、お兄様への鎮魂の思いが込められていると
強く感じました。

ああ、これ以上は私には何もいえません。
ただ、苦しみ抜かれたお兄様の御冥福と、それを傍で見ながらどうしようもなかった
奥様や息子さん、ままままさんを始めお身内の方々のお気持ちやお疲れが
1日も早く癒されますように祈っています。
特に奥様は、御主人だけでなく、息子さんまで同じ病で亡くされているのですね。
本当に、、どんな思いをなさって居る事でしょう。

そして、もう、これで十分でしょ!!と言いたいです。
これ以上、苦しみを与えないように神様にもお願いしたいです。
Commented at 2006-06-08 17:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 5656nyan at 2006-06-08 17:44
お帰りなさい。
お疲れさまでした。
のあくんといっしょに応援しちゃう。ガンバだよっ!
Commented by cookie-tea38 at 2006-06-08 21:54
大変でしたね。
頑固で、一徹な方だったのですね。昔の日本にはそういう男性がたくさんいたように思いますが、今は秘めた優しさを持つ男性は減ったように感じます。日本男児ですね。
きっと、ご長男と分かれて以来のつもる話をたくさんされてるでしょうね。
お兄様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by sirenejp at 2006-06-08 22:45
おかえりなさい。

遺伝性の疾患で亡くなられるなんて、なんと苛酷な。
目一杯戦って、一生懸命生き抜いたお兄様のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

そして、まままましゃんもどうか、無理なさらないように。
風邪もまだ全快されてないのでしょう?
お疲れのでませんように。
Commented by jj-hanauta at 2006-06-09 00:48
ままままさん、お疲れ様でした。
お兄様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

「さけられない人生なら、受け入れて生きていきたい」と
私の知人が言った言葉を思い出しました。
今更ながら、深い言葉だと改めて思いました。

ままままさん、綺麗なお花を見て、美味しく食事をして
のあちゃんとブログを楽しんで、ゆっくり いきましょうね。
Commented by j-lovin at 2006-06-09 10:45
ままままさ~ん、おはようございます(^^)
昨日、あっ!復活されてる!早くコメしに行かなきゃ!って思っていたのですが
用事が重なり、夜もPCに向かえませんでした。

ともかくおつかれさまでした。
ご身内が居なくなるということは本当にお寂しいことと思います。
ひと段落したころに、色々な思い出がよぎり、ジワリと寂しさなどを感じることもあるかと思います。
どうぞご無理をせずに・・・。
お兄様のご冥福をこころからお祈りしております。
また、少し落ち着かれたら・・・お食事でもいたしましょう!
また猫のはなしなどして笑いましょ(^^)
Commented by rambling_rose at 2006-06-09 13:40
おかえりなさい。そして、お疲れさま。。。
世の中にはほんとに神様なんているのか???と思います。
自分の健康がいかにありがたく幸せなことなのかを痛感しました。
これからは先に逝かれた息子さんと穏やかで安らかな世界でご家族の事を
見守っていることでしょう…。

お兄様のご冥福をこころからお祈りいたします。


Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:29
★abytailさん>ただいま!
不覚…涙出てきちゃった。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:39
★凛さん>人間としてはどうかなと思うところもある人でした。
でも無念だったろうと思います。現在の医学では治しようのない難病で、発病=苦しんだあげくの10年後の死というのでは、辛すぎますよね。雄々しく立ち向かって、力尽きたというところかな。
残された義姉と甥のこれからが、せめて幸せであって欲しいと心から願っています。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:43
★いどどりしゃん>私はなんにもしてないの。
義姉にまかせていただけで、なんの手伝いもしてない。
彼女は本当のマドンナです。兄の人生で一番賢い選択は彼女と結婚したことだと思っています。
発病した時に離婚されても文句も言えない病気です。一緒に最後まで闘ってくれたことは本当にありがたいと思っています。(しかもそのあいだもずうっと、偉そうだったのよ、兄貴)
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:45
★鍵コメさん>あとで伺いますね。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:46
★ねこじゃらしさん>ただいま♪
うん、ガンバだねっ。大丈夫。頑張るね。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 18:54
★gingerさん>秘めた優しさを感じさせてもらったことがないので、あまりいい思い出がないのですが…
彼のもう亡くなった長男と、私とウチの娘と息子の5人で、東武動物公園に連れて行ってもらったことがありました。いろいろなのりものに乗せてくれ、せっせとアイスやジュースを買ってきてはふるまってくれました。
もしかしたら、口には出さないけど、昔私に対して暴力をふるったこととかを謝るつもりもあったのかもしれませんね。娘や息子の入学、卒業などの節目には、お祝いをはずんでもくれましたし。
自分の家族の愛し方もへたくそでしたからね。
もう苦しまなくていいから、それだけが救いです。
Commented by ramzoh at 2006-06-09 18:59
ままままさん お帰りなさい
お兄様の事 話してくださってありがとうございました
お兄様にはお兄様の強い信念があったのでしょうね
それは 必ずしも周りも同調して貰える事ではない事も・・
難病にかかりながらも 対自分で戦ってこられたお兄様は強いですね
お兄様のご冥福と義姉様と甥ごさんがこの先幸せでありますように
そして ままままさんも 風邪の中お疲れだと思いますので
ゆっくり休んで下さいね
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 19:03
★sireneさん>ただいま。ご心配かけました。

なんだかねえ。遺伝子の何番目かの枝に乗っている因子のいたずらで、こんな思いをするってあんまりですねえ。100万人に3~4人だそうです。狂牛病になるよりレアかもしれません。近い未来に、遺伝子治療の道が拓けることを心から願っています。

4日間家と春日部を往復したのですが、そのころが一番風邪がひどかったの。すべて終わっておとなしくしていたら、元気になりました。疲れが影響してたみたいですね。最初に危篤と言われて電車で駆けつけた時は熱ありましたもんね。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 19:09
★JJさん>ありがとうございます。
兄も短い人生だったけど、病気になってからも夫婦でイタリア旅行して、歴史や美術で得た知識の本物に出会ったり、アメリカに仕事で行っていた友達のお宅にお邪魔して、ニューヨークヤンキーズの松井の試合を応援したり、義姉のおかげでいい思いでも沢山作ることが出来たようです。
そして写真の中の兄は、とってもいい顔をしているのです。

私は生きているから、これからもいろいろなことを楽しむことができます。
義姉と甥のこれからを幸せで満たしてあげたいと思います。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 19:15
★junさん>そうです。
UPする前に、景気付け(?)に朝早くからUPされる凛さんのとこにお邪魔していたのでした。そこへjunさんもみえたのですよね。
あのあとすぐ記事を書き始めたのですが、打っちゃ止まり、止まっちゃ打ち、とうとう途中で買い物兼散歩に出かけて、帰ってきてから続きを打ったのでした。

離れた所に住んでいたから、今でも春日部にいるような、でなければ、久喜の病院に入院しているような気がしてしまうのです。
義姉はなにもかも終わって、親戚もみんな帰り、気が抜けたようになって、寂しさがつのっているのでしょうね。

ええ、またお食事ご一緒させてください。
にゃご話をして笑いましょうね。楽しみにしています。きっとね。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 19:20
★ranmbling_roseさん>ただいま、そしてありがとう。
神も仏もあるものか、と思うのは私です。義姉はクリスチャンですから神の御心と思うのでしょうね。信仰を持つ人は強いと思いました。
私だったらとうにへこたれていますよ。同い年の彼女にはどれだけ感謝しても感謝し足りないです。
天国があるものなら、そこから彼女と次男のことをしっかり見守っていて欲しいと思います。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-09 19:25
★ふーさん>とっても自我の強いヤツだったのよ。
気に入らないとこも多々あったけど、淡々と病気に立ち向かった勇気は確かにすごいと思います。母を見てますからね、どうなっていくのかは想像できてしまいます。私だったら自殺しちゃうかも。その勇気(?)もないかな。
もう苦しまなくていいから、安らかに眠ってください、と、思います。
義姉と甥のこれからの毎日に幸あれかし、と願います。
Commented by cookie-tea38 at 2006-06-09 22:36
ままままさん、
オークション、ダメでした。
私のバッグ、どこぞの誰かが残り1分でかっさらって行きました。
ひどい話です。
Commented by greenm3 at 2006-06-10 00:00
おかえりなさいです!そしてお疲れ様でした。
何を言って良いのやら・・・・とりあえず、ゆっくり休まれてくださいね(>_<)
ままままさんが早く元気になれますよ~っに!!

Commented by pecosuke3 at 2006-06-10 00:36
ままままさん
お帰りなさい!そしてお疲れ様でした
私、あまり信心深いほうではないですが、なくなられたお兄様と、そしてお義姉様の魂を支えてくれたらと願います
Commented by nyagoneko at 2006-06-10 04:39
お帰りなさい、本当にお疲れ様でした。
風邪が完全に治る前に動かれてるんですから
どうか無理はなさらないでください・・・ゆっくりゆっくり・・・
でも早く元気になあれ♪
Commented at 2006-06-10 12:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 00:09
★gingerさん>まああ、なんてこと!
でもそう、最後の何分かが勝負なのですよね。残念でしたね、私もUPされるのを楽しみにしてたんですのに。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 00:14
★GREENちゃん>ただいま☆
ようやく帰ってこれました。風邪も治りました(^_^)v
このごろは親戚が顔合わすのって婚と葬しきゃないので、1年前の のあままの結婚式以来でした。違いすぎですね。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 00:18
★ののさん>ただいま。そして、ありがとうございました。
義姉を見ていると、信仰を持っている人の強さを感じます。
それがなかったら、おそらくここまでやってこられなかったでしょうね。
義姉と甥とのこれからの日々が幸せであって欲しいです。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 00:21
★にゃごさん>お荷物届いたようですよ~。ありがとうございました。
私はもうすっかり大丈夫。で、大きい声では言えませんが、Kenちゃんがむちゃくちゃ機嫌が悪いの。多分お疲れなんだと思うけど、すっごいむかつく<(`^´)>
夫婦の危機です。(でも離婚はしない。年金もらえないと困るもん)
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 00:28
★鍵コメさん>私が男だったら、兄と少しはわかりあえたかもしれないと思うのですよ。仲のよい妹と私に腹が立ち、楽しそうにマンガ描いてる私を 自分では意識せずにうらやみ、お先真っ暗で暴れてたんだと思うから。
なんだかだ言っても それでも兄弟なんですよね。やっぱりどこかに喪失感。落ち着きません。
Commented at 2006-06-11 06:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 17:27
★鍵コメさん>なあんだ、そういうわけだったんだ。
勝手にエキサイトのせいにしていました。だって前に他のふたりの方のブログも繁栄してないことがあったから。お気を使わせてしまってごめんなさい。また、よろしく(^^♪
Commented by うー at 2006-06-11 21:58 x
こんばんわ。今、初めて知りました。私なんかがなんとも言える
ようなことが出来ません。ただただ、少しでも元気を出してください。
その程度のことしか~~!
人の一生、人の運命って、ほんとわかりにくいです!
1日、1日を大切にしていくことしかないような気もしています!
Commented by pleiad-subaru at 2006-06-11 22:37
★うーさん>ありがとう、ご心配かけてしまいましたね。
兄も最後はつらそうだったから、これでいいという気がします。義姉もあれ以上は共倒れになっちゃうところでしたし。
私は大丈夫です。風邪からもやっと脱却できました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード