のあ506 黒いバラだけでなく

件名:開きました!!

本文:黒にゃん
    薔薇だけじゃない!

とシロリンままからメールが来たのですが…


b0061261_21412144.jpg

きゃあああ~っ!はしたない、のあっ(@_@;)
おなかのジッパーまで丸見えじゃん。これは2年前にのあままがスペイン旅行していた間、シロリンのおうちにお泊りしていた時ねっ。

続いてメール到着。

件名:なし

本文:シロにゃんも 満開だーい!

b0061261_21413589.jpg

おおぅ!満開だ(@_@;)


ったく、この子たちは…(^_^;)









ええと、「らむにゃん家」のふーさんの別館ブログPetit chambre☆で、つつじの花をUPされていて、昔つつじのモチーフで小さな物語を書いたらつつじを好きになったってコメントしたんですが、ソレをごらんになりたいと物好きなご意見をいただきました。
ひっさしぶりに出してみたら、若書きで未熟なんですが…私の中身たいして変わってないのでそのまま打ってみました。ヒロインのしのぶちゃんが22歳と言っていますから、多分そのくらいの年に書いたのだと思います。

b0061261_2245548.jpg

「つつじの恋人」以前の旅ブログにUPしてみました。
良ちゃんとしのぶシリーズで3作くらい書いてますね。
みっともはずかし…ですけど、読んでやろうかい、と思った方ごらんになってください。
たいしたもんじゃないから、期待しないでね。

by pleiad-subaru | 2006-05-23 22:05 | にゃごの話 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/4775717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cookie-tea38 at 2006-05-23 22:32
行ってきました、つつじの頃に。
これは、ままままさんの体験で、モデルはままままさんとKenちゃん様?
瑞々しくって、ほんのり色づいたピンク色のほっぺを連想されるお話でした。
ままままさんの若かりし姿を頭に描きつつ拝見させて頂きました。

ブツも読ませて頂きました。
とっても面白かったですよ。
もっと、もっと内容膨らませたら、なんか映画かなんかになりそうなストーリーのような気がしました。
今までの作品の中で、一番のお気に入りになりました。(^O^)/
Commented by at 2006-05-24 05:49 x
従兄で、兄さんで、父さんであった9歳違いの良ちゃんが恋人になってゆく
過程にドキドキしました。7歳と16歳って言うと、とっても年の差があるように感じる
のですが しのぶちゃんが22歳良ちゃんが31歳だととってもお似合いの
年恰好に感じるこの不思議・・これはままままさんとkenちゃん様?と
gingerさんと同じ事考えました♪
「波山の法」はペルシャの邪教という設定ですがこれはままままさんの
オリジナルなのですか?それともそう言う魔法(?)が本当に存在したのでしょうか?
グイグイ引き込まれて読ませて頂きました♪遠田三郎正景様(少し多聞様に
似ている・・)の魂に時空を越えて会いに行く・・・で、正景様の最後のお顔が
笑っているのですね・・・じ~んとしました。(3p?の妄想には笑いましたが)
それにしても笹原家の系図しっかり人物設定が出来上がっているのが
物語りに厚みを持たせているのだと とっても感動しました。
ああ・・ままままさんって本当に才能豊かなのですね♪
Commented at 2006-05-24 11:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 5656nyan at 2006-05-24 11:37
お返事遅くなっちゃいましたかしら。
ねこじゃらしの写真でよければどうぞお使いくださいませ。
もう少しきれいに撮れてる写真だと、もっと胸張って使ってっ使ってっ!といえるのですけど・・・(笑)
のあくんもシロリンくんもリラックスの極地なんでしょうね。
あー、ナデナデしたいっ!
Commented by irodorukoro at 2006-05-24 16:08
しろりんちゃん、男の子だったのね。。
のあちゃんも、黒くて分かりにくいけど、おばちゃんはじゅかしぃ~~~。。
と言いながらしっかり見てたりして^^。
うちの子あまりおなか出して寝ないな。どうしてだろ??

私もブツ、ドキドキしました。
これからが楽しみです。
Commented by sirenejp at 2006-05-24 22:35
のあちゃんもシロリンちゃんも、「中の人」、ずいぶんリラックスしてる
ご様子ですね(笑)。
ジッパー開けて、中の人が出て来ちゃったらどうしよう!
「つつじの恋人」、のちほどじっくり読みに参りまする。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:17
★gingerさん>お恥ずかしゅうございます。
ええと、体験ではありません。モデルでもないし。でも多少投影してるとこはあるかも…ですね。今回読み直して、尾瀬の朝の湿った霧の匂いを思い出しました。明治神宮の玉砂利の感覚も。
このカップルで4作書いていたのですが、見たら「金木犀のかどを」ってのがひとつ無いです。載っている院内報があるかしら??

あひゃ、ブツ。私けっこうこれ好きなのです。ペン入れた中では一番好きかも。
気に入っていただけてうれしいです。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:35
★凛さん>へへ、私とKenちゃんは6歳違いです。(^_^;)

「波山の法」はもともと宇月原晴明(今度山本周五郎賞とったらしい)の書いた「黎明に叛く者」に出てきます。使うのは毒殺魔の名の高い松永弾正です。
実際には人を惑わし、明智光秀を本能寺に導く邪法ですね。兄ちゃんの使う法とはだいぶ異なります。
「波斯の邪法」というシチュエーションに触発されて作った話です。

長いことつきあっているので、系図なんかもおのずとできてきます。名前だけで顔も無いじいちゃんの側室なんてのもいますけどね。正景さんもお涼さんも私はけっこう贔屓です。

ほんとに才能豊かならいいんですけど、実際は冷や汗モンです(^_^;)
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:36
★鍵コメさん>サンキューでした。うれしゅございました。(^^♪
Commented by ramzoh at 2006-05-24 23:42
あっ!のあたんお腹にジッパーが!
その中には誰が隠れてるの~~~??わくわく♪
シロリンたんったら(*ノノ)キャ 
でも みんなこんな格好してるってことは安心してるんだよね^^
つつじの恋人 UPして下さったの?
嬉しい~~♪ 早速読みに行ってきまーす ≡ヘ(* - -)ノ
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:44
★ねこじゃらしさん>ありがとうございました。助かります(^^♪
私が尾瀬へ行ったのはそれこそ大昔で、写真も撮ったか撮らないかって頃でしたから。
ねこじゃらしさんならきっとUPしてらっしゃると思って、ゆうべ探しに行ったのです。

みなさま、「つつじの恋人」の尾瀬のシーン。レンゲツツジの画像をねこじゃらしさんに使わせていただけることになりました。見てね♪

シロリンは自分のお家だからリラックスするのわかりますが、居候の分際でありながら、のあ、その態度はど~なの??よそのお宅でのそのくつろぎぶりはど~よ。
シロリンままやご家族が大事にしてくださったから、こんなアラレもないかっこでいられるんでしょうけど。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:49
★いどどりしゃん>シロリンもクロリン(?)も、元男の子なんです~。
まったくね~。「はしたないと思わないの?」「おもわにゃい~!!(声を揃えて)」あんたらは~(-_-;)

いかった~。ブツいまのとこ好評ですね。ほっとしました。
そのうちまた企画します。待っててね(^_^)v
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:53
★sireneさん>のあのおなかにジッパーがついているのは知っていましたが、シロリンにもやっぱりついていることは、この写真を見てはじめて知りました。
開けるな、開けるな、コワイから。

「つつじ…」冷や汗モンですが、ご笑読(こんな日本語無いぞ(^_^;))くださいませませ。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-24 23:58
★ふーさん>リラックスしすぎでないかい?って感じもあるんですけどね。「黒猫天国」でこんな場面ありましたよね。びろ~~~~~ん♪(おいおい)

恥ずかしながら、「つつじ…」なんぞUPしてしまったです~。ものすごくひさしぶりに読み返したら、へえ、こんな風に書いてたんだって、なんか新鮮でした。
別ので見たら、良ちゃんはしのぶちゃんの叔母さんが後妻に入った先の、先妻さんの息子らしいです。従兄だけど血はつながってないのね。
Commented by at 2006-05-25 07:37 x
ままままさんーー!!ごめんなさい!「波山の法」を一刻も早く読みたくて
読破した後で今、ままままさんの水色の同封されていた手紙を読んで
ギク!としました。ちゃんと波山の法の説明を書いて下さっていたのですね・・
ああ・・・恥ずかしいせっかちの凛です・・・・m(__)m
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-25 10:42
★凛さん>あはは~、ご心配なく。
いつもズラズラ長文ですみません。長くなるのは私の悪い癖。

次回はどれにしようかと、思案中です。(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード