のあ498 六義園

さて、六義園です。柳沢吉保の邸だ。はい、五代将軍、犬公方綱吉の御側用人ですね~。

綱吉のママは桂昌院、もとをただせば八百屋の娘です。この出自を恥じた息子が朝廷に多額の寄付をして、見返りに従一位という破格の位を母親にもらおうとくわだて、それが上手くいって朝廷から勅使が到着、引見の儀式を行おうとした時、刃傷沙汰をおこしたのが浅野内匠守です。そりゃ、怒るわな。マザコン将軍、ママに喜んでもらえるとおもったのにケチがついたわけですからね。

ちなみに綱吉、身長が124cmしかなかったそうです。将軍が死ぬと身長と同じ長さの位牌を三河の大樹寺におさめるんで、それを計測してわかったんですね。ホルモン系の内分泌異常らしいです。(新潮新書『徳川将軍家十五代のカルテ』から)  閑話休題。


b0061261_20503626.jpg六義園は駒込から歩いて7分。本郷通りに面しています。これは庭に入る内庭大門。

ここをくぐると…









わっ!枝垂れ桜、大きいっ(@_@)
b0061261_2053864.jpg
これは、春来るっきゃありませんね。左隅の大きさ比較のマッチ棒代わりになってくれた人、ありがとでした。

b0061261_20571424.jpg
ほんとに都内?広いです~(@_@)なになに、87809.41㎡!

六義園の名は古今集の序で、和歌の形が六体あるということに由来してるとのことです。全然知らんかった。

b0061261_211867.jpg
園内で一番高い『藤代峠』35mから見下ろした景色です。
池のまん中の島には妹山、背山というふたつの築山が。

b0061261_2164217.jpg
『滝見の茶屋』から眺めた滝です。水流を三方に分けている石が『水分け石』。

b0061261_2194715.jpg
右が『滝見の茶屋』向こうに見えているのは『千鳥橋』です。

b0061261_21113615.jpg
池には亀さんが甲羅干し♪

b0061261_2154512.jpg
真ん中の島は『蓬莱島』です。

いやあ、びっくり。六義園の名前だけは知っていましたが、都会の真ん中こんなに閑静な庭園だとは知りませんでした。空気までが濃い感じ。コゲラも発見。鳥たちのさえずりもこころなしか元気がいいようです。
枝垂れ桜の花も見たいし、キンクロハジロやオシドリが来るということだし、季節が変わったらまた訪れたいと思わせる『和歌の庭』六義園でした♪

by pleiad-subaru | 2006-05-12 21:22 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(15)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/4648932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sirenejp at 2006-05-12 23:10
あの駒込に、こんなに広く綺麗な庭園があるなんて...。
六義園の枝垂れ桜は、ライトアップされてるのが新聞に載ってましたね。
いろんな池で、カメさんらがこうして甲羅干ししてるの見ますが
つい、ぷぷぷと笑ってしまいます(^^)。
下敷きにされてるヒトと、静かに、熱く(!)戦ってる場面が見れたりして
気づくとカメたちを凝視しているアブナイひとになってたり...。
雨上がりの濃い空気に、緑の深い匂いがしてきそうですね〜。
Commented by j-lovin at 2006-05-13 01:26
うぷぷ、↑のsireneしゃんのコメントが面白い!
カメを凝視してるアブナイひと・・・・(*≧m≦*)ププッ
井の頭公園でもよく亀が甲羅干ししてました。昔あの辺よく行ってたんです。

六義園って広いんですねーーーーっ。
これは是非、今度行ってみようと思います。緑の匂いとか土の匂いに
植えています。ベランダで、チューリップを抜いた後のプランターの土を
クンクン嗅いでみたりしている、アヤシイ奴なのです、ワタシ・・・(^^;)
Commented by at 2006-05-13 05:40 x
ああ・・・ままままさんの歴史の解説がメッチャ面白い!
>綱吉、身長が124cmしかなかったそうです
知らなかった・・綱吉さん。。。身長の事気にしたんだろうなぁ・・・
でもって 自分のママちゃんの出自の事も気にしたんだろうな・・・閑話休題・・

六義園って本当に都心???って思えるほど、素晴らしい庭園ですね♪
枝垂れ桜・・・まるで小山のようですね!これは是非ままままさんに
春の桜の時期にはレポートをお願いしたい凛です。
でもってその前にキンクロハジロやオシドリのレポートも
お願いしたい凛なのでした~♪ふふふ・・・奈良の猿沢の池の亀ちゃんも
こんな感じだよん。あそこは鯉のえさが売っていてそれを鯉から
亀ちゃんが横取りしてるのが見れます・・・ってオイオイ・・

Commented by irodorukoro at 2006-05-13 09:20
庭園の中に山まであるんですね。
なんて広い。
私はこの前後楽園で、ただ写真をとっただけのお粗末なエントリーでしたが
ままままさんの案内はとてもよく分かりました。
都会の喧騒から逃れて心を落ち着かせるにはいいところですね。
でも、散策するのは時間がかかるのかな?
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 16:31
★sireneさん>中入ったら広いのでびっくり。
塀1枚で隔てただけで別世界です。あくせくした毎日、都会の中で森林浴が可能って、お得な気分ですよね。
ふっふっふ、アブナイひとは大歓迎さっ。(類は友を呼ぶという…)
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 16:35
★junさん>井の頭公園…私もよく出没してましたが。
「飛行船」ってお店があるでしょ。あそこの猫グッズがかわいくて(*^_^*)猫だのシマウマだの編みこんだセーターがお気に入り。前は習志野のヨーカドーにも入ってたんですけどねえ。
ぜひいらしてください。今回のように古川庭園とセットで回れます。緑は何よりのヒーリング♪
ふっふっふ、アヤシイひとも大歓迎さっ(^_^)v
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 16:55
★凛さん>この「徳川将軍家十五代のカルテ」って面白い本で、将軍達の身長や死因、何歳まで生きたか、いろいろ書いてあるんです。
小便公方と呼ばれて、側用人の大岡忠光しか言葉を聞き分けられなかった九代家重。実は脳性麻痺だったけど知的にすぐれていたとか。十一代家斉、もうけた子どもが57人とか。
昔は将軍様、大奥ってハレムで毎晩お楽しみ、いい御身分ね、と思っていましたが、実際は跡継ぎをつくるために必死だったのね~。でも両側にお伽坊主(♀)と御中臈がいて、真ん中に将軍と側室。4人で1本多い川の字に寝るのよ~。げええ。閑話休題♪

桜の時期に絶対行ってきますね。そう、オシドリも見たいのよね~。がんばりまっす!
Commented by うー at 2006-05-13 16:56 x
こんにちわ。素晴らしい庭園ですね。柳沢吉保は昔、日本史で習いましたね。
名前だけは覚えてました。将軍の位牌のお話、面白く拝見しました。
ほんとに都内にこんな素晴らしい庭園があるなんて~~。
池も相当広そうですね!
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 16:59
★いどどりしゃん>広いっしょ~。兼六園には負けちょりますが。
いどどりしゃん、このあいだ時間がなかったものね。もう少しゆっくり散策したかったですよね。
あ、それほど時間はかかりませんでしたよ。おばかな話をしながらまわってきました。
6月はアジサイやタイサンボクが見ごろらしい。四季を通じて楽しめそうです。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 17:04
★うーさん>すごいでしょ。私もこんなに広いとは知りませんでした。
オシドリが来るのですって。明治神宮の池に来るという話は聞いていたのですが。今度はダンナを連れて行かなくちゃ。
池も広いですよ。そして気持ち悪いくらい太いでかい鯉がわしゃわしゃ泳いでいました。口を開けたら500円玉くらい軽く飲み込みそうです。いやピンポン玉いけるかも。いっそテニスボール…怖いです。
Commented by at 2006-05-13 18:15 x
>両側にお伽坊主(♀)と御中臈がいて、真ん中に将軍と側室。4人で1本多い川の字に寝るのよ~。
どひゃーーーー!!!
↑って今の世の中の規範から考えたらめっちゃ倒錯した世界ですよね・・・(@_@)
お伽坊主(♀)と御中臈さん・・・悶々しただろうなぁ・・(爆)
で、徳川将軍家十五代のカルテってとっても面白そうな本ですね。
買いやすいお値段でしょうか?とっても気になる凛です。(^^ゞ
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 20:33
★凛さん>いやでしょ~(-_-;)
これはね、別の本で読んだのですが『時代劇のウソ?ホント?』それこそ、綱吉が愛妾にねだられるまま、彼女の生んだ子に百万石のお墨付きを約束しちゃったことがあったからなそうな。おねだり防止に聞き耳を立てているらしいです。
『徳川将軍家十五代のカルテ』篠田達明著、新潮新書¥680-多分amazonで買いました。おもしろいですよ。
Commented by j-lovin at 2006-05-13 21:51
まままましゃん!
飛行船って陶芸教室やってたのご存知ですか?
わたし、数年間あそこで土いじりをしてたんです!
飛行船の名前が出たのでビックリしましたっ(^o^)/
おなじ系列で井の頭公園に続く道に、猫グッズとか、陶器とか売ってる
お店ありましたよね?ままままさんがおっしゃるのは其処のことかしらん?
教室にも、住み着いてる猫ちゃんが居て、とっても可愛かったんです。
今どうしてるかなぁ~。
井の頭公園は、奥のほうに武蔵野の森が残っていて、大好きでした。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 22:16
★junさん>えっ、そ~なの!?
知らなかった。私言ってたのはお店のほうです。
結婚前は練馬区大泉に住んでたので、バスで吉祥寺までよく行ってたんです。妹の高校、大学があっちのほうだったし。そのあともよく妹と会ったりしてたんですよ。ニアミスしてたかもね~(^^♪
junさん、陶芸もなさるんですね。多趣味だわ~、尊敬。
Commented by pleiad-subaru at 2006-05-13 22:38
★凛さん>言い忘れました。御台様はふたりっきりになれるのよ~。正室は強い!!
羽月城の城主の正室も、鼻っ柱は相当強いです。って、かたばみちゃんですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード