のあ319 彩りさんに捧ぐ

このあいだ京成バラ園で買ってきた4つのうちのひとつです。
b0061261_11435670.jpg
名前判明しました。「メランポディウム」今朝の新聞の「花おりおり」に出ていました。
「本来は多年草で、種によっては黒く太い直根があり、それをリンネがメラン(黒い)ポディウム(足)と命名。原産地メキシコ」
そうだったのかい。名前もわからないで値段で買ってきてしまって、ブログにも載せてもらえないところだったのに、よかったね、リンネ先生の、もとい湯浅浩史(という人でした)さんのおかげだね。







今朝方、彩さんの夢をみました(何人目ですか、人の夢ジャックは?)

最初は彩りさんのブログを読んでるんです。
お誕生日が近いらしく(私の誕生日が明後日なんでその影響)

「私は誕生日の前後“のほほんさん”と呼ばれるのが、とても満足(ごめんね~、でも夢だから、不条理なの~)なぜなら、中村○○子さんがこうおっしゃっているから(誰や!?)」

そして中村さん(?)の雑誌に出たエッセイ。彩りさんのお家の雰囲気を褒め(和風の照明器具とか飾ったお花とか、食器とか)
b0061261_12202043.jpg

「のほほん亭(そ、そんな名前だったの!?彩りさんち?)の女主人は、暮らしに彩りを添えていられるのです」

b0061261_12203864.jpg
そしてそして「のほほん亭」の敷地にあるカルチャースクールに視点は移り(TVみたい)私は彩りさんちって、すごく広いんだと感心しつつ、教室にあふれた団塊の世代の男性達にびっくり。みんなバンダナにエプロンです。加賀料理の講習会なのでしょうか??
(これは多分ゆうべ横目で見ていた、堺正章と吹雪ジュン主演のNHKドラマ「理想の生活」の影響です。私ってわかりやすいヤツ)

このへんで、隣のリビングからPCのキーボードをたたく音が聞こえてきて、私も夢だったということがわかってきました。「っと、1000万…」なにが?そういえばKenちゃん予算がどうたら、今日は疲れたから明日早く起きてなんたら言ってました。


というわけで(どういうわけで?)私の頭の中には、のほほん亭の広大な敷地と、君臨する女主人彩りさんのイメージができあがってしまったのでした。

だけど、彩りさん本人とふぃがくる両君の出演がなかったのが、とっても心残り。こんど私の夢ジャックする時は、2匹とも連れてきてくださいね。お待ちしています。
(写真はイメージ映像:2枚ともかみのやま温泉「花明りの宿 月の池」です)

by pleiad-subaru | 2005-10-21 12:24 | いろいろ☆