のあ286 ご報告その2

みなさま、御心配をおかけしています。

激励のコメントの数々、ほんとうにありがとうございました。本来なら個々にお返事するべきなのですが、こんな事態ですので「御報告その2」をお返事に代えさせていただきたいと思います。


昨日面会時間の2時に病院に行きました。
あいかわらずいろんな管につながれていましたが、心電図のコードははずれていたし、顔色が少しは良くなってきています。(事故後最初に見たときは死人のようでした。今思っても胸が苦しくなります)
痛みでうなってはいますが、とりあえず食事は食べられたようです。一日絶食でしたから無理もありません。ただ熱が高く苦しそうです。氷枕したうえに、左脇の下、右鼠径部(足の付け根)にアイスノンはさんだりのせたりしています。

ベッドの上でもうリハビリが始まりました。自動的に曲げ伸ばしをする機械を足の下に入れ、ゆっくり上下させます。膝がぐぐぐぐぐっと上がっていき、またすうう~っと沈んでいきます。
一番高いところにかかるあたりで「痛い痛い痛い!」と悲痛な声があがります。
「痛いだろうけど頑張りな。筋肉が固まっちゃってから伸ばすのは何十倍も痛くて、手間もかかるんだからね!」と根拠もなにもないことを言って、叱咤激励の母です。


保険屋さんとはゆうべ会いました。
加害者の話も聞き、現場の写真も撮ってきたようです。

私達はずっとバタバタしていて、本人の口から事故の詳しい状況を聞いていないのですが、横断しようとした自転車に、右折しようとしてきた車が右からぶつかりふっとばして自転車もろとも倒れて膝ぐちゃぐちゃ…ということらしいです。
こちらに過失があると、保障が減額されるらしい。
横断歩道の近くですし、スピードが相当出てないとあれだけの怪我にはならない。
手前の車が待ってくれていたので、右折を急いで前方確認がおろそかになったんじゃないかとは私達の意見。利害対立するのでまだいい加減なことは言えません。

加害者は日曜にお見舞いに来ます。
手術の日、なにか連絡してくるかと思いましたが電話ありませんでした。翌日こちらからかけました。
「お電話しなくちゃと思っていたんですけど…すみません」 
 しろよ!
妹夫婦も日曜に来てくれます。のあままも今日(金曜)仕事が終わってから来てこちらへ泊まり、明日もう一度病院に行くと言っています。

★シロリリン☆さまからのメールでとりあえず、しろりんがお見舞いに向かったそうです。
b0061261_9274218.jpg
                このかばんで。

(あ~写真を入れられるだけ、気分に余裕が出てきた…って自分で言ってますが)
私がへたったら総崩れなので、そうならないよう適度に手をぬきつつ頑張ろうと思います。
しかし、生協の注文をPCに打ち込んだらいつもの半分以下でした。我が家のエンゲル係数の高さの原因はひとえにあいつだったのだということがよくわかりました(!?)

ブログやっててよかった。日本のあちこちで気にかけていただいてると思うと、とても心強いです。
irodori123さま、j-lovinさま、abytailさま、gingermurmurさま、5656nyanさま、アッキ~。さま、madam ichikawaさま、simple2601さま、pecosuke3さま、ramzohさま、ねこりんさま、kiyokimeさま、Syuさん、Hiroriさま、★シロリリン☆さま、K玉さま。 そしてPCや携帯にメールをくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

by pleiad-subaru | 2005-09-09 09:43 | いろいろ☆