のあ285 御報告

台風の被害があちらこちらで出ています。被害に遭われたみなさま、お見舞い申し上げます。
台風ではありませんが、我が家にも大変なことがおこってしまいました。

息子のJimあらためKazu(Kenちゃんが八つ当たり気味に「そういう呼び方、やめてくれる」と言いました)が、事故りました。

6日の11時ごろ、歯医者に自転車で言った帰り、スーパー前の三叉路の横断歩道を渡っている時、左から40代女性の運転する車に当てられたのです。
左脛骨高原骨折。左足の関節下の部分がかなり複雑に折れました。
救急隊からの電話を受けて病院にタクシーをとばすと、彼はレントゲンを撮っているところでした。レントゲン室から帰ってきたストレッチャーの上の息子を見たら、顔が土気色をしていました。心臓をぎゅっとつかまれたような気がしました。

即入院、翌日手術が決まりました。
痛い痛いとうなる息子のそばにいて、はげますことしかできませんでした。

一晩あけて、今日7日。
手術は2番手なのでお昼頃、と言われていましたが家に居ても落ち着かず、休みのKenちゃんとふたり、8時半頃には病院に着きました。手術にそなえて絶食の息子は、顔色は昨日よりはましでしたが、熱もあり、相変わらず痛がっていました。

12時からオペ室に入って、息子が出てきたのは4時でした。
心電図や、導尿や、酸素マスクや、点滴や、なんだか血液の袋など、いろいろな管やらコードにつながれていました。麻酔は醒めかけていて、いくらかどんよりした目をしていました。

のあままとSyuさんが心配してかけつけてくれました。遠いし、仕事もあるのに。
ありがとうね。

先生がレントゲンを見せながら説明してくれました。
大きなボルトが5本も写っていました。金属のプレートも写っていました。
将来骨がくっついたら、また開いて取り出すのです。
左足に全体重をのせることができるようになるまでには(つまり歩けるようになるまでには)3ヶ月、と言われました。気長にリハビリをしていくよりないそうです。
入院は約2ヶ月とのことでした。
我が家は3Fです。彼はタテヨコ大きいです。自力で階段を上がってもらわねばなりません。

とりあえず、私にできることは明日からの病院通いです。
面会時間の2時にまにあうようにでかけ、病院発5時32分のバスで帰るようにしましょう。

長々書いてきましたが、そんなわけでちょっとのあいだ「のあ」も「ねっろ」も更新ができません。
でも午前中も夜もありますから、そして私はとっくにブログ中毒になっていますから、それほど長くなることはないと思います。
みなさまのブログにはおじゃまさせていただきます。こういうときこそそれが私にとっては必要です。

保険会社とのバトルに備えて、体力を温存させねばなりません。
母は強いです。頑張ります。

by pleiad-subaru | 2005-09-07 23:23 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/3432591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irodori123 at 2005-09-07 23:52
千葉に台風は・・・大丈夫のはずと思いながらも、どうされたかと思っていました。Kazuさん、若いから、回復も早いと思いますが、大丈夫でしょうか。かわいそうに。
私も、ここ、2年くらい母の単車での単独の事故(母は80歳まで単車ににってました)から始まり、入退院を繰り返す母のことで心労は大変なものでした。数ヶ月前は、重篤な状態でした。でもそんな母でも、不死鳥の如くよみがえってくれています。
息子さんはダイジョブ。ままままさま、無理をしないで下さいね。
Commented by j-lovin at 2005-09-08 00:05
すごくびっくりしました。なんということでしょう(;o;)
手術は無事に済んだのですね。本当に良かった・・・。
Jimさん(Kazuさん)、かなりお辛かったでしょうね。
ままままさんはじめ、ご家族の皆様のお気持ちも考えたら本当に辛いです。
これからもしばらくは大変だと思いますが・・・。
Kazuさんの支えはお母様であるままままさんですものね。
精神的にも大変だと思いますが、Kazuさんの回復をこころからお祈りしております。。。
Commented by abytail at 2005-09-08 02:11
母がポッキリいっちゃったらシャレになんないから、ほどほどにね。
しんどくなったら、うちに毒吐きに来てくださいな…。
Commented by gingermurmur at 2005-09-08 06:53
Kazuさん、大変でしたねえ。びっくりです。命に別状がないご様子にはほっとしましたけど、でも大怪我じゃないですか。
時々、電話をとるとき、これが警察からの家族の事故を知らせる電話だったりしたらどうしようと思うことがあります。そんな電話を受けたらパニックに陥りそうです。
手術も無事済まれたようですし、これからは日にちが薬ですね。当事者もご家族も大変でしょうけど、お気をつけられてください。
しっかり食べて、体力温存をお願いいたします。
Commented by 5656nyan at 2005-09-08 12:59
まずはお見舞い申し上げます。
交通事故って予測できないだけにご本人もご家族も大変ですね。
どうぞ無理なさらずに・・・
お母さんが疲れちゃったら怪我しちゃった方はもっとつらくなっちゃいますよ。ファイトですーっ!
Commented by アッキ〜。 at 2005-09-08 21:41 x
まずは、お見舞い申し上げます。
記事を見てビックリしました。
気が気ではないでしょうが、とにかく無理はなされないでくださいね。
Kazuさんの回復をこころからお祈り致しております。
Commented by madam ichikawa at 2005-09-08 22:13 x
お見舞い申し上げます。
驚きました。私も毎日運転するので、気をつけます。
Kazuさんは若いから、きっと回復も早いでしょうね。お母さんは無理をしないように、病院にいる時より、帰ってからの方が大変なのだから。
7月に母が順天堂に入院した時に22,3の女の子がやはり交通事故で脚を手術し、入れたボルトをはずす手術を受けに入院していました。はずしたボルトをみせてもらったら、5センチ位あるのでびっくり!体の中に入れるものだから、小さいものを想像していたら・・・
でも、彼女はピンシャン、飛び跳ねながら退院していきました。大丈夫、きっとKazuさんもすぐに元気になられますよ。頑張れ~~
Commented by simple2601 at 2005-09-08 23:03
今、来てびっくりしました。大変だったですね。お見舞い申し上げます。
手術、無事に終わったのですね。ひとまずは良かった!
実はうちの主人も手術入院(たいした病気ではないです)で最近退院したばかりなので、なんだか人ごとではないです。入院中は、誰でも心細いものですから、出来る限り通ってあげたいですよね。
でも、いろいと大変な事がたくさんだと思いますけれど、お一人でがんばらないで、たまには皆さんの力も借りて、無理をなさらないで下さいね。私達も応援しています。kasuさんもあせらず、ゆっくり療養して下さい。
Commented by pecosuke3 at 2005-09-08 23:51
たいへんな出来事でしたね。
手術、成功してなによりでしたね。
お見舞い申し上げます。
息子さんも大変だと思いますが、支えるままままさんもきっとご自分が思っている以上に負担がかかっているはずです。
どうぞ、ご自愛ください。

保険会社とのバトル、たいへんそうですが、がんばってください!
取れるところからは、全部とっておきましょう!(そのために保険料払ってるんですもんね~)
Commented by ramzoh at 2005-09-10 00:19
Kazuさん ままままさん 家族の皆様
お見舞い申し上げます・・・
事故は本当に突然で 精神的にも肉体的にもショックは大きいですよね
いままで普通に動いていたものが思うように動かない 
リハビリは本人にとって大変な事と思いますが 支えてあげて下さいね
そして ままままさんも・・お体に気をつけて下さい
1日も早く回復される事をお祈りいたします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード