のあ208 わがまま・まままま

わがままになったな、と思いました。我慢がきかない。
なんの話かというと、本の話です。図書館で借りてきたうちの一冊ですが、(講談社ノベルス、いわゆる今はやりっぽい軽い小説。でも表紙がアニメっぽくはないから、キャラクター小説っていうのとは違うのかな…)

1ページ目で文章にひっかかり、2ページ目で放り出しました。
私はこれ、読めない。以前は読み始めた本は無理してでも完読したものですけど、我慢がきかない。
あ、でも自分で買った「リアル鬼ごっこ」は完読しましたよ。あれもすごかったなあ。「ひっかかる」どこの話じゃなく、地の文全部だめ、組み立てもなってない。勢いだけで書いてる。
っていうか、編集者つっこんでやりなよ。本人が恥かくじゃないの…と、私は思いました。

今回は(高級豆腐料理屋で)「左右の壁に、綺麗な模様の入った襖が並ぶ」(どんな模様だよ!手間省くんじゃない!)という文と、「床の間を背負ったお誕生席だった」(無神経な言い方!)が、嫌だったんです。別に私が読まんでも、シリーズしっかり売れてるらしいのでかまわないでしょう。作者1976年生まれだからなあ。でも若くてもしっかりした文書く人はいくらもいるけどなあ。

気がついたら本だけじゃなくて、行きたくない展覧会なんかにおつきあいで行く…ということもなくなってます。ふっふっふ、人生折り返しに入ると、コワイもんはなくなるんだよん。
b0061261_230834.jpg
ぼくはいつだって、好きなことしかやんニャいよ~♪
そうだね、のあ。君が正しいよ。

by pleiad-subaru | 2005-06-07 23:08 | いろいろ☆ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/2894720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 5656nyan at 2005-06-08 17:19
波長が合う・合わないって絶対ありますよね。
私の場合でいえば作者の年齢関係なく、これだめ!ってのによくぶつかる。読んでて疲れる本を無理して読むほど時間に余裕もないし。(笑)
わがままってのとはちょっと違うかも。
自分の人生、自分で責任もてるようになったら受け入れたくないものまで受け入れなくてもいいってことなんじゃないですかねー。
大人の常識とするとそれもちょっと違うのかな?
Commented by pleiad-subaru at 2005-06-08 21:31
★5656nyanさま>伊坂幸太郎なんかは若くてもするする読めるんですけどねえ。お仕事辞めて行き帰り2時間の読書タイムが無くなったかわりに、読み出すととまらなくなって一気読みしちゃうことが多々あります。ふと気がつくと2時半とか…お肌にはよくないですね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード