のあ606 ウフィツィ美術館展とクリスマス ライトアップ☆

近所の公園の遊歩道の紅葉もだいぶ色づいてきました。
b0061261_231014100.jpg



昨日ちょっと用があっておでかけ。おでかけついでにクリスマスツリーをいくつか撮ってきました。


どこへ行ったかというと…→ここ
上野の東京都美術館で行われてるウフィツイ美術館展
ラッキーにもチケットを雑誌「ノジュール」のアンケートでGETしましたので、シロリンままと行ってきました。


この絵はこの展覧会イチオシの、サンドロ・ボッティチェリ作「パラスとケンタウロス」です。
b0061261_23322839.jpg
「黄金のルネッサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで」とうたっており、出展数もかなり多く見ごたえがありました。

そうそう、出口近くにこのパラスとケンタウロスの顔の部分を切りぬいた、あの観光地にある顔はめこみ写真撮影用パネルが設置してあり…すごいこと考えるなぁと半分あきれつつ感心しました。
だあれも利用してなかったけどね。

≪業務連絡≫
シロリンまま、ヒエロニムスは4世紀の聖書学者で聖人でした。
だからキリスト降架図に聖母マリアやマグダラのマリアと並んで登場してるのはおかしいんですけどね。
赤い帽子とライオンは彼のトレードマークで、ライオンは棘をぬいてやったという伝説に、赤い帽子は枢機卿の印にとそれぞれ由来しています。





では クリスマス・ライトアップを御紹介。

b0061261_2312833.jpg
丸ビルのツリー。

のん、アナ雪のツリーよ~。(*^_^*)



これも丸の内のMY PLAZAのクリスマス飾り。
b0061261_23185237.jpg




ラストは銀座MIKIMOTO本店のクリスマスツリー。
b0061261_23195349.jpg
まだ明るいのであまりぱっとしませんが、暗くなったらさぞきれいなことでしょう。
でも人が多くて写真撮れなかったりして(^_^;)
ここのツリーはたくさんの人が毎年楽しみにしていたのですが、店舗の建て替えで今年限りとなっているそうです。
クリスマスシーズンが終わるとこの根つきのツリー、公募で申し込んだ団体(保育園や小学校、幼稚園に限られてるらしいです)に抽選で 運送費植え付けの費用こみでプレゼントされるそうです。
MIKIMOTO太っ腹っ!!

by pleiad-subaru | 2014-11-23 00:00 | おでかけおでかけ♪ | Comments(5)

Commented by beauty1461 at 2014-11-26 20:20
こんんばんは。
ウフィツィ美術館展行かれたんですね。
実は私、恒例の冬の格安旅行で、本家本元に行く予定です。
でも、この有名なボッティチェリの絵は、日本に来てるのだからみられないのですよね。残念です。
フェルメールの真珠の耳飾りの少女?も本家本元で見られなかった私です。ま、あれは神戸で見てたからよかったですが。
Commented by pleiad-subaru at 2014-11-26 21:20
☆beautyさん>いいなあ、イタリアですか(^^)
私イタリアは2度行ってるんですが1度目はローマとポンペイ、ナポリだけ。2度目は南イタリアとシチリアだったので、ナポリ、フィレンツェ、ヴェネツィア行ってないんですよ~。
前にルーブル行った時は、ドラクロアの一画が工事中で「民衆を率いる自由の女神」がみられませんでした。
後で上野で見ましたけどね(^_^;)
Commented by appleleaf38 at 2014-12-01 20:45
今、queenさんのブログで美術展の話見てきたとこです。
よかったみたいですね。
Commented by desire_san at 2014-12-06 05:58
こんにちは。
私もウフィツィ美術館をみてきましたので、楽しく拝見しました。
イタリアのルネサンスの絵画を見ると心が休まりますね。古い美術は現代絵画にはない繊細で落ち着いた美しさがあるように思います。
上野公園の紅葉もきれいでしたね。
丸の内のMY PLAZAのクリスマス飾りや丸ビルのツリーもきれいですね。

私もこの美術展でボッティチェリの初期から晩年までの作品を見て、画風の変遷と彼の作品の魅力を整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。

Commented by pleiad-subaru at 2014-12-09 21:42
☆desire_sanさん>いらっしゃいませ。
ウフィツイ美術館展、いらしたんですね。
あまり期待してなかったのですがいい意味で裏切られ、
とても見ごたえがありました。
このところバタバタしていますが、一段落したらゆっくり伺わせていただきますね。