のあ124 どぶくろ会館

のあは近頃、招待状につける金色のゴムひもがお気に入り。ちょ~だい、ちょ~だい~っ!
b0061261_22195063.jpg


お友達のむっちゃんさまにいただいたメールがおかしかったので、パクッちゃいます。

むっちゃんさまは先週末 妻籠宿、白川郷、飛騨高山をめぐる下呂温泉一泊旅行に行ってらっしゃいました。部屋食、食事4回つき、5つのおみやげもついて14980円という破格のお値段。さて その顛末は…

大手旅行会社のバスツアーにはよくあるのですが、この旅行はガイドがつかないツアーでした。
若い添乗員の兄ちゃんが最初にそれを説明し、バスの中も観光地の説明は一切なし。S.Aのトイレタイムも、観光地も集合時間を告げるだけです。

それが一箇所だけ説明があって、それが白川郷の「どぶろく会館」なにを思ったか兄ちゃん、それを「どぶくろ会館」とぶちあげたそうです。お客大爆笑。でもその後もいっこうに気にせず「どぶくろ」「どぶくろ」と繰り返す兄ちゃんに、やさしいお客たちはま、いいかとそのまま聞いていたそうです。Kenちゃんに教えたら馬鹿笑いしていました。そういえばせっかくの「お部屋食」も天ぷらがつめたかったそうです。

兄ちゃんの不勉強はどうしようもありませんが、ガイドがいないことは東名などよく通るところでもうそれは聞き飽きたよって説明もあるから、好都合なこともありますよね。むっちゃんさまも気兼ねなくおしゃべりできてよかったとおっしゃってますし。

ツアーも会社によって様々な種類があるから、私たちもどこを重視するかよく見極めて かしこく立ち回り、いいとこ取りをめざせばいいんですね。
春が近づくとなんだかそわそわ、旅心をさそわれます。漂白のおもひやまず…でも、今年はのあままのお式が終わるまでは自重、自重。

by pleiad-subaru | 2005-03-17 22:23 | おでかけおでかけ♪