のあ562 シンガポール旅行①

さてシンガポール。マレー半島の先っぽの島国です。


地図の左横のスケールを動かすとよくわかりますね。
上側はマレーシア、南はインドネシア、ほぼ赤道直下にあります。


一年中気温は30℃湿度は80%、日本との時差は1時間、日本が正午の時シンガポールは偽午前11時です。
人口は約530万人、そのうちの8割が中国系、その他マレー系、インド系等々。
公用語は英語、中国語(北京語)、マレー語、タミル語の4つ。
かつて英国の植民地だったのでたいていの場所で英語が使えます。
シンガポーリアンは最低でも英語+1つ、4ヶ国語を操る人もざらです?!

私もここへきてのにわか勉強で知ったのですが、シンガポールの建国は1965年。
最初はマレーシア連邦の1部でしたが、マレー人を優遇する政策に反対したことから追放されるように分離独立という形になったのです。

b0061261_2230976.jpg
この人が初代首相、リー・クアンユー。何の天然資源も産出せず、食糧や水まで自給できない小さな島国を東南アジア屈指の近代国家に仕上げた立役者です。
罰金システムやバイリンガル政策で「清潔で安全で健全で英語の通じる国」を作り上げました。すごいなあ。

と、ここまでが予習でした(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私と妹が出かけたのは3月の27日、3泊5日(最後は飛行機内泊、成田には31日の朝到着)現地係員がご案内する (成田発)季刊 うっとり夜景シンガポール というツアーでした。
とりたてて夜景が見たかったわけではないのですが、この時期春休みとあってコレしか取れなかったのです。


午前11時過ぎに成田を発った飛行機は午後の5時45分シンガポールのチャンギ空港に到着。
入国審査を終え、トランクを受け取って出口でガイドの楊(ヤン)さんと無事会えました。
彼女は中国系シンガポーリアン、友達のサイトウさん(大阪人)に似ています。ガイドさんはとっかえひっかえ5人いましたが、すべて中国系でした。

ワゴン車で移動、この日は私たち2人の貸し切りです。
クラークキーで中華料理の夕食。美味しかったです。
その後夜景観賞ボートに乗船。
b0061261_23153739.jpg



摩天楼もライトアップ。
b0061261_23182677.jpg



マリーナ・ベイ・サンズが見えてきました。最初はここに泊まろうかと思ってたんですけど取れなかった(^_^;)
ま、結果オーライだったんですが。
b0061261_23201734.jpg



対岸は…
b0061261_23214697.jpg
右がシンガポール・フライヤー観覧車です。真ん中辺の富士山みたいなホテルがマリーナマンダリン、その左横が横っ腹がちらっと赤いやつね)私たちが3泊したパン・パシフィックホテル・シンガポールです。
ホテルが選べるツアーだったんですがここを選んで大正解でした。


船はマリーナ・ベイ・サンズ近くの桟橋に着きました。ここから歩いてベイサンズ57階のバーに行くのですがか~な~りありました。船の形の屋上を支えてる3本の足の間がとにかく長い。ホテル内の移動も大変そうです。
エレベーターで上がって屋上のバーに。ワンドリンクがセットされています。
何を頼みますか?「それではシンガポールスリングを…」
ええ?席が無いんですって? 立ち飲みしろっていうの??
それってどうなのよと思いつつ、楊さんに言われてレーザーショウを見ます。
ベイサンズの建物から海面に向かって緑色のレーザーが放たれ、刻々と形を変えています。
b0061261_23333810.jpg
非常に見にくいですが写真の中央横くらいにかすかに緑色の線が走ってます(^_^;)

15分くらいのショウが終わったので、有名なプールをのぞき、そのあとホテルへ向かいました。
2日目は5時半の迎えまでフリーです。シンガポール動物園に行ってみる予定です(^^)

by pleiad-subaru | 2014-04-05 22:05 | 2014 シンガポール旅行♪ | Comments(0)