のあ543 ウマイヤドモスク


世界遺産ウマイヤドモスクです。シリアのダマスカスにあります。
b0061261_1933559.jpg
私とKKは2010年に旅行してきました。その頃はまさか今のような内戦状態になるなんて思ってもみませんでした。


今朝の新聞で、11月29日このウマイヤドモスクの入り口広場に迫撃砲が着弾し、4人が死亡26人が重傷を負ったと出ていました。
この10日前にも迫撃砲がウマイヤドモスクの外壁のモザイクに着弾し、大理石の壁4,5か所に穴があいたとあり、その写真も載っていました。


このモザイクです。
b0061261_19433714.jpg

黄金の命の樹です。
この真ん中左あたりが損なわれてしまったようです。
世界で最古の聖なるモスクですので、私たちも見学の時は靴を脱ぎ、女性はまるでネズミ男のようなグレーのフード付きコートを借りて着ていたのでした。


これは堂内にある洗礼者ヨハネの聖堂です。
b0061261_19583870.jpg

イスラムのモスクの中になぜキリスト教の聖者の礼拝堂が??
もともとこの土地にはローマ時代、ジュピター神殿があり、その後聖ヨハネ教会となり、それからモスクになったという過去があるのです。
比較的他の宗教に寛容なイスラム教は、そのまま聖堂を内部に残したんですね。
この聖堂の中には聖ヨハネの首が安置してあります。
そう、サロメがねだったヨハネの首です。ユダヤで落とされた首がなぜシリアに??
それは謎ですが、一応そういうことになっており、敬虔なたくさんの人々が頭を垂れていました。



やはり世界遺産の城、クラック・デ・シュバリエも着弾して屋根が崩れたらしいし、アレッポの城も被弾していたり、近くのバザールが廃墟のようになっている写真も見ました。
バーミヤンのあの大きな石仏が爆破された時もそうでしたが、すごく残念。
勝手な話だけど自分で行ったことのある場所だから余計に残念(あ、バーミヤンは行ってませんよ)
闘っている人たちは夢中だろうし、巻き込まれている人たちは必死だろうし、遠く離れて見ているだけで偉そうなことは言えないのは重々わかっているけど、失った人類の遺産は戻らないのにね。(-"-)

シリア人権監視団によると、2011年3月~2013年12月1日までのシリアでの紛争による死傷者は12万6千人にのぼるそうです。その1/3が民間人だとか。
子どもたちもたくさん犠牲になっています。1日でも早く平和が訪れることを祈りたいです。

by pleiad-subaru | 2013-12-10 19:54 | いろいろ☆