のあ103 ねこ本あれこれ

b0061261_22263881.jpg
このあいだのあ&のあままからもらった「お見舞い」、祥伝社の「猫辞苑」です。
「猫つぐら」(わらで編んだ猫用のベッド)や、「猫又」(長生きした猫の尾が二つに分かれ、化けるようになったもの)等々「猫」のつく言葉が沢山。知ってることも知らないことも、楽しく読めます。ちなみに表紙絵は「猫の額」。よく見えないので拡大~!!
b0061261_22355540.jpg

b0061261_2237421.jpg
これは表紙にひかれてしまいました。「『ねこ式』イタリア語会話」。生活の場面に合わせて、猫相手の会話レッスンです。
 
 Sei intelligentissimo.(セーイ インテリジェンティッスィモ)♂
 ♀は語尾が「ma」インテリジェンティッスマ

 「なんて賢いの(^^)」
猫相手ならいささかあやしい発音でも、臆せず話しかけられる…かも。
b0061261_22495695.jpg←「海ちゃん」。b0061261_22573569.jpgこれは写真家岩号光昭氏と夫人の日出子さんの共著で、猫「海(かい)ちゃん」の16年の軌跡を愛情あふれる写真の数々でつづっていきます。彼の写真は本当に猫が生き生きしていて、こびたところが無く大好きです。私の今年の卓上カレンダーも彼のです。

これは「ナーゴの猫町めぐり」  →
ご存知フィギュア「ナーゴ」の元本。
あれ?ナーゴが先なのかしら??
のあままが帰ってたときに見せてもらったのですが、気に入ったので私も買ってしまいました。絵がきれいで、とりどりの個性の猫たちのしぐさがとってもかわいい。おでぶの猫、困ったさんの猫、郵便局の猫、クレープ屋さんの猫…猫猫猫…いくら見てても飽きません。
b0061261_23252294.jpg

…本よりかりかり!!

by pleiad-subaru | 2005-02-25 23:26 | にゃごの話