のあ385 目黒雅叙園・百段階段雛祭り♪

のんは近頃三輪車を買ってもらいました。すっかりお気に入り(^^)
b0061261_2151266.jpg
大事なぬいぐるみのあ~ちゃんを載せるかごもつけてもらい、得意で乗っています。おかあちゃんが髪を結びましたが…あっというまに片っぽはずしちゃったそうな…


 ~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~


昨日、目黒雅叙園で開催中の百段階段雛祭りに行ってまいりました。

b0061261_2145151.jpg


目黒雅叙園というのは昭和3年に創業の料亭・結婚式場・ホテル。
黒漆に蝶貝をはめ込んだ螺鈿(らでん)、鮮やかな日本画、浮き彫り彫刻、手の込んだ格子の建具、見事な床柱、なにせ“豪華絢爛”を形にするとこうなるという建物なんです。
この豪華さは桃山風、日光東照宮の系列、江戸文化に属するそうで…
百段階段は「千と千尋の神隠し」の油屋の内部のモデルになった場所で、東京都の有形文化財になっています。

その百段階段で雛人形の展覧会が開かれていて、TVで2回紹介されました。
「あ、これ行きたいなあ」と私が申しますとKKが「行ってきたら?」
その後朝日新聞の夕刊にも紹介され、ええいやっぱり行こう、行かなきゃ、ってんで K玉さん誘ってかっとんできたわけです。

b0061261_22275274.jpg

百段階段&雛人形は撮影禁止なので通路の飾りでも…(^_^;)

TVや新聞で取り上げられたせいもあり、入り口からすでに大行列ができていました。チケットを買ってエレベーターで(これも螺鈿のゴージャスエレベーター!?)会場へ。靴を入れる袋をもらいスリッパにはきかえていざ百段階段へ。
百段階段は7つの宴会用の部屋をつなぐ階段廊下です。部屋は上からそれぞれ頂上の間・清方の間・星光の間・静水の間・草丘の間・漁樵の間・十畝の間主に装飾を担当した画家の名前がついているんですが、物知らずだもんで鏑木清方しかわかりませんでした(^_^;)

大阪の趣味人・平成の魯山人、佐藤禎三郎邸のお雛あそび、朝廷や公家のお雛様、郷土玩具の土人形、雛天神、嵯峨人形、大阪の武田人形、京の享保雛・江戸の古今雛、現代の名匠のお雛様まで…
まるで等身大かと思われる大きなお雛様、お道具の数々もとても見事です。

階段は行きどまりになっているので、芋洗い状態で各座敷のお人形を見ながら、基本右側通行で移動しました。混雑していたけどやっぱり行ってよかったです。

お昼でも…と思いましたが、どこもすごい混雑でいつ席が悪かわからない状態。あきらめて外でランチすることにして帰りました。
そうそうこれ…
b0061261_22473217.jpg

どこだと思います?これが有名な“雅叙園の金ぴかトイレ”中に小川が流れていて朱塗りの橋があり、螺鈿細工の扉、天井には金箔画。中も取りたかったんですけど、ここも長蛇の列。
以前にツアーで来た時に入ったからいいや、ということで外観だけね。

秋葉原に出てK玉さんのゲーム機“PSP vita”のカバーを買って帰りました。Hiroriさん、シロリンまま、リベンジしようね~。

by pleiad-subaru | 2012-02-28 21:28 | おでかけおでかけ♪ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/17883380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cookie-tea38 at 2012-03-01 20:17
のんちゃん、大きくなりましたね。
もうすっかり女の子! かわゆいなあ。
芋洗い状態、・・・・・ 人がいないのも淋しいですが、あまり多過ぎるのもねえ。
おでかけ仲間がいらっしゃるのうらやましいな。混ぜて欲しいな。
Commented by pleiad-subaru at 2012-03-01 20:47
★gingerさん>のん、おおきくなりました。
もう“赤ちゃん”とは呼べませんね。
3語文が話せるようになったらしいですよ。
「ま~しゃん、おっき~、あっく(だっこ)!」大きなくまさんをもってだっこしてあげながらのセリフだそうです。だんだんヒトらしくなってきました♪
もう。gingerさんだったらいつでも混ぜてあげますよ。
大歓迎です♡
名前
URL
画像認証
削除用パスワード