のあ360 オロモウツ♪

オロモウツはチェコで5番目に大きな町。
ここにも世界遺産があるのですが…
b0061261_2337968.jpg
それがこれ。ホルニー広場に立つ「三位一体柱」
(柱の後ろに見える交差した白い線は“飛行機雲”です。チェコではやたら飛行機雲を見ました)
三位一体というのはキリスト教の奥義で「父なる神」「神の子イエス」「聖霊」が一体(=唯一の神)であるという教えです。三位一体柱はヨーロッパのあちこちの都市にありますが、ここオロモウツのものが最も大きく小さな建物のようです。
実際本体の中は小さな礼拝堂になっています。
b0061261_23474183.jpg
柱頭部分。
この三位一体柱を作ったのはオロモウツ出身で宮廷お抱えの石の彫刻家、ヴァーツラフ・レンダーです。高さは35m、この柱の除幕式にはマリア・テレジアと夫のフランツ・シュテファン・ロートリンゲン公がウィーンから出向いたとか。

広場の真ん中にたっているのが市庁舎です。手前はカエサルの噴水
b0061261_025348.jpg


市庁舎には仕掛け時計があります。
b0061261_05541.jpg
社会主義時代の名残でいろいろな労働者の人形が動きます。
b0061261_072550.jpg
鍛冶屋さんトンテンカンテン、ミルク缶を持った女性、楽団らしきおじさんたち、赤ちゃんを抱っこした女性、皮エプロンにやっとこ持った男性。
b0061261_074931.jpg
最後に真ん中のフェニックス(?)だかオンドリだかが一声!! …情けない声で拍子抜けでしたわ(^_^;)

泉の多い町で、ヘラクレスの噴水、ジュピターの噴水、アリオーノヴの噴水とあって、これはトリトンの噴水
b0061261_0161655.jpg
カメさんもいます。よ~く見るとちっこい子ガメが甲羅にいくつもへばりついてます。かわいい(^^)
b0061261_0163645.jpg



大きくて入りきりません(^_^;) 聖ヴァーツラフ大聖堂です。
b0061261_024033.jpg
えっ、このすぐ横でプシェミスル家最後の国王、ヴァーツラフ三世が暗殺されたの?今知りました。

めずらしく写真OKです。
b0061261_0263758.jpg
ステンドグラスがきれい☆
b0061261_0282529.jpg
プラハにはミュシャのステンドグラスがあるんですよ。しっかり撮ってきましたからね。お楽しみに(^^)

さて、このあとスメタナの生家のあるリトミシルへ向かいます。今夜の泊まりはリトミシルのホテル、ZLATA HVEZDA(ズレーテ・ハズデ)なんと元銀行だったという建物です♪

by pleiad-subaru | 2011-11-24 23:38 | 2011 チェコ旅行♪