のあ291 そうだ、京都行こう♪≪京の冬の旅≫

b0061261_20285818.jpg
北野天満宮の白梅。

「お願いがあるの。京都に一緒に行ってくれない?」とのあままが言ったのは、お正月2日、神田明神の帰りにのあままの家へまわった時でした。
育児休暇をとっている間に私たち両親を旅行に連れてってくれるというのです。
そして初節句を迎えるのんのお雛様を一緒に探して欲しいというのです。
あらまあ、これは行かなくちゃ(^^♪ さっそく宿と新幹線をおさえ、この日を待ちました。

東京駅を10時ジャストに発車した≪のぞみ221号≫は一路西へ。
今回はのん中心なので、できるだけ乗車時間が短くてすむようのぞみにしました。京都まで2時間21分。名古屋を過ぎて関ヶ原あたりは雪で真っ白でした(^_^;)

まずはホテルに荷物を置いて小休止。今回のホテルは女性に人気と評判のホテル日航プリンセス京都です。場所は四条烏丸(しじょうからすま)。(このスキン、リンクが目立たないので赤い矢印『→』の右側をリンクの場所にしますね)
b0061261_20452936.jpg
ツインにエキストラベッドを入れてもらいました。

あら、のんのためにもこんなアメニティの用意が…
b0061261_232036100.jpg
スリッパも歯ブラシもまだ使えませんが気持ちはうれしい♪ そういえば洗面所にもカラフルな踏み台が置いてありました。
…今、ホテルのHPを見ていたら1Fにインターネットができる場所があったのね。気がつきませんでした。


さて、でかけましょう。正面に見えているのはホテルにほど近い“京都の台所”≪錦市場(にしきいちば)≫
b0061261_210146.jpg
I島さんは狭くて混んでて歩けなくて二度と行きたくないと言ってましたが…そんなことはないわよ。変わった京野菜、面白そうな品物を並べた小さいお店が連なっています。時間が許せばゆっくり歩きたかった(^^)

このあたりの“子ども連れにもやさしい”お店にのあままがランチの予約をしてくれているのです。
b0061261_231845.jpg
ここです。西京漬けのお店 ≪一の傳(いちのでん)≫
≪一月のおもてなしコース≫
b0061261_2323098.jpgb0061261_23231850.jpg









       季節の前菜盛り合せ                         蟹真蒸のお吸物


b0061261_23253099.jpg
                          銀だらの『蔵みそ焼』

b0061261_23235116.jpg
b0061261_23261362.jpg
       鰆の蕪餡掛け                    季節の果物


美味しゅございました♪ のあままごちそうさまでした。
おろした聖護院かぶらの餡を離乳食っぽくていいわ、とのんに食べさせたら泣かれてしまいました。え?え?何が気に入らなかったの?なにも泣かんでも…(^_^;) 


さて、ここからが今回の旅の目的。のんのお雛様を買いに行きましょう。
場所は二条城と御所の間くらい、「京都市上京区油小路通丸太町上る」≪安藤人形店≫
のあままが惚れこんだ安藤桂甫(あんどうけいほ)さんのお店です。間口が狭いと思ったらさすがは京の町家作り、お人形が展示してある二階へあがったら奥の深いこと。見事雛人形がずらりと並んでいます。壮観です。

じっくり眺めてお店のかたにお話を聞いて…決めたのがこの親王飾り。
b0061261_23584591.jpg
男雛は天皇が即位の時に着る黄櫨染(こうろぞめ)の衣装、女雛は梅の文様の衣装です。かぶっている天冠の下に挿している櫛にまで模様がついています。
b0061261_23593187.jpg
b0061261_235948100.jpg
金屏風と毛氈、雪洞をそろえて2月の10日に配送されることになりました。その日はのあままの家へ集まってお荷物を開け、みんなで飾ろうと話し合っています。まずは一安心、大事な用が済みました。

次の日は北野天満宮天神市へでかけます(^^)

by pleiad-subaru | 2011-01-28 20:30 | おでかけおでかけ♪