のあ230 ぼくのいもーとです♪

b0061261_21565739.jpg
のあです。ええとぼくにいもーとができました。のんたんっていいます。(注:仮称です)まだ おかーしゃんとびょーいんでおとまりしています。ぼくは おとーしゃんと おるすばんです。

6月6日予定日だったのんたんですが、先週12日の診察の時に早まりそうなので19日に入院するように、朝入院してその日のうちに分娩までいきましょうという話になりました。19日も早まったのでびっくり!誕生石が真珠からエメラルドになったわ!

b0061261_2262884.jpg
誕生を祝うように(?)のあままのベランダのバラ”チエ”が咲きました。

私は前の日から泊まり込み。朝8時に入院して分娩室に入ったのは3時をまわっていました。それでも早い方なのよ、分娩準備室は前日から入院している妊婦さんでうまっていました。待合室はその親族でうまっていました。
「ご主人、これを着て、これをかぶって、マスクして…肘までよく洗って下さいね」ということで…

      じゃ~ん!必殺(?)立会い人!!
b0061261_22144631.jpg
「はじめます」…違っ!

私がお産した30ン年前にはなかった、赤ちゃんの心音が上段、お母さんの陣痛が下段に二つのディスプレイに表示される機械とか、よくできてる装具とか、きびきびと動いて手詳しく説明をして手際よく世話をしてくれる助産師さん、みんなうらやましい気がするけど、苦しい時にダンナさんが傍にいてくれるってすっごくいいですよね。女性にとって出産がどんなに大変なことだかを男性に知ってもらうこともできますしね。

準備室をおんだされた私は廊下難民になってスツールに坐って待っていたのですが、通りかかった看護師さんが私の顔を見て「泣き声、聞こえました?」どき!思わず立ち上がると「もう 生まれたみたいですよ」
その言葉を聞いたらね、なんか涙が…よかった、ほんとによかったぁ。
のあままも涙がとまらなかったって言ってました。

病室にのあままが落ちついてしばらくすると、新生児室の看護師さんがのんたんを連れてきてくれました。
30分たったら連れにくるのでそれまでだっこして、写真撮っていいですって。この30分を逃すと退院まではガラス越しにしか会えません。
b0061261_2242659.jpg
しっかし強運です。KKとKazu兄ちゃん、この30分が終わらないうちに到着しました。KKってば怖いって言って抱かないのよ。くすくす。

b0061261_22445530.jpg
45.4cm、2630gちっちゃいけどか~いいです(*^_^*)

b0061261_224607.jpg
これは今日面会に行ってガラス越しに撮った写真。のんたんよく眠っていましたが、ペコちゃんみたいに舌をちょろっと唇にはさんでいるんです。ああ、私ってばばバカそのものだわ(^_^;)


b0061261_22503873.jpg

でもって またもや のあで~す。
のんたん はやくかえっておいで。のあにいたんがいろいろおしえてあげるからね。
きょうかいのかねがなったら ばんごはんちょーだいっていうこととか、といれつかったら ちゃんとすなかけることとかね。たのしみだな~

by pleiad-subaru | 2010-05-20 21:54 | のんたん♪かずまん♪