のあ56 おめでとうsayakaちゃん☆

姪のSayaka(Kakkoちゃんの長女)の結婚式が昨日ありました。
b0061261_1764490.jpg
かわいいんでお面かぶせたくないんですが、こういう世相ですからそうもいかないしね~(^_^;)

いいお式でした。
花婿は今時めずらしく元気な肉食系(?)男子。もと野球少年、バリバリの警察官。
水泳、マラソン得意のブラバン少女だったSayakaとはスイミングクラブのコーチのバイトで知り合ったそうです。
祭壇の前で待つ新郎のもとへ娘をエスコートする父の憂いを含んだ表情がたまりません。4年前の娘の結婚式を思い出します。KKもあんなでした。私もうれしさ半分さみしさ半分だったもんな。あとで写真を見ると輝くように微笑む2人をよそに、さみしそうな表情で写ってますもんね(^_^;)

b0061261_177368.jpg
カッコいいなぁ、こういうおめでたい時だけ借りられる礼服だそうです。新郎がこれを着るのでウェディングドレスで通すつもりだった新婦も、急遽カラードレスを着ることになりました。
両脇にちらっと写ってるのは花嫁花婿の母。産まれた時の重さのクマちゃんを贈られて、その重さをかみしめています。

新婦の幼馴染のおじょうさんたちのスライドを映しながらの替え歌(仲間が結婚するたびに恒例として演じてるそうです)や、新郎の同僚たちによる寸劇(いきなり披露宴会場に目出し帽やジェイソンマスクの犯人が登場!大捕り物の末、最後の犯人Sayakaを新郎が“確保”して幕になりました)など、心温まる披露宴でした。

そして2人で連弾する≪ライオン・ハート≫新郎はピアノに今まで触れたことも無いのに、彼女の願いに応えて極秘で練習を重ねこの日に臨んだそうです。ええ話やなぁ。じーん。

最後に両親への手紙を新婦が読みました。
中学の時友達と専業主婦と兼業主婦 どちらを選ぶかという話になり、Sayakaは迷わず「兼業主婦」と答えたそうです。小学校の教師として同じ職業を助け合って働く両親の後姿を見ていたからだそうです。
Kakkoちゃん、いい娘を持ったね。
仕事の代わりはいるけれど母親の代わりはいないと参観日に来てくれた、それがどんなに大変なことだったか、同じ小学校教師となって(Sayakaは音楽の先生♪)よくわかった、と涙をこらえて読んでくれました。
こんないい娘を手放さなくちゃならないのはつらいね。でも息子ができたと思えばいいか。

政権交代選挙の日、台風の先触れの雨が降った日。忘れられない夜になりました。

by pleiad-subaru | 2009-08-31 17:53 | いろいろ☆