のあ34 覇王別妃

沙羅の木、ナツツバキです。
b0061261_2102389.jpg


沙羅の花といえば、私のマンガの登場人物の一人 喰代(ほおじろ)の五郎次の好きな花、という設定になっています。
b0061261_219336.jpg
                               五郎次“黒猫天国”から

ホオジロ。例の「一筆啓上仕り候~♪」と鳴く小鳥です。
b0061261_21331847.jpg
喰代は伊賀の地名ですが、この鳥のあだ名はウチでは五郎次。ピッチュチュリチュリチュリ~♪今朝も元気に鳴いてました。この街灯が好きでよく載っているのですが…コンデジではこれが精一杯です。



土曜日に池袋の東京芸術劇場で京劇を見てきました。『覇王別妃~漢楚の戦い~』
b0061261_2136041.jpg
毎年この時期に公演があり、年に一度見に来るのが恒例になっています。四文字熟語によく出てくる「四面楚歌」ですね。実は私たち、このプログラムは3度目です。

3度目なばっかりに、残念ながら今回は???でした。 死を覚悟した虞美人が剣舞を舞うんですが、前の時のほうが迫力あったなあ、戦闘シーンでも兵達がトンボをきったり、剣で槍を巻き込んで投げ上げたり、どきどきわくわくしたのにな。そういうお楽しみシーンも皆無でした。ちょっと残念。

では漢文のお勉強。

      力拔山兮 氣蓋世 (力は山を抜き 気は世を蓋う)
      時不利兮 騅不逝 (時利あらず 騅逝かず)
      騅不逝兮 可奈何 (騅逝かざるを 如何すべき)
      虞兮虞兮 奈若何 (虞や虞や 汝を如何せん)

高校で習いましたっけ。「騅」は項羽の愛馬の名前です。孤立無援、形勢不利となった項王の嘆きの詩です。

四面楚歌:城を囲んでいる敵軍が自国の漢の歌を歌っているのではなく、わざわざ籠城側の楚の歌を歌っているんです。「楚がすでに敵の手におちたのか」と思わせ、兵たちに早く帰郷して田を耕さねばと思わせるための策謀だったとか。
項羽が先ほどの詩を歌い上げたあと、虞美人は剣舞を舞い彼の足手まといにならぬようその剣で自死するのです。かわいそ…(T_T) 
虞美人草…ヒナゲシ…ポピーですね。イメージとしてはなんだか可愛らしすぎるような気もします。

by pleiad-subaru | 2009-06-15 21:11 | おでかけおでかけ♪ | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://muturabosi.exblog.jp/tb/11269887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 5656nyan at 2009-06-16 11:43
きゃあ、きゃあ、五郎次さんだーっ!
お元気ですかー。
ほおじろって地名があるんですか。
そこのご出身ってことかな。
鳥のホオジロはまだしみじみと見たことがないように思います。
鳥見もどなたかお師匠がいないとだめですね。
ねこじゃらしも虞美人草がヒナゲシと知ったときにはイメージ違うーっと思いました。
なんかね、結い上げた大きな頭を支えきれないようなほっそりとした姿からきてるんだしか・・・
そういやポピーって花のわりに茎が細いですよね。(笑)
Commented by ramnyan-chi at 2009-06-16 12:03
そろそろブツが欲しくなってきたなぁ・・・と 独り言を言ってみる(`▽´)
ホオジロ 注意してみてないとスズメだと思っちゃいそうです
ちゃんとお顔を確認しなくちゃ! 全国的にいるらしいからそのうち会えるかな
ましろちゃん「公演が可愛すぎるような気がします」ですって
ましろちゃんも一緒に京劇見たのかしら?(笑)
同じプログラムでも演じる人が違うのかな?
3度目だと細かい所にも目が行くから余計そう感じちゃう事もあるでしょうね

Commented by cookie-tea38 at 2009-06-17 09:39
ほおじろって地名どこにあるのかな?
ホオジロはそこにたくさんいるとかァ。
四面楚歌、教科書で読みました。周りから全部楚の歌が聞こえてきたら悲しかっただろうなと思ってみました。あれ、謀略だったのですか。手が込んでますね。
Commented by beauty1461 at 2009-06-18 22:22
覇王別妃ですか!!
私は、レスリー・チャンの大ファンで、
覇王別妃というと彼の代表作が浮かびます。
項羽と劉邦なら、やっぱり項羽がかっこいいとおもうのですが、
まけちゃったらねぇ。
人徳もないように書いてあるし。

沙羅の木って
あの沙羅双樹の鐘の音、でしたっけ。
Commented by pleiad-subaru at 2009-06-18 23:58
★ねこじゃらしさん>ご無沙汰しています、五郎次です(^_^;)
喰代は伊賀の地名で、百地三太夫の砦があったとこらしいです。お吟ちゃんは志郎君と一緒にこの百地三太夫のとこへ預けられて育ったお言うことになってますんで、五郎次の二つ名に拝借しています。
ホオジロもてっぺん野郎なんでけっこう高いとこにいるので、なかなかゆっくり姿を見ることができません。ほっぺ白いです。
…ポピーってすぐちっちゃいますもんね。はかないとこが似てるのかなぁ。
Commented by pleiad-subaru at 2009-06-19 00:04
★ふーしゃん>ひえぇ~(汗)
すっかり怠けてるわ。手持ちもそろそろ底をついてきたし…カナダ旅行編くらいかなあ(兄ちゃんと四朗君と源ちゃんがなんとカナダ旅行を…)考えますっ!
ホオジロもアオジもカワラヒワもスズメに見えます(^_^;)ハトくらいの大きさの鳥は全部ハトに…カラスくらいの大きさの鳥は全部カラスに見えちゃいます。場数を踏むしかありませんね。私もまだまだだわ(-_-;)
ましろの言うことはいつもわかったようなわかんないような??
京劇は毎年来る劇団が違うみたいです。一応「国家第一級俳優」が演じてるんですけどね。ちょっと今回は私の好みと違ったような。
Commented by pleiad-subaru at 2009-06-19 00:07
★gingerさん>三重県伊賀市です。ふーしゃんのテリトリー?
1度伊賀甲賀は行ってみたいと思ってるのですが、なかなか機会がありません。(KKは出張のついでに伊賀に行ったことがあります。ずるい)
四面楚歌ねえ、早く故郷に帰って野良仕事しなくちゃと思わせて戦闘意欲をそぎ、脱走を誘ったらしいですよ。だいたい劉邦ってやること汚いよね(-_-;)
Commented by pleiad-subaru at 2009-06-19 00:15
★beautyさん>映画「覇王別妃」ねえ、最初のシーンで多指症で入門を断られた息子の指をお母さんが切り落とすとこが怖かった(-_-;)
レッド・クリフの後編も見てきたんですよ。ちょっとここのとこ中国づいてる私。
中国も1度行ってみたいけど、トイレ問題と食品の怪しさで二の足を踏んでます。
うん、祇園精舎の鐘の声、沙羅双樹の花の色ですね(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード