のあ982 5本のフルート♪

昨日の日曜日、KKと一緒にSireneしゃんのコンサートに行ってまいりました。

b0061261_0274233.jpg
ご存知の方は当然おわかりのことと思いますが、右から2人目の妙齢の美女がSireneしゃんですからね♪ちなみにこのパンフレット及び当日のプログラムはSireneしゃん作成です。さっすがぁ~(@_@)なのです。(あ、お名前出てますがこの画像はご自身のブログ*黒猫庵だより*から貸していただいたものなので…)

会場はここね、杉並区和泉sonoriumまるで小さい教会のような音楽ホールです。
収容人数は100人とか、時間前にはぎっしりと人で埋まりました。
扉を開いて入場してきたフルート・アンサンブル・クルールの5人のメンバー、赤、緑、白のドレスに、ブラックとゴールドのアオザイの女性、文字通り黒一点のダークスーツの男性。わぁ、ドレスの色もクリスマスカラーですね。

Sireneしゃんのこの日のドレスは白地に赤い刺繍が映えてるデザイン☆演奏中は写真が撮れないのであしからず(^_^;) 最後退場の時にとりあえずシャッターは切ったのですがみんごとピンボケでした。

曲はフィガロの結婚序曲から水の流れが盛り上がるようにモルダウに。
あとでうかがったら始まったとたんにピッコロの部品がぽろっととれてしまい、ミとミ♭の音がまったく出なくなってしまったんだそうな…客席の私はSireneしゃんがそんな大変な思いをされてるとは少しも気付かず、ぼ~っと聞きほれていたんですが。客席に気付かせないあたり、大物!?


b0061261_018346.jpg

          ソノリウムの入り口です。よく見てないと通り過ぎてしまいそう。



カンヴァセーションという曲、人が話しかけて、答えて会話しているような曲だなぁと思ったのですが、まさに“会話”というタイトルでした。
世界初演(それは作曲者が黒一点の彼だから)の5つのワイングラス(赤、青、黄色、白、桃色それぞれnイメージのショートショートが書けたらステキ、と思いました)、時節柄のクリスマス・メドレーも楽しい。終わってみればあっという間の楽しい時間でした。
でも演奏する方々は大変だったでしょうね。曲目も多かったし、ひとり2種の楽器を(たとえばSireneしゃんはピッコロと愛用の金のフルートを)とっかえひっかえ吹いたりしてられたんですもの。
アルトフルートは吹き口がU字型、コントラバスフルートは人の背よりも長く、逆4の字の付いた吹き口になっています。まだ日本に何本もないのですって。

KKもひさしぶりのコンサートを楽しんでいたようです。Sireneしゃん ありがとうございました(*^_^*)


トルコ旅行ブログは→ こちら
アヤソフィアをちいさくしたようなクルチアリパシャ・モスクを見ます。猫さんたちも♪

by pleiad-subaru | 2008-12-09 00:26 | おでかけおでかけ♪